<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

わからないのは人の趣向と盆栽の善し悪し。

ブログも書かずに一週間地味に生活していました。

あ。もう一週間前の話になりますが、12月にオープンしたばかりの
三井アウトレットパーク倉敷に行ってきました。

感想ですか。あー。楽しかったです。

楽しく見て回りました

見て回るだけでは何しにきたのよ、ということで、
アディダスとナイキで、楽しくお買いもの。

ふと自分の買ったショップの袋をみれば、野球部男子の買い物袋となんら変わらない。

他にも何かいいものないかしらと思っていると着心地良さそうなブラウスがあって、
仕事着用にお買い上げ。

それがアーノルドパーマーのお店だったもんで

ふと自分の買ったショップの袋を再びみれば、
週末草野球・平日の夜はゴルフの打ちっぱなしのおやぢの買い物袋となんら変わらない。

女子的なワクワクを体感しに行ったはずのに、性別年齢不詳のお買いものをしてしまいました。
今度行くときは、お洋服とショッピングが大好きな、おされ女子と行こう。

(そんな友人はいただろうか・・・遠い目)


お買いものと言えば、今回ちょっといいお買いものをしました。
カメラのキタムラで、自分で写した写真をプリントして、クッションカバーにしてくれる、
というのを知り、

義父の誕生日に合わせて、のんたんの写真をクッションにして送ったところ、
すごく喜んでくれました。

ネット注文でできるので、トリミングしたり色調整もできるため、
置く部屋の雰囲気に合わせてモノクロで作って、いい感じに。

ただクッションよりもむしろ、義父の丹精込めた盆栽の写真をただプリントして
送ったほうを、かなり喜んでもらえたようで。
義姉曰く、「上手に撮っちょる」と、何度も写真を見ていたとのこと。

しまった。適当に撮ってしまってた。
盆栽がよくわからんので、どれが自慢の作品なのか、
どの角度がいいのかなんて、まるっきり考えずに撮っちまってたよ。
しかも山口県南部に雪が降るなんてことがめったにないのに、
その絶好の機会に立ち会っていながらまるっきり手抜きに(寒かったし)
撮ってしまいました。

ぜったいのんたんの写真のほうを喜んでくれると思ったのに
それってただの自分の思い込み。
というか、自分の好みとか、撮ってて楽しい方とか、そんな基準でした。

普段、自分が好きなものを好きに撮るならなんでもいいだろうけど、
おこがましくも「撮ったものを人に送ろう」などと思うなら
もっとしっかり相手の趣向に向き合わなきゃなあと思うのでありました。

お正月の写真なんですけど。

a0226853_9341774.jpg
a0226853_934324.jpg



↓ 玄関の人目につくところにあった松。
たぶん、こういうのが一番自慢の作品だっただろうけど、
背景がイマイチだとか思っちゃってこの一枚っきり。
角度や高さを変えればもっとちゃんとしたものになっただろうになあ。
a0226853_9345670.jpg


また春になったら芽吹くものもあるだろうし、淡い新緑の盆栽に再挑戦しようと思います。
by yu-yu1117 | 2012-01-28 09:54 | のほほんつぶやき | Comments(6)

ミコアイサ!!

↑ このタイトルをみて、
「ほおっ」
と思う人はおそらくかなり少なく。というか、いないかもしれず。

もともとワタクシ挙動不審なところもあるし、
心の置きどころもオカシイところがあるから、
ついに変なまじないでも唱えだしたか??

という方がほとんどでしょう。(ちがうか)

10月末のブログ
に、
「この冬ぜったい撮りたい鳥がいる!!」

と。書きました。
確かに私。書きました。
有言実行をしたくって書いたんです。

その鳥とは、池とか淡水と海水の間とか、
要するにカモのいるようなとこにいる鳥だったのです。
なので、ちょっと時間があれば、吹きっさらしの厳寒の池やら湖やら川やら海やらに

「ぼ~~~~~~」
と立つこと、休日の日課となり。

撮れました。


a0226853_212015.jpg


え?「どれ??」ですか。

a0226853_2151656.jpg


水におまるが浮いている?ですか?

