カテゴリ:野鳥さん( 38 )

あくせくエクセル。

毎日毎日、何をやって過ごしているかと言いますと、
事務所でエクセルを開いちゃあ、セルの海の中であっぷあっぷしております。

社長はエクセルまったくできないし、

社長の息子は毎日、見かけることもあれば見かけないこともあるし
見かけても社内にいることもあればすぐいなくなることもあるし、
居ても事務所には、いなかったりいなかったり結局いないんじゃね~かこのやろ、
いう状態だし、
そもそも息子がエクセルを駆使して作った書類というのが存在しないので
エクセルがわかる人かわからない人かもわからないし、

ゆみちゃんはパソコンは苦手宣言を声高らかにしているので、

わたくしが一人でうんうん唸りながら作っております。


「関数」とか「数式」という言葉を聞いただけでうっすら汗ばんでいた高校時代の私に教えてあげたい。
あんた、おばはんになってからめっちゃ関数とか数式を日常的に操ってまっせ!

参考書やら攻略本を積み上げて、その時代にはあまり普及していなかった
「付箋」をバリバリつけて、凝る首や肩は鍼灸に通いながら頑張ってまっせ!と。

そ、そんなことより、高校時代のゆうゆうはん!
ネズミみたいなかたちのものをきゅっと握って
上から下につ~~~っと這わせただけでめっちゃムズイ計算の答えをぽんっと出してくれるような
コンピューターっちゅうもんができますんよ。 ま、これは想像つかないでっしゃろな。



・・・。
付箋をバリバリ、で、思い出した。

私が仕事で使っているふせんは今治のゆるキャラ、「バリイさん」のふせんです。
バリイさんのふせんのついた書類は「ゆうゆう確認」印でもあるわけです。

一年に一度、高知の友人小マツコさまとの松山逢瀬のときにまとめ買いをして、一年使い散らすのです。

一年は早いもので、もうすぐその時期です。
今年もふやけられる幸せ。



暖かくなって冬鳥さんは旅支度をしているようです。

a0226853_15133859.jpg

セクシーポーズをキメてくれたジョビ子さんも、もうすぐ見られなくなるでしょう。


a0226853_15141021.jpg

ルリオくんは青みが増して「ザ・小鳥」っぽくなりました。

この子はもう少し見られることでしょう。

a0226853_15475405.jpg

コゲラさん。


a0226853_15481547.jpg







以前、トラツグミさんたちを撮ったヒイゴ池に行くと、

またまた面妖な方にお会いしました。




a0226853_15490523.jpg

こうみえて幼鳥。子供です。


親はもうちょっとシュッとしてるゴイサギというんですが、

幼鳥は親と色が全然違うし、シュッと感ががありません。

ホシゴイとも呼ばれています。


a0226853_15581182.jpg
顔がこわいですけど。


野良猫か鳩なみに、近くに寄りましたけど、逃げません。

ためしに「こんにちわ~」とあいさつしてみましたが、ガン無視です。

猫のように寄っても来ませんし鳩のようにくるっく~とか言いません。


ちょっとは警戒心持たないと、世の中には悪い奴らがいっぱいおってだなあ、

保険金サギとか還付金サギとかゴイサギとかおるんやで。

ゴイサギはあんたか。




こっちのほうが飽きてきて帰ろうとしたら

飛びました。  飛べたんや。(そらそうや)



a0226853_16053948.jpg


愛媛はもう、ツバメが飛来しているかしら。


by yu-yu1117 | 2017-03-18 16:15 | 野鳥さん | Comments(2)

