<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

気付く。 とつぜん朝に。

毎朝、同じ時間に、同じ玄関から外へでる。

そうするとときどき、「あっ」とたじろぐくらい

季節がチェンジしたことに、気が付くことがある。

気が付くというより五感のうちのどれかひとつが
一瞬でそれを掴みとる。

そのあとに、違う感覚が追いつく。
最後に脳がようやく
五感が騒ぎててている意味を解釈する、と言う感じ。

それが昨日、それだった。

玄関から出たら、夏だったので、ほんとうにびっくりした。

陽射しが真夏のそれと一緒だったから。
それまでは、なんだか春のうららかさを引きずり、優しさだってあった。

昨日は「容赦しません!!だって夏なのだから!!」
という陽射しが朝の8時半かだ降り注いでいた。

昨日の場合は挑戦的な陽射しにびっくりしたのだけど、

ずっと結ばれていた空気がほどけて、立ちのぼってきたときの場合もあるし、

風の冷たさに尖りができたという場合もある。

四季というのは流れるようにうつろいゆくというし、
太陽や地球の自転公転だって
犬の散歩みたいに立ち止まったり走ってみたり
気まぐれで動いてるわけではないのに

やっぱり季節はときどき「ことん」と音を立てて変化をみせていると
時々思う。

五感が弱っちゃった人間だけなのかなあ。
気が付かなかっただけなのかなあ。

自然のいきものたちは、とっくに小さな流れを
いつもいつも感知しているのかもしれないなあ。


その、ぺっかりと青い空を割くように
ツバメのかあちゃんが帰宅してきた。

今、うちの真正面の家で、ツバメが巣をつくり子育てしている。
4羽生まれたそうだ。

毎朝、子ツバメのうるささにワクワクする。
ときどき我慢ができずに、庭先まで不法侵入して
子ツバメの、うすく透けたピンクのクチバシを見て
満足してから仕事に行く。

草木が茂って鳥がかくれてしまって
なかなか撮れないけど、

カワセミは今日もいました。
a0226853_9345240.jpg


a0226853_9324884.jpg

a0226853_9325951.jpg


a0226853_9331353.jpg


a0226853_9253815.jpg


夏も歩けば、被写体にあたる

・・・・かな?
by yu-yu1117 | 2012-06-30 09:45 | のほほんつぶやき | Comments(8)

いちじちがいくらい、きにしない。

次男が「おみやげをもらった」
と、北海道のおみやげで

「黒い恋人」

というクランチチョコをもって帰ってきた。

黒って。

一字違いで。


そういえば大阪で「面白い恋人」ってのを出して本家に文句言われたそうだけど
どうなったのかな。

ともあれ黒い恋人はちょっとわけありで、ナンですな。

暗い恋人は、どんよりしそうだな。それもやだな。

グロい恋人とかできちゃったら、R18指定のチョコかな。(さあ想像してみよう)


チャらい恋人、よくいますね。
ちょろい恋人。もうわけがわかりません。


一字違いというと、
別に今朝は暗い気持でもなかったのに、新聞広告の

「ネガティブな英会話をいっしょに・・・」
というのを読んで、誰が行くんじゃそんなもん。

と思ったら、そう、みなさまご想像通り、ネイティブだった。



やはり人は明るく生きなくちゃいけません。

話しは変わりますが、お祭りで、みんながわんさか集まって踊ってる人とかを

あんまり撮りたい!!という信念みたいなのが
ありません。

「撮っていいんかな?」
というのが先にくるんで。
家族友人はともかく、他人を撮るというのは
気を使うし、
撮った途端に寝ていた虎を起こしたみたいに
「何撮っとんじゃあ」とか言われたら嫌だし。
(臆病者)

それと有名なお祭りなんかは「ドヤ顔三脚つきバズーカおやぢ」たちが群がってて

なぜか彼らは、ケータイやコンデジで撮ってる人には寛容なのに
デジイチの初心者向け、を持ってる人間に対して、やたらうるさがる輩が多い。

きっと私をはじめとする厚顔無恥な人間に苦い思いをさせられたことがあるのだと思うが、
別に前に出てるわけでも、邪魔してるわけでもなく、
カメラ持ってるだけで白い視線をむけるのはやめてほしい。
白い視線はよくて、黒い視線ならいいのか。
グロい視線ならどうなのか。

ああ。もうやめましょう。


これはもうブログにのせちゃってもいいんでしょう。

バズーカおやぢたちはもっと大きなイベントに流れたようで、

ここ、小さな道の駅で、こぢんまり行われてて、
カメラマンは10人くらい、そのうち半分は参加者の知り合い、みたいなイベントでした。

田植えの直前のこのアホみたいに楽しい祭り、
あちこちで行われてますが私は好きです。


a0226853_19305818.jpg
a0226853_1931195.jpg
a0226853_19314019.jpg
a0226853_1932395.jpg
a0226853_19322323.jpg