ちがいます。

ええ。ちがいますよ。

またがってウン〇しちゃいけません。

a0226853_2164159.jpg


ミコアイサです。

巫女秋沙とか、神子秋沙とか書きます。

そしてこの子の通称が


a0226853_2174741.jpg


「パンダがも」。(笑)

カモより少し小さくてあまり群れなく、
魚とりが大好きで水にもぐってばかりで
なかなか見つけられません。
もぐってはあっちの水面からでてきて、
またもぐってはあっちの水面から・・・もぐらたたきの様相を呈します。

でも見つければ他の鳥と明らかにデザインが違うので
釘付け度倍増です。
カモのように冬鳥なので、11月から2月くらいまでしかみることができません。


a0226853_2183856.jpg


a0226853_21121255.jpg



ちなみにメスは、他のカモ類やアイサ類などと、私は見分けがつけられません。

一緒にいたから、この子がメスのはずです。



さて。
話は変わりますが、実はワタクシ十数年前から

けっこうな熱帯魚マニアで。

って、そんなこと地味にカミングアウトされても
対応に困るとは思いますが。
一応、心の中の「へえ」のボタンを2、3度プッシュしていただけるとうれしい。

よって、ずっと何かしら飼っているんですが

ここ数年、マイフェイバリットな熱帯魚がこちら。

a0226853_2185685.jpg


パンダプレコ

うちの子です。名前はありません。

5匹いて、全部見分けがつかないからです。
5匹とも「パンダさん」で通します。
プレコという種類は水底にずっとおとなしくいるものですが、
この子たちは幼稚園児のごとく、
「ひゃひゃひゃひゃ~~っ♪」と上下したり土管をもぐりっこしたり、
水草でかくれんぼしたり、
とにかく、とにかく、とにかく
かわいい。(^^♪

ちなみにですけど、

こんな子も飼っています。

もう10年近く飼ってて魚のくせにねずみ算方式で増え、

先代から数えると孫かひ孫の子です。

a0226853_2191138.jpg


ミッキーマウスプラティ。


お尻んとこがミッキーだから。

ゆうゆうさん、意外とキャラ物好きがバレた瞬間。

話の流れでワタクシのペット自慢で〆てしまいました。
by yu-yu1117 | 2012-01-17 13:40 | Comments(14)

闘う女のるつぼ

ちょいだらだら長ブログなんで、
私は該当しないわと思ったら途中で読み捨ててください。(笑)


ゆうゆうさんは性格が悪いので、
友達がどっさりいるわけではありません。
なのであちこちで友達に会っちゃあ
話を繰り広げてるわけではありません。

が、
まあ偶然なのでしょうね。
12月半ばから1月2日というわずか半月の間に、
まったくおんなじような悩みごとを3人からききました。
同じ年代という共通点だけで
それぞれその3人に接点などまったくないのに。

2人目の話を聞いてたら「1回目のデジャブか??」
と思い、3人目は「デジャブパート2か?」
と思い、ただただびっくり。


1人目、2人目は、仕事はやりがいがあるし、仕事そのものは好きなんだけど
かなり性格的・仕事の出来に問題のあるやつが中にいて、その人の尻拭いや、
悪くなった空気の立て直しなどに気持ちと労力と時間を費やして
家に帰って主婦業でへろへろ・・・という毎日の繰り返しに疲れ果てているもよう。

そのため、めまいに肩こりに内臓の不調にと病気のデパート状態。
で、病院に行けば
「ストレスですね~」で一掃。
原因はわかっていてもどうすることもできないし・・・

ということで、ただ私が話を聞いてあげても、
根本的に力になってあげることはできなくて、
もどかしい思いをしておりました。


んが。

1月2日。そう、義姉がその3人目。

もともとピアノの先生と、結婚式の司会という2足のわらじを履きつつ
未婚だけどじいさんの食事の世話とか、いわゆる主婦業をしていることには変わりなく。

けれど、2足のわらじは週1とか不定期にしか仕事がないため
コンスタントな仕事としてスーパーの品出しを始めたのが運のつきで、
もともと仕事がすこぶる手際よくしかも丁寧な人なので、
仕事がきつくて一番なり手のすくない部門に行かされたうえ、本来正社員がすべき、
「発注してね、在庫管理してね、商品の動向をまとめてね」
を丸投げにされ、それでも「できません」を性格的に言いたくなくて、
1人でためこんでおり、

で、実は昨年の盆に見事に私のいるときにぶっ倒れました。
そのときは原因がわからず、ただ単に睡眠不足と疲れがたまっただけ、
ということで1日たったら何とか元通りに働けるようになったんだけど、

それから秋になってもぶっ倒れること数度。
倒れたらもう起き上がることもできず、めまいもひどくて寝返りすら打てず、
「このまま死ぬんじゃないだろうか」
と初めて思ったそうで。