いろいろと志村。

わやわやしていたら、もう一年の6分の1が過ぎてしまいました。どうしてくれる。

2月のはじめあたりから咳がずっと出てて、

ものすごくしんどいってわけでもないので
市販の薬とか飲んでしのいでいたんですが
さすがに長引くと身体に悪いよね、と思って病院に行きました。

クリニックモールなんで内科の先生も何人かいらっしゃるんだけど、

その日はちょうど、果てしないレベルのじいさん先生でこれがもぉ。

志村けんのコントみたいな口調で

「ああ咳は乾いてる感じ?ああ、ああそぉですか!!」

「痰はどぉですかないですか、あああまり出ないですかそぉですか!!」

「ああご飯はちゃんとたべられますかあああ、あああそぉおですか!!」

「熱はないですかないですかああそぉですか!! 7度1分ありますねありますねあああそぉおですか!!!」

「胸の音聞かせてくださいねはいはいはい背中の音をはいはいはい大丈夫ですね ええ、ええ、ええ」

「お薬だしますね、シロップの薬のめますかあああそぉですか!!」


錠剤が苦手な人は知ってるけど、シロップがダメって人もそんなにいないだろうになあ、

と思いつつ、

37度1分でなぜか熱を下げるお薬までいただいて、

計3種類、なんだかもらったけど。

よく効いてよかったです。 ありがとう志村けん。



けど夕べ深夜、久しぶりに金縛りにあいました(笑)。

ビール飲んだうえにその3種類の薬を飲んだのに、婦人科でもらってる薬をさらになんとなく飲んだのが
わるかったんだろうねやっぱ。(^▽^;)

身体は薬で昏睡しきってるのに頭だけ起きてしまったもんだから
幻聴が聞こえてくるわ誰かが布団をはがそうとしている気配がするわ声は出ないわで、

「金縛りですかあああそぉですか!!」と思いながらもとてもこわかったです。

そして薬の飲み合わせってこわいもんだなあと思いました。
みなさんも気をつけましょう。


さて先週は実家に行ってきました。

父に会っておかないといつ最後になるかわからない、

と思いつつ、現状維持を保っている父。
意外と強い。

「まだまだ死なね~よ」の志村けんのコントみたいです。

さすがにもう起き上がってはこれませんが、まだ私のことがわかるようでした。

もう口からは何も食べられないけど、かわいらしいひなあられがベッドの脇においてありました。



んでお約束のように蟹を買って、
帰る前に「湖山池」という日本で一番でっかい池を回ってきました。
小さい頃は当たり前のように見ていた池です。

ここにオオワシがいるとかいうんで、まあみられないだろうと思ったんですけど。

行くと望遠レンズのカメラが何台か立っていて、
その中の一番、人のよさそうなおじさんに話しかけたら、
「あそこにいるから見ておいで」
と言ってくれまして。
てこてこと歩いていき、その姿を確認したしだいです。自然のオオワシを初めて見ました。
見ましたっつっても山のてっぺん付近で何百mか離れていて
とても近づいたとは言えない距離。肉眼ではゴマ粒のようにしか見えませんでしたが。
なのでカメラにおさめるなんて100年早いってなもんでさすが王者。

カメラの人たちはオオワシが飛んで池の鯉を捕まえる瞬間を狙っているそうで。

ただ飛ぶ瞬間ってのが「今年は6時間にいっぺんくらいしか飛ばん」だそうで、
あとはずうっとずうっと同じ木の枝にとまったまんまだとか。

「おまえはハシビロコウか!」
と知らない人にはまったく知らないツッコミを入れて
あきらめて帰りました。

その人いわく「もうあと数日で旅立つだろうなあ」とのことで
オオワシリベンジは来冬まで持ち越しとなりました。

父も鳥は好きだったのだけど、自分の住んでるそばにオオワシが飛来してくるのを知っていたのかなあ。
もしかしたら見に行ったりしてたのかなあ。
今はもうしゃべれないので聞き出すことはできません。
まだ父はそこにいるのにねえ、まだ生きてるんだけどねえ。もう聞けません。

子供のころ近くの山にヒレンジャクがよく来てたことを
その「ヒレンジャクが来た!」と父の上気した顔と喜色あふれる声だけを覚えていて、
それがどこのスポットだったか私は全く覚えていなくて、
聞き出したいけど、もう聞き出せません。
しかたがないからネットで調べたりしてるけど、それでも見つけたことがありません。

だいたいいつもこのパターンだよなあ。ちぇ。

母親が得意だった料理を、クックパッドで調べながらつくってるときに
「なんだかなあ」と思うヤサグレ感と同じです。




そんなわけで身近な鳥さんを撮って
遊んでおります。

a0226853_09414724.jpg


a0226853_09413402.jpg





a0226853_09484093.jpg





これなんか「リビング探鳥」だよ。

家の中でガラス越しです。

風に吹かれてTMレボリューションみたいになってるメジロです。

a0226853_09482863.jpg

あと。


望遠レンズのありえないところが外れて、

かめらの北村さんに持って行ったら

「修理代より中古を買いなおしたほうが安いです」


「・・・・あああそおですか!!」

by yu-yu1117 | 2017-03-04 16:22 | 野鳥さん | Comments(2)