勝者はこの道の駅のとなりの「イチゴ狩りチケット」を無料でいただけるという、
なんかもう、なにもかもがかわいい。楽しい。いとおしい。

卒論のテーマが決まらないあの子も
内定の電話が一本もこないあの子も
暗い恋人からまったくメールがこないあの子も
(かなり私の妄想枠)

みんなネイティブ、ネイチャーになってただのやんちゃな子たちに戻り、
見てるほうも楽しかったし、
撮ってる人も縄張り争いとかなかったし。

それより私のジーンズにも泥被害が及んで
「びゃあああ」とか私がゆってると、
それもみんなに笑ってもらって、
まあそれもいいじゃん。

とてもじゅうじつしたじゅうじつ、ちがう、とてもきゅうじつしたきゅうじつ、ちがう、

とても充実した休日でした。
by yu-yu1117 | 2012-06-25 19:49 | のほほんつぶやき | Comments(14)

逃亡生活は無理とわかった日

先日の後日談。

日曜日に行ってまいりました。
市民オケのコンサートと、そのオケをバックに友人のコンチェルトを聴きに。

まずは高知から小マツコが駆けつけたため、
岡山駅までお迎えに。
私へのおみやげ「塩けんぴ」を手にぶらさげて待っていた小マツコと笑顔で最下位。ちがう、再会。

そのあと「あんたの運転はこわい!」とさんざん罵られながら
目的地に到着いたしました。

詳細は省きますが、
演奏会はとにかく良かったです。
オケの出来もすばらしかったですが、
友人のコンチェルトは、素人時代のかけらも無いくらいの
美しさ。
光の糸が流れてるみたいな敬虔な気持ちになれるメロディーラインに
ゆうゆうさん、思わず感涙。

感涙のあとは
楽屋にお疲れ挨拶をしに行き、感動のご対面。
のつもりだったのに。

小マツコは
「ゆうゆうってば感動して泣いてるんだぜ~~っ!もう信じられん!」
とかバラすし、友人は
「いや~~、学生時代はゆうゆうんちで、しょっちゅう夜中までクダまいたよね~」
とかくだらないことを語りだすし、
しっちゃかめっちゃかに。


ところで。


私は過去の自分が嫌いなため、同窓会とか
ほんっと、行かないやつで。

私の学生時代は

その1 性格がわるくて
その2 成績がわるくて
その3 素行がわるくて


まっとうな人間ではなかったのです。

なのでその頃の友人には、
限られた友人には会って話やらお詫びやら
いろいろしたい気持ちはあるけど、
幅広くクラスメイト的な人にはあまり会いたくないと思っていたのです。

が!

「ゆうゆうさん!?」
とあっちこっちで声をかけられることに。
そして決まって、
すぐわかったよ!変わってないよね。と。

おそろしいことに、5人、
四半世紀を超えた、この顔に向かって「ゆうゆうさん!?」
と声をかけられたのでした。
声をかけてきた人たちは
ほとんど当時でもあまり話をしないような仲良しでもなんでもない人だったのに・・・。
なのでこっちとしては「面影はあるけど名前はまったくわからない」
人たちでした。


変わってない、というのは同窓会的に言えば、
「若いままよね」
とか、好意的な受け止め方も、ひとつにはあるけど

なにしろ私は
性格がわるくて
成績がわるくて
素行がわるかったので、

「変わってないってどうよ」
という複雑な心境に。

その頃はほんとうに服とかどうでもよくて

Tシャツ一枚にしても、
中学のとき母が買ってきた、胸のあたりで猫が三匹縄跳びしてる絵がついたやつ、
擦り切れてるけど着れるから着てますけど何か、
とか、
コミック雑誌の懸賞で当選した、雑誌名がでかでかと書かれたTシャツとか着て
授業に臨んでいたし、