病院でいろいろな検査をして、でた結果が「ストレスからくる自律神経失調」でした。
そこで初めて、自分は何をやってんだろうと。

もともと別に夢だった仕事に就いたわけでもなんでもなく、
歩いて1分のとこにあったスーパーで
ちょろちょろっと仕事できるなら便利、のノリで始めたものがいつのまにかがんばって
「ちゃんと完璧にやらなくちゃ」と自分を追い込んでいたな、と。

・・という話を聞いて、義姉に
「実は年末におんなじような話を別々に2人から聞いたんですよ~」
というと、
「ぜ~ったいその2人に教えてあげておいて。命と引き換えにするような仕事なんてないからね」
とのこと。

ということで、このブログを読んでくれているであろう前者お2人に
義姉からのメッセージでした。

義姉は、辞めさせてください、と申し出たら案の定
すっごい勢いで上司軍団に引きとめられ、
部門の配置換えをしてもらえたそうです。

ただ、今まで義姉一人で抱え込んでた仕事を、
今、引き継ぎが3人で手分けしてやってるそうで。

だから誰かに恨み言を言われるわけでもなく
そうやってどうにかなっていくもんです。

部門が変わったら、嘘のように症状は

  「けろっ」

と治ったそうです。


たまたま私の周囲が志気の高いがんばり女子が多いのかもしれないけど、
身体を壊したら元も子もないってところだけは
まず忘れちゃいかんのでは、

そしてそのためには
「ストレスだ」とわかってる事態やその症状が出ているのを
そのままの状態で我慢するのは心身どちらにも相当ダメージがあるよね、
と思います。
がんばって乗り越えられること、ゴールがみえることには頑張れ!と言えるけど
「私が我慢すれば、私がフォローすれば」
は根本的な解決にはならないので、頑張る必要って、
もしかしてないのではないかな?と思います。

とか書いている本日も、また別の頑張り屋女子からの
ストレスになりそうなアクシデントに真っ向から対峙しているぞ~っという
旨のメールが入ってきました。

みんな頑張ろう。で、自分を可愛がろう。

抜くときは抜きましょう。ぼへ~~っと気も手も抜こう。


ちょっと文字ばっかの読みにくくてごめんちょ。
by yu-yu1117 | 2012-01-14 15:39 | Comments(6)

鳴かぬなら 春まで待とう  うぐいすさん。

先週の日曜のおさしんを、ぷりっとあっぷしときます。

a0226853_20551014.jpg


うぐいすだす。

うぐいすって、春の鳥とか思ってるかもしれませんが、留鳥だす。
冬は、ほーほけきょ、とか、鳴きません。

なぜかというと、1月とか2月とかに鳴いてしまうと

「こいつ空気読めや」

と、
KY扱いされるからです

なので椿の蜜とかちょっと吸ってみたりして冬を過ごします。

冬の鳥は

a0226853_2122814.jpg


ジョウビタキの男の子だったり

a0226853_2103555.jpg


女の子だったり。


近くにいたバズーカ砲所持おぢによると、
今年はジョウビタキさんがとても少ない、とか。

うんうん。
今年もすごく探してるのに、いないなあいないなあ、と思ってたんだよね。

気温の変化でしょうか。

また来てほしいなあ。
by yu-yu1117 | 2012-01-11 21:05 | のほほんおしゃしん | Comments(8)

家庭内ヘアスタイル論争

たとえば芸人、ピースの又吉なんかは、
髪型を普通にすると、めっちゃ男前だよね。

というのは、義姉と意見が一致した。

また、義姉の職場の人で、ずっとストレートのぺったんとした髪型の人がいたが、
ある日ゆるふわなパーマをかけてきたら、
びっっっくりするくらい似合っており、
社内騒然、大絶賛。地味な別人のようにかわいらしくなった、

・・・という話をしてくれた。

うんうん。あるよね、そういうの。

私の知人にも、ずっと前髪だけくるっと立ち上げた、
トレンディドラマ時代の浅野優子の髪をしている人がいて、
その人がいるだけで周囲の空気は昭和。
わたしもやんわり
「前髪おろしたほうが似合うかな?」
くらいには言っていたが、そこまで強く言える仲ではなく。
そこで彼女の親友レベルの人が、いやがる無理やり違う美容院に連行したらしい。

美容院から帰ったら髪が平成になってすっかりあか抜けて別人に。

うんうん。あるよね、そういうの。




なんで髪型について話をしたかというと。

お正月、ダンナの実家に行ったら、
玄関から知らない犬がでてきた!!!
a0226853_1148665.jpg


あんた誰!?

