カテゴリ:野鳥さん( 39 )

今年も吉備のブッポウソウ。


一見地味ですが、
角度を変えて見ると、意外と奇抜よね。
という外見の方に会ってきました。

こうやっていると、岡山の里山の風景にとけこんでる鳥ですが、
a0226853_15352536.jpg





a0226853_15295923.jpg



こうなると、ちょっと目を引きます。
a0226853_15332842.jpg
ブッポウソウです。


今年もたくさん飛来してきているようですが

まだ食べ盛りのヒナをかかえた夫婦は少ないようで

巣箱にエサを頻繁に運ぶ夫婦たちはあまり見受けられませんでした。


探鳥マニアさんたちはそれをよく知ってらっしゃるのでしょうか、

昨年行ったときはいろんな県外車があちこちに停まっていましたが
先週はまるっきり。
不穏な天候だったのもあって鳥を見にきている人じたいが
ほとんどいませんでした。



エサ運びをしてくれ始めたら、もっと観察しやすくなるんですがね。


a0226853_15350774.jpg

よく見ると足環をしています。


a0226853_15300572.jpg
羽虫を追いかけて滑空していました。

小回りがきく軽自動車的な飛び方なので、
写真に収めることができません。(泣)


それでも何羽か見ることができてうれしかったです。


で。
この界隈にいくと必ず行くお蕎麦屋さん。




a0226853_15515021.jpg
更科の十割そば。

上に乗っかってる白い物体は何かね、というと、

a0226853_20271196.jpg

辛味大根をこ~やってこ~やって、(すりすり)
直接乗っけて、味をみながら食べてよね~。
たくさん乗っけると、からいよ~。


と蕎麦打ちのおっちゃんがわざわざ中から出てきて説明してくれました。

この辛味大根、「これっ」というのが売ってないから
おっちゃんが畑で作っているとか。

そば美味し!大根辛し!  トータル美味し!

わさびで食べるより、こっちのほうが断然辛し!美味し!



おそばって、「まずいおそば」っていうのにはあんまり出会わないけど、

美味いおそばってのは上限知らずにあるような気がします。





by yu-yu1117 | 2015-06-27 16:02 | 野鳥さん | Comments(10)

ラストメッセージを伝えて・・・

日曜日に、近くの吉備津神社へ行ってみた。
そろそろ梅もきれいなころだし、ここは鳥さんもいらっさる。

ジョビ子さんや
a0226853_18462852.jpg
ルリ子さん。
a0226853_18395524.jpg
小鳥も女子たちは楽しげに花をみあげるのね。

さて。ここまでは楽しい花撮り鳥撮り散歩。




注意
※ここ以降お読みになるのは、お食事中の方はご遠慮ください。

さぁてお腹がすきました。どっかにお昼を食べに行こうかね。

「あ、その前にトイレ行ってくるわ~」

そう言って私は首からぶら下げたカメラをダンナに託し、

神社内のトイレへ。

足を踏み入れた途端、「ありゃ」と小さな後悔と迷いが。
案の定、覗いてみると、水洗トイレじゃなかったんですね。

「別にここじゃなくてもいいかな?」とは思ったものの、
そこはやはり神社内のトイレ。
季節がら虫一匹いないのと、ゴミひとつ落ちていないので
若干の生理的拒絶感を残しつつ、「ま、いっか」
と、ここで用事をすませることに、

と。ジーンズに手をかけたときに、あることを思い出した。
思い出したのがあと0.5秒早ければ、
わざわざトイレに行った話なんか書きゃしない。

ああ。後の祭りは、どエライ祭り。わっしょいわっしょい。

ジーンズのお尻ポケットからストレートに、
「すたっ!!」
と落ちたもの。






スマホ。



オリンピックの飛び込み競技なら、金メダル確実の

「すたっ!!!」

とした落ち方。見事過ぎると声も出ない。


もちろん落ちた先が水洗トイレだったら躊躇なく手を突っ込んだことでしょう。
だけどまず、距離的に手が届く深さではない。
これに手が届くのは、ゴム人間のルフィくらいでしょう。