夏の夕方だから、というだけの理由で
「下駄」を履いて学校に行って、足音がうるさいと怒られたりしていたので。

と、ここまで自分で書いてて、
性格とか成績とか素行とか生易しいものでなく

頭がぬるいだけの人だったんだ私。

って今、改めて思った。

「変わってない」

というのは、もしかしたら

「この方、きっとまだお子さんの参観日とかに、
猫の縄跳びTシャツ着て、下駄履いて行ってる」

感があるのではないかと。
生まれ持った天性のぬるさがまだ消えてないのかも、と。

そんなに簡単に私の顔と名前が出てくるというのは
「よっぽどほんとに私は変だったのね」
ということが改めて浮き彫りになり、

今日は悪いことなんか何もしてないのに
挫折感を味わってしまったのでした。


a0226853_23214443.jpg

真ん中がプロの奏者。左が小マツコ、
そして、もう猫のTシャツも、下駄も履いてないゆうゆう。


市民オケのメンバー(コントラバス)で、同じく学生時代の友人と。

a0226853_231103.jpg


これは3人のほかに、心霊写真もオプションで。
いるでしょ? でっかい小マツコの肩に、
手乗り文鳥のようなおっさんが。


いや~、心霊写真ってけっこう、フツーにとれるじゃん。


結論。

もし、どっかの真理教の人みたいに、若い頃犯罪を犯して
そっからどんだけ逃亡しようとしても、

「ゆうゆうさん?!変わってないね!」
ってすぐ見つかっちゃうんだろうね。私。

潜伏生活なんて、
到底無理ってことか。

いや。別にしたいわけじゃないんだけどさ。
by yu-yu1117 | 2012-06-19 00:32 | のほほんつぶやき | Comments(10)

なぜか芸術月間

今月は友人のコンサートがふたつあるという
個人的芸術月間でございます。

ひとりはもう済んだのですが

友人主催のコンサート


続いて明日は

こんなの

楽団員ではなく、オケをしたがえてのコンチェルト。つまりゲストです。
学生時代の友人ですが、当時から「志」がまるきり違っていました。
卒業してしばらくして留学したと聞いて、
「だよなあ」
と口を半開きにして感心しているうちに
あれよあれよと活躍を広げていきました。
ダンナさんは学生時代から付き合ってた先輩ですし、
一歩一歩の確実感がみえるようです。

いやいやいや。
こんなすばらしい友人ばっかり持っていて、

なぜ私はこんなへろへろした人生を送っているのでしょうか。(チャラ涙)

a0226853_1031148.jpg


たましいの甲羅干しが必要かもしれません・・・(昇天)
by yu-yu1117 | 2012-06-16 10:40 | のほほんつぶやき | Comments(6)

論点がちがうんじゃないか。

たとえば。

独身の女友達がこう言ったとしよう。

「私のカレシ、とても変なの!」

ほう。どこが。

「靴の選び方がとても変なの。
 きちんとしたスーツなのに、スニーカー履いたりするの!
しかも、真冬にビーサン履いたりもするのよ!」

なるほど。
それは変だ。

「あ、写真がある、みせてあげるね」

と、見た写真、
たしかに靴のチョイスは、イマイチだけど、
それよりそのカレシのヘアスタイルが、
腰まである金髪で
しかもみつあみしてあって、ピンクのりぼんであしらえてあったら。


「論点がちがうだろ」

というんじゃないか。
その髪の善し悪しや好き嫌いはともかく、
靴の場合じゃないだろ、と。

そういう話です。


a0226853_1856056.jpg


柏葉あじさい。

葉っぱが柏の葉っぱのようだから、だそうだ。

確かに柏餅のあの葉っぱだよね。

って。
そこか!?
あじさいだろ。
花の形に着目しようよ。

a0226853_1855916.jpg


これを見てまず真っ先に、
「あじさい?へ~~葉っぱの形が変わってるね」

っていう人、まずあなたの着眼点に敬意というか、
ある種の才能を感じるね。

あ、この柏葉あじさい。

去年、通称あじさい寺にあじさいを見に行ったところ、
手にすっぽりおさまるような
「ティーカップ柏葉あじさい」といえそうな苗が売ってあり、
だんなが一目ぼれして購入。

一年たってすくすく成長し、かなりご立派に。
a0226853_18545734.jpg

先々週、フリマで手作りで非常に丁寧で頑丈なつくりの椅子があり、
購入。
「子供用のいす」と書いてあったけど。

花台としてね。

子供、すわりません。
すわれません。
身長170センチ以上の子供にはいろいろと無理があります。


さらに知らない間に、庭にホテイアオイが・・・。

「買ってきたよん♪」とダンナ。

ボーフラ養殖する気かゴラァ。
a0226853_18561627.jpg

by yu-yu1117 | 2012-06-12 23:01 | のほほんおしゃしん | Comments(8)

本日のニュース。

まずは本日のニュースからお伝えします。

今日、就業中にもかかわらず業務を放棄し、
従業員の女が戸外へ出て行くという事件がありました。

本日午前10時ごろ、
朝の掃除を終えて就業に取り掛かる時点で従業員の女、
ゆうゆう(自称35歳)が日蝕観察用めがねを持って戸外へと逃走。

金星の日面通過をうれしげに眺めた後、
そばで玄関掃除をしていた後輩のまあちゃんにも
「見ろ」
と強要。
上司に逆らえないと感じたまあちゃんは強引に渡されためがねを使用するしかなく、
「わあ♪」
と言ってみたということです。