のんたんはどこ!?私の知ってるのんたん(←クリックで8月へ)は??

なんと、のんたん。
このたび美容院をお替えになったとのこと。

そんだけの理由なのに・・・・
a0226853_11532881.jpg

  ↑  びふぉー。




a0226853_1154159.jpg

  ↑  あふたー。
 


a0226853_120511.jpg

  ↑  びふぉー。



a0226853_1211153.jpg

  ↑  あふたー。



変われば変わるものなのね。
で、私は今回のアフター大絶賛!
こっちのほうが、顔がふてくされてないし、きりっとしててしかも小顔。
絶対いいよ!

なのに、じいさんは

「犬種がわからんようになった。こりゃヨーキーっぽくない」

と、もうひとつ気乗りしないらしい。

a0226853_1156970.jpg

もしかしてじいさん、さびしがってるのかい??

ほら、人間に例えるとわかりやすい。
ちょいとダサくてあどけない女子高生だった娘が、
大学に入った途端に化粧を覚えヒールを履いて、車に乗って出て行ってしまう・・・。

娘よ、あんなに幼かったのに・・・・

って、テキトーに言ってるんですが。娘もいないし、とーちゃんでもないから。

美容院を替えた理由は「この子は二頭身かね」と通りがかりの人に言われたのがきっかけだったらしいけど、
たしかに小顔になったらスタイルもよくなったように思います。

これは人にもきっといえること。
めざせ小顔。



さて夕飯です。
a0226853_12102751.jpg



a0226853_12105179.jpg

鍋にはとりあえず、とらふぐ投入!!


a0226853_12115971.jpg

これはただの鶏のから揚げ・・・ですが、
岩国自慢の「山賊焼き」のタレをからめています。
もうこれをからめるだけで料理抜群に
うまし!!
うちの家にも、義姉からわけてもらったり、わざわざ寄って買ってくるので、
冷蔵庫に切らしたことがない絶品たれ♪


a0226853_1220057.jpg

わさび漬けは親戚のお手製。
酒飲みにはたまりません!!



a0226853_121685.jpg

フグのアラは、塩と片栗粉だけでシンプルに揚げるのが一番。

ここで義姉の友人も乱入。
毎年乱入してくるので、私もすっかり友人に。
a0226853_12172556.jpg

    ねえ・・・。


a0226853_1217504.jpg

    あたしのは・・・。



・・・・。
後世は人に生まれてこようね。



a0226853_12443031.jpg

「よし。ボクは、まずは生き物として生まれてこよう」



a0226853_12383998.jpg

じじいピース、今年も絶好調!
by yu-yu1117 | 2012-01-07 13:00 | のほほんまんぷく | Comments(8)

青い鳥 2012

2012年、1月元旦。
白髪交じりのおっさんチルチルと、うすらトンカチなおばはんミチルは、
西に向かって車を走らせていました。
あ。もう一人、後部座席にいました。
長男のチル太郎です。
チル太郎は、「おじいさんにあったら、肩をたくさん揉んであげよう」
などとはナノレベルほども考えず、
「ふぐの刺身とフグアラの唐揚げがたらふく食べられるかな」
という希望のみで付いてきて、フグの夢でも見ているのでしょうか、
よだれをたらして半笑いで寝息をたてていました。

高速道路を少し早めに降り、海辺の道沿いを気持ちよく走っていると、
運転席のチルチルおぢが
「ああああ~あえあえあえ」
と、思いっきりわき見運転をしながら、海の方向を指差し、
危険運転によりセンターラインを踏んだ時点で、
ミチルはチルチルに快心の一撃を食らわしました。

ですが、チルチルがなぜあわてたのか。ミチルはこのパターンをよく知っています。
田舎道を走るときは、ほぼいつでも足元にスタンバらせているカメラの準備を始めました。

チルチルは具合のよいところでUターンをし、先ほどの場所へ戻ります。

防波堤とテトラポット、チルチルの騒ぎよう。

その鳥は青いにちがいない。

a0226853_9594313.jpg


        青い鳥でした。



a0226853_10502792.jpg



  イソヒヨドリといいます。


たいして青くないじゃん、下半身茶色じゃん、どこに目ぇつけとんねんこのボケカス、
とおっしゃる方もおいででしょう。

でもあ~た、この極寒の荒波の地を生活の拠点にしている限り、
そんなにズバぬけてマリンブルーの色してたら、
どっかで進化間違っちゃったとしかいえない。
これでいいんです。