いや仮に私がルフィだとしてもさすがにあの暗黒の奈落の底に手は突っ込めない。


そんなわけで。

落下後、3秒考えてあきらめることにした。


午後から予定を変更して赴いた場所は、もう当然、ドコモショップですわよ。

三月の日曜日のいうこともあって、なんと「3時間待ち」の宣告を受け。

予約だけして、いったん帰宅したんですが、
帰宅するや、ダンナが
「かーさんのスマホ、まだ生きとるよ!電話したら、留守電につながった(笑)」


(笑)って。

肥溜めの中のスマホに電話かけるダンナって。どうよ。

それにしても。
スマホ、まだ生きてるのか。さすが防水だ。

うれしそうにダンナが「かけてみ!かけてみ!」
というのでかけてみる。

数回の呼び出し音のあと、留守電のメッセージに変わった。

本当は誰か知らない声で「・・・もしもし」と言ってくるんじゃないかと、
少しだけこわかったけど。
そんな恐怖マンガみたいな展開はもちろんなくて。

ガイダンスのお姉さんは、肥溜めの中から懸命に、お名前と、ご用件を・・・
と、声を振り絞ってくれている。


まだ。頑張ってくれている。切なくて、いとおしくなった。

ピー。

「えっと。今まで、ありがとう。そして、さようなら・・・」

私はスマホに感謝と別れを、正式に伝えることができた。


春めいた昼下がり。
この瞬間に、神社のトイレを使用していた人はいただろうか。

いたとすれば、トイレの中で彼女は自らの足元の、そのまた下の真っ暗闇の奥の方から

ぶおーん。

ぶおーん。

と、低いバイブレーションを聞いたであろう。

そのあと、女の、くぐもった悲しそうな、泣きそうな声が
彼女の股の間にせりあがってくるのだ。

「えっと・・・ごぼごぼ。今まで、ありがどぉぉぉ・・ぞじで、ざようならぁぁ!ごぼっ!!」

そのときの彼女の恐怖感、なんか知ったこっちゃない。

私はただ切なかった。




でもね。

3時間後に、新しい出会いがあったよ♪
てか、まったく同じ機種を3日で用意してくれるって♪

その間に代替のスマホも貸してあげちゃうよ!って。
いい時代だぁぁ♪ ナントカ保険に入っててよかったわ。
みんな、入ってる??
おっちょこちょいの人は、入っとこうね♪♪



a0226853_19293718.jpg




by yu-yu1117 | 2015-03-20 19:30 | 野鳥さん | Comments(12)

奇遇ですね。私もエビが好き。


寒いのは・・・・
   
    きらい。

でもね。


暑いのも・・・・


    きらい。


ポエジーにつぶやいてみたものの。

ゆーたことは ただわがままっちゅう。

ま。ともかく寒いんざますよ。
なので休日といえども、近場をちょこっとうろついて、
あとは鍋の具材を買って、とっとと帰っちゃうってのが定番です。



その近場ってのも

鳥は寒そうで。

a0226853_1541018.jpg

寒々しいシロハラ。




a0226853_15412380.jpg


派手な袢纏を羽織って背中をまるめているカワセミ。





赤い人と、青い鳥。
a0226853_15421829.jpg





しばらくじーっと川面を見ていたと思ったら
a0226853_15424322.jpg




とつぜん、ぶしゃ~!!
a0226853_15431893.jpg


エビを捕まえて飛んでいきました。

早いって!! 

