秋の夜長に何を思ふ

今思えば、小学校5~6年のときが
一番向学心があった。
偶然にも知的好奇心の旺盛な子がそのクラスに複数おり、
テストやクイズで知的レベルを競い合ったり、
興味のある分野を深めて披露し合うことで、また違う分野を
それぞれに開拓して視野を広げていった。

奇跡みたいなクラスだった。




今は、


その欠片もないんだがな。




その奇跡の時期に、百人一首を覚えるのだ!
という話がぶわっと出た時があり、
もともと私は父の影響もあって以前から覚えていたため
クラスで百人一首大会をして一位になったときは
鼻が高かった。




今は、



動体視力と瞬発力が退化してだめだがな。




  あしびきの
   山鳥の尾の
      しだり尾の

   ながながし夜を
      ひとりかも寝む

(山鳥の長い長い尾のような、この長い秋の夜を
私はただ一人でさみしく寝るのであろうかなぁ。)

当時はつるつるっと覚えたが、
山鳥、というものをちゃんとみたことがなかった。
柿本人麻呂のおっさんの絵はかるたに描いてあったが
山鳥の絵はなかった。

a0226853_20274845.jpg


おったわい。

舗装道路に。





なるほど。これが「長々し」尾な、わけです。

もともとこの句は恋のうたでもあるわけですが、
毎晩爆睡している小学校6年のときに、
この切なさを理解せよという方が無理。

子供のころのスポンジみたいな吸収力で機械的に覚えたことを

今、味わうように反芻できていることは
なかなか良いものです。

秋の山道でこの鳥に出会えてほんとにうれしかったです。


さて。
百人一首というジャパネスクな話から、

少し山道を険しく登ったところにいたのが
a0226853_2038104.jpg



相思鳥。(ソウシチョウ)


(相変わらずピントがあまくてすいません)

打って変わって外国からやってきた鳥です。
江戸時代あたりから日本で飼われはじめ、かご抜け鳥が増えて今に至る、みたいな。
特定外来生物に加えられているんですが、
メジロやウグイスを脅かしているといわれる以外、とくに悪いことはしてない模様。
(メジロやウグイスもあっちゃこちゃいるので、そんなに脅かされているのか少し疑問)

a0226853_20431392.jpg


それでもこういう特定外来生物なんていう仰々しい仲間に加えられたってことは
あれですね。
かわいいし目立つから。
もしこれが全身茶色だったり、雀と見分けがつかないカラーだったら
なんかうやむやな種類のまま、鳥好きの人の中だけで知られる鳥だったのでは。

美しくて目立つって、時々身を滅ぼすもとになるわけです。






私も気をつけなくっちゃ。








秋の山には紅葉以外にもいろんな発見があったのでした。

私は今夜も、いびきのでかいダンナを回避して
ちゃんと
長々し夜を ひとりかも寝む。
by yu-yu1117 | 2014-11-07 20:55 | 野鳥さん | Comments(5)
Commented by vinojapon at 2014-11-08 08:49
おお~、ヤマドリですか!良いですね。
なかなかこの鳥は写真を撮らせてくれません。
食べるととっても美味しい事でも知られているようです・・・
そうそう、百人一首でも詠まれていましたね^^。
ソウシチョウ、可愛いですよね。声もまた美しい。
でも何処か日本の山には馴染まないその華やかさ。
でも、可愛い・・・
目立ちすぎるのが仇となったのかもしれませんね。
Commented by yu-yu1117 at 2014-11-08 15:51
quesoさん、ヤマドリは初めて出会いました。
どうもよっぽどのんびり屋だったようで、車で近づいても逃げない・・。
これは仲良くしてもらおうと車を降りようとしたところ後続車がきて断念しました。
(すれ違いのできない山道だったから)
ヤマドリ、よく食べられてたみたいですね。
キジ鍋も有名ですが、オスのあの顔を見たら絶対ヤマドリの方が美味しそう。
ソウシチョウはどんどん増えているみたいですね。
鳴き声もよくて華やかでにぎやかだと、悪目立ちするんだろうなあ。
同じ華やかカラーでも、カワセミみたいに小さく「ちい」とか鳴いて
一人でひっそりペリットでも吐いてればきっと特定外来種なんかには選ばれなかったでしょうに・・・。
Commented by りぼん at 2014-11-08 19:30 x
ヤマドリと相思鳥。
正反対な感じですね。
ヤマドリがわびさびなら、相思鳥ってまさしく海外で、というかパッと見た瞬間思ったのが、沖縄の魚みたい(^^;

ピントで思い出しましたが、撮った後でピントを好きなように合わせられる(手前にもってきたり、後方にしたり、なんかに合わしてと自由自在に)カメラが発売されたとやってました。
20万だって(@0@)
便利っちゃあ便利だけど、それってどうよ・・・って思いますけどね。
じゃじゃっと撮ってもなんとかなるっての、写真撮る醍醐味とかどうなんでしょうかねえ。
なんか空しい気もします。
お急ぎで完成!ってのには便利なんでしょうが・・・。

百人一首では、「瀬をはやみ~~(途中忘れた)われてもすえにあはんとぞおもふ」ってのが当時大好きでした。
確かに、本でも映画でも、昔と今では、同じものでも違いますよね。
若い頃は浅いわ。
人生経験積んでこそその奥深さっちゅーもんがありますよね。しみじみ・・。
Commented by りぼん at 2014-11-08 19:31 x
追伸>
相思鳥っていい名前ですね。
相思相愛ですか・・・。
見かけの派手さとは違って、乙女チックな気がします。
Commented by yu-yu1117 at 2014-11-12 08:41
りぼんさん、相思鳥は私も南国の魚を思い出したよ。
どっちか言うと北の海のお魚の方が美味しそうなんだよね。
まあ相思鳥を食べようとは思いませんが・・・。
相思鳥、お互いにきれいな声で呼び合うところから
この名前がついているそうです。

撮った後でピント合わせ・・・。
ピントを合わせられないで苦労している私には
夢のような機械!
って言っても使ってみないとわかんないですね。
カメラにいろんな機能ができるのは楽しいので
一度は試してみたいです。


<< くり広げられる秋 すこーしもこわくないわ。 >>