a0226853_1004236.jpg


というのは、暖かい、海の青い穏やかな季節はもっと美しい。
そしてこの鳥は、さえずりも本当に美しい。

去年の夏、チルチルおっさんが市街地のマンション建築の現場に仕事で行ったところ、
空からそれはそれは艶のある歌が降ってくる。

見上げると骨組みしかできてないマンションの鉄筋にちょこんと留まったイソヒヨドリが
楽しそうにさえずっていたとか。

チルチルおっさん、少女のように目のキラキラさせて
「やっと見つけた、私の青い鳥さん」と言ったかどうかは知らないけれど。

イッツ・メーテルリンクワールド。

このイソヒヨドリは、市街地のビルなどを、
本来の住処である岩壁に見立ててやってくることもあるそうです。

元旦から青い鳥に出会えるなんて。
なんかの暗示でしょうか。

この物語のテーマはなんでしょう。
「高速道路は早めに降りろ」でしょうか。
ちがいますよね。
「わき見運転はやめましょう」
確かにそうですが、標語みたいで、どうなんだ。

メーテルリンクの「青い鳥」は、チルチルとミチルが青い鳥を探しに行ったけど結局見つからず、
家に戻ったら、飼ってた鳥が実は青い鳥だった、ちゃんちゃん♪
幸せは実は身近なところにあるんだよ、
というのが一般的なテーマ解釈だそうですが。

だからといって、一生リラックマみたいにダレててどうする。

お金がほしけりゃさあ働け。
泣くのがいやならさあ歩け。(by あおい輝彦)
青い鳥をみつけたければ、さあ動け。
脱・リラックマライフ。

あなたの青い鳥はなんですか。
それに向かって動いていますか?

   ↑(私が語りかけても説得力ね~な・・・)

a0226853_10375198.jpg


0時0分はサイテーな幕開けでしたが(前項参照)、

この一件で完全にポテンシャル持ち直し、幸先のよい元旦になりました。
by yu-yu1117 | 2012-01-07 10:55 | Comments(0)

あけました♪ サイテーなかたちで。

あけました。

あけてからもう4日もたっているので
今さらごあいさつもなんですが、
今年もよろしくおねがいいたします。

皆様、どのようなかたちで、年明けの瞬間をお迎えになりましたでしょうか。
寝てしまった方もいらっしゃるでしょう。
飲んだくれてしゃべってる間に迎えてしまった方もきっと多いことかと。
家族で楽しく歓談しながら迎えられたら、幸せですね。

わたくしの理想はというと、
できれば除夜の鐘に耳を澄ませつつ、
往く年の反省とともに、来たるべき年の抱負などを胸に刻みながら
その瞬間を迎えたい。

が。
自宅リビングで一人、
「ガキの使い~」をみながら、
しかもとってもサイテーなかたちで迎えてしまいました。


ちょうど0時前くらいに、私がお茶をごぶっと口に含んだとたん、
浜ちゃんがめっちゃ面白いことやって。

さあ、そのお茶どうする。
噴き出しそうで飲むに飲めない。

うぐうぐどうにかして飲み込もうとしたら、
案の定、喉のY字交差点を、食道方面でなく
気管方面に向けて猛進。

とうぜん咳き込んでカップとフロアに、お茶をげぼっとリバース。

ついでに年越しそばもちょっとリバース気味になったので

「こんなくだらない理由で嘔吐に持ち込みたくない」
と思い我慢。

それでも咳き込みが直らないどころか
「次CMになったらトイレに行こう」
と思ってた矢先だったので、咳の拍子にちびりそうになって
急いでトイレに。
トイレから戻ってお茶の吹っ飛んだ床を拭き拭き。

拭き終わって
「ふ」
と時計をみたら0時5分でした。

どの瞬間が0時0分だったかはわかりません。
「ちびるっ」
と独り言を言った瞬間かもしれません。

どうしよう。
もうこんなに大人なのに。
自分の年の越し方の面倒もみれないのか。

小学校の時、2つ上の兄が
ぴよ~んと飛び上がって

「年を越す瞬間に、俺地球におらんかったわ~~」

を凌駕するくだらなさを、
半世紀近く生きてきてやってしまいました。

くだらないこんな私ですが、よろしければ見捨てないでください。

年末ネタ・年始ネタはぼちぼちアップしていきます。
by yu-yu1117 | 2012-01-04 17:21 | のほほんつぶやき | Comments(10)