このカワセミは男の子のようでしたし、

女の子も見かけることがあったので

多分ホワイトデーを待てずにバレンタインのお返しを持っていったのでしょう。



あ~、ちゃんとした望遠ほしいなあ、とこのときだけは思います。



ミサゴは北風を利用して
どう考えても遊んでるかんじでした。
「ゲイラカイトごっこ」とでもいうんですかね。
めっちゃ楽しそうでした。
a0226853_15465540.jpg

by yu-yu1117 | 2015-02-21 15:50 | 野鳥さん | Comments(10)

お客様のその後。

前々回、メジロさんがうちのお庭に来てくださったことを
お話いたしました。

その後、どうであるかというと。

数日いらっしゃって、それきりお見えになっていません。

なぜか。
そう。
あいつら、

あいつらのせいで。


メジロさんたちがぴよんぴよん♪と遊んでいらっさっても
それを割って入るように

「ヒヨです」
と、でかい灰色のやつ。

メジロは警戒してその場を離れ遠巻きに眺めていて。
すると

「妻のヒヨ美です。みかんください」
と、妻参入。
その後もどんどん
「ヒヨ左衛門です、息子がお世話に・・・バナナください」
「ヒヨ太です。父がお世話に・・」
「ヒヨ兵衛です。姪の夫がお世話に・・みかんください」
「ヒヨコデラックスです。父の友人の息子の塾の先生がお世話に・・・」
「ヒヨノガレあけみです。近所のおじさんの知りあいの息子が・・・」


と。
それはもう。
家族というより、一族がわんわわんわやってきて。

メジロ、荷物たたんでその場を退散。

それ以降
日の出とともにヒヨ一族、
「みかんくれ、ヒー!」
と鳴いてうちの家族を起こす始末。
起こされてカーテン開けたり、電気を灯したりすると、
鳴き声は一気にボリュームアップ。
予想以上に賢いようです。ヒヨ一族。


さすがにこれはお隣の畑のブロッコリや白菜にも影響がでる勢いだと思い、
すべての「野鳥さん限定無料バイキングレストラン、ゆうゆうの里」
を泣く泣く閉店したわけです。


しかし、ちゃんと閉店したのに、
ヒヨたちはプラカードを抱えて
日の出から
「お店の再開求む!!」
と、ひーよひーよと鳴いて、やっぱり私に抗議デモをするのでした。

朝いたヒヨ一族、びっくりすることに、日暮れ前に帰宅すると、
まだそこにヒヨ兵衛だかヒヨ美だかヒヨ太郎だかが数羽、
日和ってるんですわ。
ほぼ待ち伏せ状態です。

これがヒヨでなくヒトだったら、
指定☆力団に名を連ねそうなしぶとい根性の面々です。


ヒヨたちと食物の好みがかぶらない皆さんは
相変わらず楽しくお隣の畑で遊んでらっしゃいます。

ここにほぼ定住してらっしゃるモズ太さん。
a0226853_22534999.jpg

a0226853_2345988.jpg


やけに色白ですのでニュウナイスズメ??のお二方。
a0226853_2351791.jpg



数件先のお庭の「ムラサキシキブ」の実が大好きな
ジョビ子さん。
a0226853_236285.jpg


こんな方たちがマイペースに過ごしてらっしゃること

それが救いでございます。
by yu-yu1117 | 2015-02-16 23:22 | 野鳥さん | Comments(9)

目白礼賛

冬が訪れると同時に、
いろんな野鳥さんがお隣りの畑めざしてやってきて
それをちゃっかり鑑賞し放題の
ありがたい我が家。

例えると大型パチンコ店のすぐ隣のコンビニ、みたいな感じで

ちょっとタバコやコーヒーの種類を充実させるだけで
そんなに苦労しないでお客さんがやってくる、というような

腰ぎんちゃくのような我が家です。



引っ越しして6回目の冬がやってきた今年、
ついに来るべき方がやってきました。
しかも大型パチンコ店ではなく、うちのコンビニ、
つまり畑目当てではなく、うちの庭にさいているサザンカの蜜を目的に
来てくれた模様。

