ラストメッセージを伝えて・・・

日曜日に、近くの吉備津神社へ行ってみた。
そろそろ梅もきれいなころだし、ここは鳥さんもいらっさる。

ジョビ子さんや
a0226853_18462852.jpg
ルリ子さん。
a0226853_18395524.jpg
小鳥も女子たちは楽しげに花をみあげるのね。

さて。ここまでは楽しい花撮り鳥撮り散歩。




注意
※ここ以降お読みになるのは、お食事中の方はご遠慮ください。

さぁてお腹がすきました。どっかにお昼を食べに行こうかね。

「あ、その前にトイレ行ってくるわ~」

そう言って私は首からぶら下げたカメラをダンナに託し、

神社内のトイレへ。

足を踏み入れた途端、「ありゃ」と小さな後悔と迷いが。
案の定、覗いてみると、水洗トイレじゃなかったんですね。

「別にここじゃなくてもいいかな?」とは思ったものの、
そこはやはり神社内のトイレ。
季節がら虫一匹いないのと、ゴミひとつ落ちていないので
若干の生理的拒絶感を残しつつ、「ま、いっか」
と、ここで用事をすませることに、

と。ジーンズに手をかけたときに、あることを思い出した。
思い出したのがあと0.5秒早ければ、
わざわざトイレに行った話なんか書きゃしない。

ああ。後の祭りは、どエライ祭り。わっしょいわっしょい。

ジーンズのお尻ポケットからストレートに、
「すたっ!!」
と落ちたもの。






スマホ。



オリンピックの飛び込み競技なら、金メダル確実の

「すたっ!!!」

とした落ち方。見事過ぎると声も出ない。


もちろん落ちた先が水洗トイレだったら躊躇なく手を突っ込んだことでしょう。
だけどまず、距離的に手が届く深さではない。
これに手が届くのは、ゴム人間のルフィくらいでしょう。

いや仮に私がルフィだとしてもさすがにあの暗黒の奈落の底に手は突っ込めない。


そんなわけで。

落下後、3秒考えてあきらめることにした。


午後から予定を変更して赴いた場所は、もう当然、ドコモショップですわよ。

三月の日曜日のいうこともあって、なんと「3時間待ち」の宣告を受け。

予約だけして、いったん帰宅したんですが、
帰宅するや、ダンナが
「かーさんのスマホ、まだ生きとるよ!電話したら、留守電につながった(笑)」


(笑)って。

肥溜めの中のスマホに電話かけるダンナって。どうよ。

それにしても。
スマホ、まだ生きてるのか。さすが防水だ。

うれしそうにダンナが「かけてみ!かけてみ!」
というのでかけてみる。

数回の呼び出し音のあと、留守電のメッセージに変わった。

本当は誰か知らない声で「・・・もしもし」と言ってくるんじゃないかと、
少しだけこわかったけど。
そんな恐怖マンガみたいな展開はもちろんなくて。

ガイダンスのお姉さんは、肥溜めの中から懸命に、お名前と、ご用件を・・・
と、声を振り絞ってくれている。


まだ。頑張ってくれている。切なくて、いとおしくなった。

ピー。

「えっと。今まで、ありがとう。そして、さようなら・・・」

私はスマホに感謝と別れを、正式に伝えることができた。


春めいた昼下がり。
この瞬間に、神社のトイレを使用していた人はいただろうか。

いたとすれば、トイレの中で彼女は自らの足元の、そのまた下の真っ暗闇の奥の方から

ぶおーん。

ぶおーん。

と、低いバイブレーションを聞いたであろう。

そのあと、女の、くぐもった悲しそうな、泣きそうな声が
彼女の股の間にせりあがってくるのだ。

「えっと・・・ごぼごぼ。今まで、ありがどぉぉぉ・・ぞじで、ざようならぁぁ!ごぼっ!!」

そのときの彼女の恐怖感、なんか知ったこっちゃない。

私はただ切なかった。




でもね。

3時間後に、新しい出会いがあったよ♪
てか、まったく同じ機種を3日で用意してくれるって♪

その間に代替のスマホも貸してあげちゃうよ!って。
いい時代だぁぁ♪ ナントカ保険に入っててよかったわ。
みんな、入ってる??
おっちょこちょいの人は、入っとこうね♪♪



a0226853_19293718.jpg




by yu-yu1117 | 2015-03-20 19:30 | 野鳥さん | Comments(12)
Commented by tanat6 at 2015-03-21 02:30
いけません いけません!
笑い過ぎて 頭がおかしくなりそうです。
Commented by tubakun01119 at 2015-03-21 19:01
吉備津神社には
気を付けろ
トイレから
不気味な声が聞こえる(笑)
笑っちゃ悪いと
思いつつガハハと(笑)
人生とは
あり得ないはずの
ハプニングの連続だべさ(笑)
落ちたのがゆうゆうさんで
なかって何よりです(*^^*)
Commented by タバサ at 2015-03-21 19:07 x
なんとなく想像がつくと思いながら読み進め、まさかの展開にあっけにとられ、最後は野村萬斎氏を彷彿させる美しい画像で締めくくる。
ゆうゆうさん、素晴らしいです。