保護色ブルース

この中に鳥さんがいます。

どこでしょう。


a0226853_22391921.jpg




はい、こたえは、ど真ん中です。






a0226853_22393391.jpg


ああわかりにくいですねえ。

なんやねんって関西の人はあきれるでしょうねえ。
ふざけないでよって関東の人が怒りそうです。
ぼっけーみにきーわーって岡山の人がぼやいていそうです。




a0226853_22411010.jpg

飛んだらちょっとわかりやすいかもしれません。

岡山の田舎ってもお、行き尽くしたわよ!くらいなえらそーな気持ちでいたのですが、

いやいや検索するとやっぱり知らない池とか出てきたりして、

ヒイゴ池という、これまた誰に言っても誰も知らんだろう、そうワシも知らんよみたいな
知らん尽くしの池に、カモでもおらんかのぉと行ってみたら
トラツグミの聖地でした。もうこいついっぱいおった。
この季節、普通のツグミはあっちこっちいっぱいいますけど、


トラツグミはそんなにわやわやとはいないので、

うれしくて撮ったけど、これが地味すぎてもぉ。(;一_一)





a0226853_22412570.jpg


立ち入り禁止とのコラボも、結局立ち入り禁止が目立つばかり。

ちゃんといます。鳥さん。



a0226853_22413803.jpg


あ。やっとわかりましたね。


こういう方でした。



と。

こんなことをしていたら、

「はたっ」

と気づきました。


もしかして私の、あの、最近買った

「ソファーとの保護色」とか言って

にやにやと困っていたあいつ。


実はもっと深刻な保護色だったのではないかと。

そこで「わざと落として」みました。



a0226853_22420740.jpg



・・・・・・。





やっぱり。





どれもこれも枯れ葉色。

なにからなにまで枯れ葉色。

スマホケースは赤にすべきだったことよ。るるる。

もう遅い。

良かれと思って買ってしまったのよアマゾンちゃんで。

カバンの中で淡い色が目立ったところで
そんなん甘い話。
こういうだだっ広い冬の荒れ地で落としたが最後、


a0226853_22422724.jpg


絶対見つからねーよ。

最近、近視プラス遠視入ってるし。


ダンナはヘアクリップを見て入れ歯と見間違えるようなフシアナだし。



大事なものは目立つ色にする。

もうおしゃれがどうのじゃなくて、

死活問題として。


後ろ向きな誓いをたてたのでありました。かなしー。(T_T)

by yu-yu1117 | 2017-02-16 23:16 | 野鳥さん | Comments(8)

るりこさん、および近況。

立春らしいぽかぽかの土曜日でございます。

先週だったか先々週だったか、もはや忘れたけど、
お見かけしたるりこさん。



a0226853_14590659.jpg





ドレスのすその青がおしゃんてぃです。






海の近くにいきますと、

a0226853_15010181.jpg
朝の山手線ってこんな感じでしょうか。

知りませんけど。

ここはいっつもこんな感じでせめぎあっています。
電車通勤の人は、よくインフルエンザをもらったりするらしいけど、
ここでも鳥インフルエンザがお一人でもいらっしゃったら
いっせいに流行しそうです。


とくに珍しい鳥さんはいませんでした。


以上、うちの近辺の状況でした。


a0226853_15002756.jpg




明日の日曜日はまた天気が崩れるらしい。

ここんとこ日曜、ちゃんとお出かけもできていません。

そういえば実家以外は他県へ遊びに行ってもいないわあ。

せわしないのぉ。



by yu-yu1117 | 2017-02-04 23:38 | 野鳥さん | Comments(4)

きんがしんねん (^^)/


a0226853_16165686.jpg


本年も軽々しいノリで ごあいさつ申し上げます。

今年もお尻でも掻きながら薄ぼんやりと読んでいただけましたら

幸せでございます。

お正月に空を見上げたら、
悠々と風に乗る鳥さん発見。

こいつは新年から縁起がいいやとばかりに
ミサゴさんにて新年のごあいさつにさせていただきました。
酉年っつか、鳥年ですので。


ボヤボヤと歳を越している何年かの間に、「実家に行く人」側から
うちを実家呼ばわりして(まあ実際そうなのよね)
やって来られる側になってしまいました。

「旅行だ」などと言って今年は逃げることもできず、

干しシイタケやら昆布やらで出汁をとるとこから始めて

散弾銃・・・違うわ、三段重を作ったりもしましたが、


a0226853_16231518.jpg

誰もそんなものを求めているとは思えず、

ニーズにあわせて、


a0226853_16235640.jpg

これはカキフライ大量生産途中現場。
この後、エビフライを人数分揚げたのち、油を替えて
大分に行って以来、マイブームにしているとり天を、これでもかぁぁぁ!と揚げました。