さっそくVIP待遇をする。
a0226853_10175916.jpg






お気に召していただけたようで
a0226853_103791.jpg

(ちょっとお行儀悪い)





ただどこのご家庭にもある、あの問題が。

a0226853_1055194.jpg


・・・・呼んでねぇのに、来るやつ。



小学校のころ、女の子だけ御呼ばれした誕生日会に
呼んでねぇ男子きた、みたいな。

しかもちょっとネジのゆるんだあの三人組!とかそういう感じね。


そうそうにお帰りいただき(要するに追っ払った)

・・・でもまた来るけど・・・を繰り返しながら


かごの中の鳥。↓
a0226853_10124652.jpg


つかんだ顧客は離しませんぜ!!

と、ナニワの商人と化しております。






a0226853_1015525.jpg

by yu-yu1117 | 2015-01-31 10:20 | 野鳥さん | Comments(14)

飛び食いに憧れる。

私がときどき鳥撮りをする圏内で、
ちょっとした騒ぎが起こっております。

迷鳥として成鳥のカラフトワシが一羽やってきたとのことで

岡山で見られたのは初めてだとのこと。

なので今日、そちらに向かったところ

普段は農家のおばあちゃんくらいしか見ない田舎に

バズーカ部隊がわんさか訪れていてびっくりしました。

車を見ればなぜか神戸・京都・大阪ナンバーがやたら多く、

遠くは所沢ナンバーもありました。

所沢からがんばってくる元気とお金があったら、

樺太に行けば確実にわんさか撮れるンではないか、
と思ったのは大きなお世話でしょうか。

ただ、皆さんのバズーカレンズの向かっている方向がてんでんバラバラだったため、
「あら、今日はまだ一度も現われていないのね」
ということだけは、容易に想像ができました。


私もちっこいカメラで、ワシってデカいから上手く撮れるかも、
と数時間ぼんやりヒト気のいないいつものお気に入りスポットで眺めていましたが、

けっきょく「もしかしたら」と猛禽類を片っ端から撮って

家に帰ってから宝くじのハズレ番号を確認するかのように
大量のトビとかチュウヒの写真を一つ一つ削除する作業。


まあ、そんなもんです。


ビギナーズラックなんて、そうそうありません。




でも、伊勢神宮に行った日、鳥羽の方面に向かう途中の道っぱたで

こつこつと激しく木をたたく音。


a0226853_2254142.jpg


遠くにいるアオゲラさんを偶然、初めて撮りました。

鳥撮りを始めたとき、なんで頭があんなに赤いのに「アオゲラ」っていうのかと
思っていましたが、

飛んだ姿はまるでメジロを巨大化したような、美しいウグイス色でした。

ちなみにアカゲラというのもおりまして、そいつも頭が同じように赤いのですが、
ボディは白黒なんで。
アカゲラの方は、ボディの色は無視して頭の赤いのが名前のキーワードになってるわ、
アオゲラは頭の赤を無視してボディの色を名前の由来につかってるわ。

御先祖様がた、なんかテキトーっくないですか?

だいたいメジロをウグイスとまちがえてメジロの色をウグイス色ってつけちゃって
あとで、「やべー」と思っても直してないとことか、おかしくないっすか?





あ、そんなメジロさんですが、

先日妙な動きをするメジロさんがいました。

あまりに妙なんで「もしや流行の鳥インフルでは?」とタミフルを差し上げたくなったのですが

違っておりました。

肉眼(老眼)でみただけではメジロの姿しか見つけられませんでしたが
小さな羽虫が実はたくさん飛んでおり、

そいつらをフライングゲットしていたようです。

a0226853_23101325.jpg






a0226853_23102526.jpg





a0226853_23103381.jpg


ヒトにも、拾い食いとか犬食いとか立ち食いとかいろいろありますが、
この飛び食いってのは、ありそうでいて、ないですよね。

あえて言えば宇宙飛行士のロケット内の食事に近いかもしれません。

ちょっとやってみたいです。



あんまりにもメジロが楽しそうだったので。
by yu-yu1117 | 2015-01-18 23:25 | 野鳥さん | Comments(12)

