お客様のその後。

前々回、メジロさんがうちのお庭に来てくださったことを
お話いたしました。

その後、どうであるかというと。

数日いらっしゃって、それきりお見えになっていません。

なぜか。
そう。
あいつら、

あいつらのせいで。


メジロさんたちがぴよんぴよん♪と遊んでいらっさっても
それを割って入るように

「ヒヨです」
と、でかい灰色のやつ。

メジロは警戒してその場を離れ遠巻きに眺めていて。
すると

「妻のヒヨ美です。みかんください」
と、妻参入。
その後もどんどん
「ヒヨ左衛門です、息子がお世話に・・・バナナください」
「ヒヨ太です。父がお世話に・・」
「ヒヨ兵衛です。姪の夫がお世話に・・みかんください」
「ヒヨコデラックスです。父の友人の息子の塾の先生がお世話に・・・」
「ヒヨノガレあけみです。近所のおじさんの知りあいの息子が・・・」


と。
それはもう。
家族というより、一族がわんわわんわやってきて。

メジロ、荷物たたんでその場を退散。

それ以降
日の出とともにヒヨ一族、
「みかんくれ、ヒー!」
と鳴いてうちの家族を起こす始末。
起こされてカーテン開けたり、電気を灯したりすると、
鳴き声は一気にボリュームアップ。
予想以上に賢いようです。ヒヨ一族。


さすがにこれはお隣の畑のブロッコリや白菜にも影響がでる勢いだと思い、
すべての「野鳥さん限定無料バイキングレストラン、ゆうゆうの里」
を泣く泣く閉店したわけです。


しかし、ちゃんと閉店したのに、
ヒヨたちはプラカードを抱えて
日の出から
「お店の再開求む!!」
と、ひーよひーよと鳴いて、やっぱり私に抗議デモをするのでした。

朝いたヒヨ一族、びっくりすることに、日暮れ前に帰宅すると、
まだそこにヒヨ兵衛だかヒヨ美だかヒヨ太郎だかが数羽、
日和ってるんですわ。
ほぼ待ち伏せ状態です。

これがヒヨでなくヒトだったら、
指定☆力団に名を連ねそうなしぶとい根性の面々です。


ヒヨたちと食物の好みがかぶらない皆さんは
相変わらず楽しくお隣の畑で遊んでらっしゃいます。

ここにほぼ定住してらっしゃるモズ太さん。
a0226853_22534999.jpg

a0226853_2345988.jpg


やけに色白ですのでニュウナイスズメ??のお二方。
a0226853_2351791.jpg



数件先のお庭の「ムラサキシキブ」の実が大好きな
ジョビ子さん。
a0226853_236285.jpg


こんな方たちがマイペースに過ごしてらっしゃること

それが救いでございます。
by yu-yu1117 | 2015-02-16 23:22 | 野鳥さん | Comments(9)
Commented by りぼん at 2015-02-17 18:48 x
ヒヨ族には我が家も手を焼いております。
花壇をがーーって掘り返しまくって、散らかしっぱなしで(当たり前だな・・・笑)。
やったもんがちですってか?

最後のお写真、黄色と赤のコントラストが素敵です♪
ジョビ子さんのまなざしもいいですね。
Commented by yu-yu1117 at 2015-02-18 23:14
りぼんさん、やはり庭とか畑とかあると、
必ずヒヨ親族一同がやってきますよね。
「飛ぶ鳥あとを濁さず」
っていうの、ありゃぁ水鳥に限っての格言でしょうか。
かわいーかわいくないで判断しちゃいかんと思うものの
かわいー小鳥さんは、みてても癒されます。
Commented by vinojapon at 2015-02-19 07:48
やはりヒヨ強しですね・・・。
メジロやシジュウカラ用にと出しておいても大きいものは
持ってかれてしまいますよね。
米粒等ならヒヨには小さ過ぎるかもしれませんが・・・
百舌、美しく撮影されていますね^^。
椿にジョウビタキも良い感じです。
ぼちぼち、ウグイスの初鳴きが聞こえる頃でしょうか。
Commented by tanat6 at 2015-02-19 11:18
小鳥たちで、これだけのドラマが展開するなんて さすがyu-yuさん!
面白過ぎ☆

確かに可愛い鳥と ちょっと憎らしい鳥がいますよね。
我が家の庭にも 春先になると花芽や新芽を お目当ての鳥たちがやってきます。
集団ではないので、おすそ分けと思って目をつむっております。
Commented by yu-yu1117 at 2015-02-19 20:33
quesoさん、個体数、とかそういうのは詳しくないんですが、
少なくともこのへんではカラスより確実に多いです。
カワウもわらわら増えてすっかり害鳥扱いですが、
やっぱり身近に「多!!」と思うのはヒヨのように思います。
このモズ、すっかり隣の畑の定位置にいるようになりました。
表札とか作ってあげたい。
「めんどくせえ隣のおせっかいおばさん」と嫌がられるかしら。
Commented by yu-yu1117 at 2015-02-19 20:40
tanatさん、お隣りで数種の鳥さんたちがあっち行ったりこっち行ったり
威嚇したりマイペースだったり、もうこれはホームドラマですよ。
私はやってることをただ人間語に翻訳してるだけ。
戸田奈津子と呼んでくれてもよろしくてよ(恐れ多い)。

新芽は鳥たちの大好物ですよね。
まあ人間も新芽には芽がないですから、ちがう、目がないですから。
ふきのとう、タラの芽、こしあぶら、ああこの季節がたまんないです。
Commented by piyokoqtcoco at 2015-02-19 20:47
ヒヨ一族の勢力は冬でも夏でも衰えることを知りませんね。
ヒヨがセミを食べていたという話を聞いてから
ヒヨが怖いです。赤い実なんかを食べてれば可愛いのに。
でも居なくなっちゃったら寂しいのかな・・・うーん。
ジョビコさんはマイペースで可愛くて
見ていて癒されます (*^_^*)
Commented by yu-yu1117 at 2015-02-19 23:21
ぴよこさん!ひよ~~っ!
ヒヨってセミとか食べちゃうのね。
セミ食べるってことは、昆虫類、イケますってことか~。
ベジタリアン系かと思ってたのに。意外です。
てゆーか、何でも食べれる子だから、あんなに増えるのね。
ジョビ子さんはなんであんなにきょとんとキュートなんでしょう。
けっこうあちこちで見るけど、
そのたびに力が抜けるくらい癒されます~~♪
Commented by tubakun01119 at 2015-02-21 20:16
我が家も
以前にヒヨ夫婦が
庭の木に巣を作り
子ヒヨの巣立ちを
見届けたことがあります
ヒヨ一族、恐るべしですね〜


<< 奇遇ですね。私もエビが好き。 北風と春風。 >>