スーパーのお惣菜担当のパートさん状態。時給くれ。


a0226853_16270703.jpg

ちなみにこいつは牡蠣のオイル漬け。

これがあればお酒がすすむ。牡蠣万歳。




そんな忙しい年末の、なんと最後目撃したのが、
わりと近所の用水路で、
まったりしているカワセミ子ちゃん。



あなたはおせちは作らなくてよいの?





a0226853_16344250.jpg

年末に幸せげな青い鳥に出会えるなんてこのうえない喜び。


どなたさまにも、幸せの青い鳥が、
なにかしらのよいものを運んできてくれますように。




第一回プラチナブロガーコンテスト


by yu-yu1117 | 2017-01-04 16:53 | 野鳥さん | Comments(8)

こうのとりの郷公園に行ったのだ。

さいきんめっちゃ眠とうございます。
夜、寝る前に皆さまにコメントを書こうとして、あっちの世界に行ってしまうことがあります。
意識と無意識の間に、一体どなたが私に降臨してきたのかわかりませんが、

なんの関係もなく、コメントに

「簡略化」これが。

と書いていました。
送信しなくてよかったです。
寝る前に人様にコメント書くなんて私には10年早いと思う次第です。

って10年たったらたったで、また・・・・(´・ω・`)



気を取り直して、 もう10日以上も前のことですが、
先週の日曜日に隣県である「兵庫県立こうのとりの郷公園」にいってきました。
隣県だからと油断してたら3時間以上かかりました。

なんなんだ。この縦に長い県は。

広島なんかも、やけに横に長いんで通過するのにめっちゃ時間がかかり
「横に長!!」と文句を言いますが、
兵庫は「縦に長!!」と文句を言いたくなります。
ちなみに島根は「斜めに長!!」と文句を言ったことがあります。


四角い岡山県を見習え。


まあつまり、こうのとりの郷公園はほぼ日本海に近いということです。
この近所には、城崎温泉という、
しっぽりと大人の雰囲気を醸し出す温泉地があり
3連休なのでついでにここの有名な料理旅館にお泊りしました。って、
うそですうそです ひがえりです。
行きたかったけど仕事が入ったりしてさ。
入りそうだったんでもう、予約もしてないし、なんなら検索もしてない。
なので、もし泊まったとしても
よくわからんヤバイ旅館にとまる可能性大なのですけど。


a0226853_22265945.jpg

どうだ。

この子がこうのとりさんです。

赤ちゃんを、めっちゃ張り切って運んでくる鳥です。

「ねえママ、赤ちゃんはどこからやってくるの?」
「こうのとりさんが運んでくるのよ」
・・・の、こうのとりさんです。

でも 顔が怖くないですか??

こんな目の周りの赤いのんが、赤ちゃん運んで来たら、どないします?



「ほおら・・・
赤ちゃん運んできたよぉぉぉ・・・」

a0226853_22265077.jpg


・・・だからこわいって。


つむじをみたら「666」って書いてあるような赤ちゃん連れてきそう。

夜中に「ケケケケッ!」と笑いながら壁をよじ登りそうな赤ちゃん連れてきそう。

ちょっと赤ちゃん、返品したいんですけど。


いやだなあと思って、もともと、なぜこうのとりは赤ちゃんを連れてくるっていうようになったか
というのを調べたら、
なんか、ドイツの民話に基づいているらしい。

なので、こうのとりも、この種類でなく、

シュバシコウ(朱嘴鸛)



a0226853_18474126.jpg
(グーグルさんありがとう)