一等地在住のかわせみさん。

a0226853_22202656.jpg




a0226853_22192082.jpg






a0226853_22124631.jpg




a0226853_22132327.jpg




a0226853_22134490.jpg




a0226853_2214061.jpg

by yu-yu1117 | 2014-11-24 22:22 | 野鳥さん | Comments(8)

秋の夜長に何を思ふ

今思えば、小学校5~6年のときが
一番向学心があった。
偶然にも知的好奇心の旺盛な子がそのクラスに複数おり、
テストやクイズで知的レベルを競い合ったり、
興味のある分野を深めて披露し合うことで、また違う分野を
それぞれに開拓して視野を広げていった。

奇跡みたいなクラスだった。




今は、


その欠片もないんだがな。




その奇跡の時期に、百人一首を覚えるのだ!
という話がぶわっと出た時があり、
もともと私は父の影響もあって以前から覚えていたため
クラスで百人一首大会をして一位になったときは
鼻が高かった。




今は、



動体視力と瞬発力が退化してだめだがな。




  あしびきの
   山鳥の尾の
      しだり尾の

   ながながし夜を
      ひとりかも寝む

(山鳥の長い長い尾のような、この長い秋の夜を
私はただ一人でさみしく寝るのであろうかなぁ。)

当時はつるつるっと覚えたが、
山鳥、というものをちゃんとみたことがなかった。
柿本人麻呂のおっさんの絵はかるたに描いてあったが
山鳥の絵はなかった。

a0226853_20274845.jpg


おったわい。

舗装道路に。





なるほど。これが「長々し」尾な、わけです。

もともとこの句は恋のうたでもあるわけですが、
毎晩爆睡している小学校6年のときに、
この切なさを理解せよという方が無理。

子供のころのスポンジみたいな吸収力で機械的に覚えたことを

今、味わうように反芻できていることは
なかなか良いものです。

秋の山道でこの鳥に出会えてほんとにうれしかったです。


さて。
百人一首というジャパネスクな話から、

少し山道を険しく登ったところにいたのが
a0226853_2038104.jpg



相思鳥。(ソウシチョウ)


(相変わらずピントがあまくてすいません)

打って変わって外国からやってきた鳥です。
江戸時代あたりから日本で飼われはじめ、かご抜け鳥が増えて今に至る、みたいな。
特定外来生物に加えられているんですが、
メジロやウグイスを脅かしているといわれる以外、とくに悪いことはしてない模様。
(メジロやウグイスもあっちゃこちゃいるので、そんなに脅かされているのか少し疑問)

a0226853_20431392.jpg


それでもこういう特定外来生物なんていう仰々しい仲間に加えられたってことは
あれですね。
かわいいし目立つから。
もしこれが全身茶色だったり、雀と見分けがつかないカラーだったら
なんかうやむやな種類のまま、鳥好きの人の中だけで知られる鳥だったのでは。

美しくて目立つって、時々身を滅ぼすもとになるわけです。






私も気をつけなくっちゃ。








秋の山には紅葉以外にもいろんな発見があったのでした。

私は今夜も、いびきのでかいダンナを回避して
ちゃんと
長々し夜を ひとりかも寝む。
by yu-yu1117 | 2014-11-07 20:55 | 野鳥さん | Comments(5)

ブッポウソウ  ~美しき渡り鳥~

日曜日の雨の中。
吉備中央町に鳥見に行きました。
岡山市から車で一時間。

ブッポウソウ。

遠く東南アジアから飛来してくる鳥で、
日本で過ごす場所は豊かな里山を好むようです。
ただし絶滅の危機にある種でレッドデータブックに記載されている鳥です。

岡山のこの吉備中央町によく飛来するので
町をあげて、巣箱を設置したり子供も大人も総出で保護活動をされています。

まあそんな、ほんとに真剣に、この鳥を大切に見守ってる場所ですから
観察はできるけれども、
50m以上は近寄っちゃだめとか、20分以上おなじ場所にいちゃだめ、
と鳥を脅かさないためのマナーがたくさんあるので