小学校の時にポットンに母のお手製の毛糸のパンツを落としたのを思い出してしまいました。
スローモーションで奈落の底(臭い付き)に吸い込まれていったエンジ色の毛糸のパンツ。
無理やり穿かされて毎日学校のトイレで友人たちの標準仕様の体操服用のブルーマに履き替えていたあの頃。
なんで昔の母親ってあんなに怖かったんでしょうね。
当然落とした事も言えず、ただただ親の追求に恐れおののいていた日々でありました。

汲み取りの人に迷惑かけたかもですね。
Commented by りぼん at 2015-03-22 13:10 x
あかんてば!ゆうゆうさん、もう笑いすぎて涙止まらないし!
あ・・・ 笑いごとちゃいますね(^^;

トイレに~~ってとこで、もしやのスマホ!?って想像できましたが、その後の展開が~~  花粉症で荒れた目の下に涙の塩分がしんで痛痒いし!!

さすがゆうゆうさんのだんなさまです!
やることが面白すぎます(^0^)
でもって、二人して一緒にやってしまうとこ、いいご夫婦ですね~、わらかしてくれます!
側にいる娘と夫も爆笑してます!

いや・・・ 笑いごとちゃいますね・・・ (^^;

おちたのが、ゆうゆうさんじゃなくて、スマホでよかった、です。 ということで(^-^;
Commented by えんちゃん at 2015-03-23 11:06 x
なんぼなんでも、そろそろバッテリーが切れたかな。
今はそこにないかもしれないね。
どこかの処理場で最後に注目をあびているかもしれません。
Commented by yu-yu1117 at 2015-03-24 23:21
tanat6さん、
笑っていただけてなによりです。
それが何よりスマ子の供養になるというものです。

って、いつスマホに名前つけた! (^^ゞ
Commented by yu-yu1117 at 2015-03-24 23:27
優花さん、吉備津神社、手抜きなくあちこち手入れして掃除もされておりました。
トイレも例外ではありませんでしたが、システム的に
「ぼっとん」とはね。

しかも、まあ便座マニアではないので今まであまりかんがえなかったのですが、
今の「ぼっとん」は、穴が狭くて、まあ子供でもそんなに恐怖感がないものも多くなった気がしますが、
あそこのは大人一人、ちゃんと落ちそうなかなり昭和中期な便座でした。
これから先、吉備津神社にいくたびに思い出すだろうなあ。
Commented by yu-yu1117 at 2015-03-24 23:34
タバサさん、
へ~!お手製の毛糸のパンツを履かされてた・・・どの家庭にも
「ほおっ!」という逸話があるもんですね。
私も昔は自宅のトイレに何足のスリッパを落としたことでしょう。
自らも落ちそうになったことは何度か。
一度は本気で下半身が宙ぶらりんになって
己の腕力のみで這い上がったことがあります。
健康な幼児でよかったです。でもこのように、今でも覚えているくらいのトラウマ状態ですけどね。

汲み取りの人はホースで吸い取るだけなのでどうかわかりませんが、
どこかで「なんじゃこりゃ??」を確認する作業員さんはいるのでしょうかね。
昔なら毛糸のパンツ。そしてスリッパ。
今はスマホ。
想像もつかないものが落ちてたりもするんでしょうね。
知りたいような、知りたくないような。
Commented by yu-yu1117 at 2015-03-24 23:38
りぼんさん、
トイレにスマホ・ケータイを落とした人っておそらくかなりの数でしょうね。
「ぼっとん」に落とした人は、その中でも、ほんとに運の悪かった人でしょう。
ああ、ダンナですか。
「かーさん、運がツキまくったから、グリーンジャンボ、
当たっとるかもしれんよ~!」
と相変わらずテンション高めです。
まあ確かに、こんなにリアルに運がツキまくることもないでしょうけどね。
Commented by yu-yu1117 at 2015-03-24 23:46
えんちゃん、
ええ。それはドコモショップのおにいさんに確認しましたよ。
一日くらいで充電は切れるでしょう。
そのあとひと月もすれば錆などで完全に使用できない状態になります。
「どこかで拾われてデータを悪用されたりなんてことはないですよね・・・」
「そこまでする人は、いないと思いますがね」
「・・・ですよね」

まあ物笑いの種にはなるんだろうなあ。(--〆)

Commented by pata2angel at 2015-03-25 21:59
うああああーーー(笑)
可愛く美しい小鳥写真の後の、衝撃話。
笑わせていただきました。

今はなつかしどっぽん便所に
最新の機器を投下してしまったのですね。。
試しに電話してみる旦那さん。(笑)
いい。
Commented by yu-yu1117 at 2015-03-26 23:32
ふみちゃん、
ぽっかりと開いた昭和の時空間へ、平成の産物を投入させていただきました。
完全にあきらめをつけたつもりのスマホに、
何も生存確認せんでも。(泣)
でもちゃんとお別れを言えたのでよかったです。^m^


<< 極上年度おさめ 爆発台所 >>