という日本には基本棲息していない鳥でした。
目の周りが赤くないんで、それだけでもあんまりこわくないじゃないですか。



少し安心したところで、

こうのとりの郷公園の、敷地内の鳥さんは以上終わり。
敷地内に飼っているこうのとりは、
飛べないようにしているのです。

ただここでは、こうのとりの野生復帰をもまた目的としています。
健全な生態系を取り戻そうと地域生物群集を復活再生させようとしているのです。

頭の下がる話ではないか。

そんで、ここで幼鳥・成鳥を毎年リリースしているわけですが
公園付近の居心地がいいのか、帰巣本能か、

この公園の界隈で野鳥として、こうのとりがいるのです。

それを探しました。



a0226853_22274129.jpg

簡単におりました。

普通の民家の屋根に。

風見鶏かいな、といういで立ちです。

こうのとりの成鳥は普通、鳴かないそうです。
「クラッタリング」というのですが、嘴をたたいて、その音で会話するようです。

このときも屋根の上でふたりでクラッタリングしてました。

かたかたかたかた!・・・と
結構大きな音でカスタネットみたいです。
なんか楽しそうでした。



それにしても。


独り立ちできる程度に育てて、せっかく野に放ったというのに、
居心地の良さやら、餌がもらえるとかから、


近所から離れることなく

都合のいい時だけ戻ってくる。

それってうちの息子たちと一緒やん。



あ。飛んだ。

a0226853_22273326.jpg



でも里山にこういう光景があるのは、いいですね。

昔はもっと日本の里山には、こうのとりとか、キジとか鶴とか、なんならトキとかいたわけですよ。
風情がありますなあ。






a0226853_22271313.jpg



実際、家の近所にコイツおったらびっくりするけどな。

顔こわいし!!




by yu-yu1117 | 2016-10-19 19:14 | 野鳥さん | Comments(0)

傷が癒えたら秋が来た。



   傷は癒えました。


ってこれだけ書くと、失恋の心の傷が癒えたみたいですが、

背中の日帰り手術のやつです。
ドラマチックな傷でなくてすみません。
えげつない一本線の傷跡が残っててすみません。

そもそも胸ときめく恋をしていないので、
失恋もできません。

手術直後はホントしんどかったんですが、
今はへいっちゃら。
3日前に調子に乗ってジム通いを再開し、
これ以上調子に乗らなくてもいいのに調子に乗って
ちょっと足を傷めました。

何がやりたいのか、もはや自分でもわかりません。

仕事はただただひたすらに忙しく、

・・・ってこれだけ言うと、
なんかリア充っぽいので
「忙しい忙しいって言いたいだけじゃん」ってツッコミを
自分で入れたいんですけど、
どうやら今は本気で忙しくしかも充実感なんぞなくて、
水曜日に早く帰れるようになった件は雲散霧消。

巷にあふれかえる、ヨガ女になる計略も立ち消えております。

秋晴れなのでどこか行こうと思いますが

とりあえず、ぼさぼさの髪を切りに今から美容院に行ってきます。

きのうジムで何人か集まっているところで
「明日髪を切るのだが、どれくらい切るのがいいのだろうか」
と提案を持ちかけたところ、
「絶対あなたは長いほうが似合うので、切るな」
と十割の人に言われました。つまり全員です。


それでも以前から「カット」で予約してたので、今から行きます。

わたしはどうすればいいのでしょうか。
ノープランです。





a0226853_10390148.jpg



お出かけ先で、きれいなスズメよのぉ。
と思ったら、どうやらノビタキさんでした。

ちゃんと撮ろうとしたのに、
この直後、ダンナが普通にワシワシと突き進んで
すぐに逃がしてしましました。

そして自分で逃がしておいて
頭を抱えて後悔してました。
まだ一度もデジイチで、きちんと鳥さんを撮っていないのです。

ダンナはスズメっぽかったらスズメと思い込んでしまう
非常に悪い癖がありまして、

っていうか思い込みが激しく頑固になるのは、
年取った証拠かもしれませんが。

あーいやだいやだ。(笑)














by yu-yu1117 | 2016-10-15 10:49 | 野鳥さん | Comments(8)

鳥さんGO!