巨大望遠でもない限りはっきり撮るのは難しいんですが
観察できるセンターの駐車場に車を停めて
車中から、へなちょこ望遠レンズだけこそっと突き出して撮ってきました。



それでも子育てに励むブッポウソウ、

いましたよ。


すべてブレッブレの写真なんで、ほんとにすみません。

最初からもう、あやまっときます。

逆にこの望遠、この雨天でちゃんと撮れてたらすごいマナー違反を犯したか、
ブッポウソウがこっちに勝手に向かってきたってなもんだから
これで良しとしてください。



a0226853_1285491.jpg


a0226853_12122097.jpg


今、巣箱の中には何羽かの雛たちがいます。

食べ物を運ぶのに一番いそがしい季節。
a0226853_1214453.jpg


夫婦で協力していて、近くに見張り役のパパだかママだか、どっちかがいます。
a0226853_12151771.jpg


大収穫。でっかいとんぼを捕まえて帰ってきました。


a0226853_12182936.jpg


激しく降り出した雨の中、またまたがんばって虫取りだぁい!








その間ゆうゆうさんはモンシロチョウを撮って遊びます。
a0226853_12234789.jpg








ちなみに、ぎゃぎゃぎゃっとなんか、かわいく鳴きます。
もっと怖い声かと思ったけど、警戒の声でなかったからか、
なにかお話をしているような、楽しい声にすら聞こえました。

ちなみにブッポウソウ、「ブッポウソウ」とは鳴かない、というのは有名な話。
コノハズクが「ぶっぽ~そ~」と鳴いたのを、
昔のおっちゃんだかじいさんだかが、このきれいな鳥がそう鳴いたのね、
と勘違いして名づけられたということ。

やっぱね。見た目っすよ。
見た目がいいと、人でも鳥でも、なんでも得する。

ちぇ。(なに)






翼がかっくいい。
カラスとバトルしても負けないオーラ出てるし。
a0226853_12242533.jpg


もうすぐ雛が巣立ち、8月を過ぎるころには里山から山へ移って

容易にはみられなくなります。

もう一度晴れた日に観にいきたいです。


a0226853_12251812.jpg



ブレブレ写真のお付き合い、ありがとうでした。
by yu-yu1117 | 2014-07-12 12:39 | 野鳥さん | Comments(8)

隣県の、のんき者

かつて岡山の地では
徴兵制度・・・ちがう。 鳥兵制度があったらしく、

鬼退治に行くと言っては夥しい数のキジたちが、
桃太郎に連れられて戦地に赴いたという・・・。


んなもんで、岡山でなかなかキジを見かけなくってさあ。


なのに、日曜日にひょろっと広島県府中市に遊びに行ったら、
国道沿いの、横にばんばん大型トラックが通ってるとこに



a0226853_1911034.jpg


おった。


びっくりしてないのに、

びっくりした顔をしているのは。なぜ。

a0226853_1915042.jpg


はずむ奥さん。


a0226853_1924756.jpg



食い続ける奥さんを、守るダンナ。

奥さん、ずっと食ってました。
a0226853_1945144.jpg



私らが気になったのか、

隠れ始めました。

もともと奥さんは地面の色と一体化してて
どこにいるのかすぐわからなくなるけど、

ダンナさん、その赤、異常に目立ちます。

ダンナさん、隠れても隠れても。



   まぬけ。
a0226853_195472.jpg



よくぞ鬼退治要員として任命されたなあと感心するばかりです。


なぜ府中市に行ったかは、

また今度・・・。
by yu-yu1117 | 2014-04-17 19:08 | 野鳥さん | Comments(10)