日曜日は実家の父に会いに行きました。

必ず鳥取のスーパーに寄って帰るのですが
鳥取の名産となっている「とうふちくわ」が
まるで「うまい棒」のように種類を増やしており、
スーパーのちくわ売り場がカーニバル化しておりました。

カレー味やチーズ入りは知ってたけど、
ツナマヨちくわやお好み焼き味のちくわ、ビールに合うちくわ、
など、
とりあえず大人買い。

ふるさとの味はどんどん進化していっている、
というか迷走しているようです。

まあ旨けりゃいいんですけど。

うまい棒・チロルチョコ、そしてとうふちくわ。

ブレーキを忘れた車のようにその種類を増やしていくであろう
商品のカテゴリーに入れさせていただきます。




そしてまたいつものように、

普通でも田舎道なのに、もっと田舎道を選んで帰ります。

鳥取県と岡山県と、そして兵庫県の3県をまたぐ県境あたりが

半端ねえ山間部です。
冬ならスキー場で別の賑わいをみせたりしますが、

夏なので人も車もおらず。


a0226853_18433818.jpg



この鳥が、キセキレイを一生懸命追いかけて、
そんで、捕ることに失敗してました。

キセキレイ、わりと余裕で逃げてたし。



サシバという猛禽類だと思います。

まだ若鳥っぽいかなあ。
なんとなくキョドキョドしてたし。

がんばれサッシー。負けるなサッシー。
キセキレイは難しいが、トンボならいけると思う。
ここは田舎だ。
山ほど食糧はあるぞ。


うまく撮れてないこともあって(涙)

雄雌の判別も難しいですが、

もう一回見に行きたい鳥さんです。

(最近藪の中の鳥しか撮ってないので、
明るいとこの鳥ってどうやって撮るのかすでにわかっていないゆうゆうさん)




a0226853_18431923.jpg







a0226853_18432511.jpg



世界的にポケモンGO! というゲームが問題視されてるみたいです。

私は最近、基本ゲームをしないので、
そのゲームしながら歩いてるヤツラを見たら眉をひそめるかもなあ、
そんなのが道に飛び出してきたら車で轢きそうやん、
とテレビのニュースに向かってぶつぶつボヤいておりました。

でも、そんな自分もリアルに「鳥さんGO!」をしてるじゃないか、と気づいてしまい、
彼らに文句を言える立場ではないことが明白となりました。

スマホ片手に街の中でポケモン探すやべぇやつと、
カメラ片手に田舎で上ばっかり見上げてるやべぇやつ。

どっちがやべぇかって、どっちもやべぇな。

道は正しく歩きましょう。







by yu-yu1117 | 2016-07-20 22:40 | 野鳥さん | Comments(5)

いっこ にこ  サンコ・・・あああ!

今年はあきらめた、言うたや~ん。


と、ツッコミに力が入る、そこのあなた。

ゆうゆうさんのボケは、今に始まったことではないはずです。


だいたいね、5年越しくらいでしょうか、もう忘れたけど

ずうっと逢いたい逢いたい、ああ、愛しのあの子。
って恋い焦がれてた子に逢えたからって、

「逢えたから もうええわ」

となるはずがなくて、やっぱり
「今日あたり、ひょろっと藪から顔出してるかなあ」
と思って、
また逢いに行っちゃいました。サンコウチョウ。


ね、恋ってそんなものでしょう。(語るな)



はじめは何の鳥かわからないのが、大きめなハチか何かを得意げにつかまえているのを

「身が詰まっておいしそうなの捕まえたのねえ、わたしゃ要らんけどな」

と眺めていたら

a0226853_18040109.jpg



その子がサンコちゃんでした。


あ、サンコウチョウの女の子ね。


女の子はこのときが初めて!!初見、初撮り。

いつのときも初見初撮は、わくわくがとまりません。


a0226853_18042090.jpg

サンコちゃんは、オスとちがって


尾っぽの長さはたいしたことはなくって、

「変わった鳥やなああ」

という印象はうけません。


かたときものんびりしていなくて、たえず枝から枝へ。

ピントが合うか合わないかっていう段階でもう次の枝に。

撮るのは試練です。

a0226853_18043535.jpg

男子と比べると、そんな平凡っちゃあ平凡な女の子ですが、

けれどもサンコウチョウの男子にとっては

めっちゃかわゆい女の子なんでしょうね。


男子が女子をたわむれながら追いかけるというシーンに今回、二度も巡り合えました。


サンコウチョウ男子が長い尾羽をしなやかに翻しながら、
藪の中を信じられない速さで飛びぬけていきます。
藪の中でも時折一条の木漏れ日が差すスポットでは、羽が眩しく光って
どれだけ美しいことか。



「恋い焦がれた愛しいあの子たちが、私の目の前で乱舞している!!」
という光景に、私自身が狂喜乱舞しそうにうれしかったです。


いやあ久しぶりに使ったわ、狂喜乱舞って四字熟語。そうそう使いませんよ。
ありがたいことです。


イケメン男子は、やはり藪の中で一枚撮れた程度だったけど。
もうなんか写真より、見れただけでよかったかなと。

ちょっと負け惜しみ。


a0226853_18045188.jpg


by yu-yu1117 | 2016-07-13 18:31 | 野鳥さん | Comments(6)

サンコウチョウ  ~ボスキャラは増える一方だ~

ゲームにはハマらないようにしているので、
ロールプレイングゲームは、後にも先にもドラクエくらいしかやってない。

あーでも、面白かったなあ。

時間もお金も体力もないので、ゲーム三昧の日々をあきらめておりますが、
勇者ゆうゆうは、休日に冒険にはちゃんと出ておる。
たいした冒険ではないけどね。
コントローラーは持たないで、カメラ持ってね。
虫よけスプレー持って。

武器はレベル1からほぼ変わってないしね。

先日、本当に望遠レンズを買いたいな、と思ってカメラ屋さんを物色しましたが、
自分がほしいと思っていたレンズが陳列されていて、
片手でひゅっと持とうとして、持てなかったというか、

死ぬほど  
重かったというか。


肩こりは小学校からの付き合い、腰痛は30歳のころからの付き合い。

そんなわけで。望遠、本格あきらめ事件。

ちょっとまたいつものへこみゆうゆうになっております。




武器と装備は初心者なのに、敵とはたくさん戦って、経験値だけはちょっと積んだかな。

一眼レフを買ってほどない頃に、
岡山県のとある写真コンクールの優勝作品のパンフレットを
田舎の道の駅で見かけて、それが、
見たこともない変な鳥がうつってる写真で、
こんな鳥が岡山におるわけないやん。
紙かなんかで作ったんちゃうんか、という、
ほぼUFOとかツチノコを見るような目でみていたんだけど、

本当にいるんだというのを図鑑で知ってから、
じゃあ会いたい。
しゃあ撮りたい、と思ってて。

そのうち、
どうせせっかく一眼を買ったのだから、
最終目標はこいつをちゃんと撮る、
にしようと思ったことすらあって。







やっと会えた。




a0226853_22533086.jpg









a0226853_22533936.jpg








a0226853_22534849.jpg





今までも声や影や気配は何度か出会ったけど、
やっとここまで会えたなあ、という感慨ひとしおです。


黒く見えますが、背中は枯れ枝色をしていて、枯れ枝の多い藪の中にいつもいるので
装備と武器がレベル1の自分には手の出ないやつでした。
藪の中にいるくせに、
こ~んなにクセのある美しい螺旋形のスタイルで、月 日 星 ホイホイホイと、
超さわやかな声で歌い上げる歌の名手です。


とはいえ、本当に撮りたいのはもっとちゃんとした写真。
やっと撮れたね、ではなくて、美しい写真が撮りたいです。


なおかつ、もっというと、
このサンコウチョウだけが私の最終目標ではなくなってきてます。


ここ数年だけでも、枝葉を伸ばすような勢いで、
撮りたい鳥や、
もう撮るとかええから、この目で見てみたい鳥も
増えてきました。

スーパーマリオでいうなら、
ピーチ姫が何人もいるっちゅうもんです。
この浮気者めが。

渓谷の白いピーチ姫にも、山奥の赤いピーチ姫にも、
南国のあざやかなピーチ姫も、北の雄々しいピーチ姫にも、

勇者ゆうゆうの頭の中は、

喜び組のみなさんでいっぱいになっておる。







もっと。  もっと。  もっと。


強欲だなあ。


レベル1のくせに、勇者ゆうゆうは無謀の旅をやめようとしません。
経験値を積んでもいっこうに強くなりませんし、
なんなら体力は経験値を積むごとにレベルダウンするありさまです。

たぶんこのRPGは、終わらないだろうなあ。
レベルが上がらないくせにいろんな敵が来て、
こいつがボスキャラだと思ったら、次が出てくる。
続編に次ぐ続編。
なんや、もうわけわからん。
売れねえな、こんなRPG。

超マニア向け。


誰がこんなゲームすんの。

私でしょ。

私だけ?

う~ん、意外とみんな、増殖ボスキャラと
たたかい続けていたりして。











by yu-yu1117 | 2016-06-10 23:37 | 野鳥さん | Comments(6)