さらにこのあと、別室で業務に従事していた女性従業員ゆみちゃんまでも
強制的に外へと連れ出し、
おなじく「さっさと太陽を見ろ!」と強要。

動揺したゆみちゃんは、西の空をみあげて太陽を探してしまったため
「バカボンか!」
とゆうゆうからの強いツッコミをうけたとのこと。

ゆみちゃんは
「こわかった。こうするしかなかった。
バカボン発言にたいしては、名誉毀損を検討している」
と涙ながらに語っていたとのことです。

一方ゆうゆうは
「仕事中だとはわかっていたが、見たかったから。
早くしないと社長がやってくるので
来ないうちに盛り上がろうと思った。
思ったより盛り上がらなかったので落胆している
バカボン発言に対しては悪かったと思っている、
しかしそれをいうなら、バカボンのパパだったのだ。これでいいのだ。」
と供述しているということです。


さて。

続きましては、
季節の話題です。

a0226853_23293448.jpg

         (ケータイ写メ)

今年もこの職場でスパティフィラムが咲こうとしています。

植物を担当しているのは従業員ゆうゆうさん。
「株分けをして4年目くらいですが、水遣りと液肥、日当たりにはいつも気を遣っています。
毎年、その成果がでてうれしい」
と語っていました。

会社の植物は、みなゆうゆうさんが担当しているのでしょうか。

「だって。だれもやらないんです」
と寂しげに語るゆうゆうさん。

「何しろ花が咲いたことにすら誰も気づいてくれないんです。
っていうか、社長、☆イオンズクラブから毎年デンドロビウムをもらってきては
私に世話を丸投げするのはいい加減やめて欲しい。
北窓で蘭を咲かせる手を持ってたら今頃そっちの職業でセレブになっとるわい!
あと月に一回くらいしかこない社長の奥さん
、かわいかったからってサボテンとか買って持ってきて
どうするつもりやん。ゆみちゃんがよくわかんなくて水を毎日やって、
竹の子の水煮みたいにしてたぞ!それから・・・!!」
と熱く語るゆうゆうさん。

・・・・今後も楽しみですね。

続いて天気予報です。明日は槍が降るでしょう。
by yu-yu1117 | 2012-06-06 23:29 | のほほんつぶやき | Comments(11)

弘法も誤まるし 猿も落ちるし サギも・・・ 



a0226853_10495486.jpg


a0226853_10494814.jpg


a0226853_1050331.jpg


a0226853_10504188.jpg


a0226853_10555740.jpg


      
        ・・・ 載せました。
by yu-yu1117 | 2012-06-02 11:11 | のほほんおしゃしん | Comments(12)

ポピーの花びらはティッシュのごとし。

お前に言われなくても知ってる、といわれそうですが、

6月です。

また蒸し暑い季節がやってきて、それは何か月もずるずると続くのであろうなあ
と思います。

そんな中、

風邪をひきました。

冬のインフルエンザの大流行の中、
往年のストイコヴィッチのように、悠々とウィルスという敵をすり抜けてきたというのに、
今さらの鼻風邪です。
「鼻セレブをプレゼントしたい」
と言ってくれるまあちゃんに感謝しつつも

「レオハウス」と大書きもされ、
しかもご機嫌なクレヨンしんちゃんの家族がさわやかに描かれたティッシュ箱(しかも大容量)
を脇に置いて仕事をしました。
事務所のデスクにクレヨンしんちゃんティッシュ。
鼻をたらしながらほのぼのとしました。なんとなく。

先々週のことを今さらですがアップします。

笠岡干拓地のベイファーム。


いや、ここすごいです。
昨年の夏にひまわり畑とその隣に道の駅をオープンさせ、
こんなド田舎の道の駅なんて、ひまわり畑が済んだらツブレルよね。

って言ってて。コスモスの季節にまたコスモス畑、どぉ~ん。

冬を越して菜の花畑、どぉ~~ん。

そして今回、ポピー畑、どぉ~~ん。
a0226853_15214599.jpg


全部制覇しましたが、次は何?と楽しみになってしかたがない、
町おこしの一環かもしれないけど、
広大な土地を活かしての見事なパワーとエネルギーに頭が下がります。

a0226853_15205745.jpg


a0226853_1521235.jpg


ここに来るまで、ポピーって、
「しょせんポピーじゃん」
という気持ちがないわけではなかったんですが。

だって道っぱたにさいてるポピーってば、

「しょせんポピー感」、けっこう出てるじゃないですか。

ところがこんなにいろんな種類があるんだなんて。
知りませんでした。

a0226853_15554974.jpg

そしてそれらが集まるとこんなに美しいなんて。

a0226853_152466.jpg


ところでダンナは

ポピー図鑑でもつくろうかってな勢いか?

a0226853_15363898.jpg

a0226853_1538888.jpg
a0226853_15375577.jpg
a0226853_15383632.jpg


ポピーに八重咲きがあったなんて。
a0226853_15372332.jpg

一生懸命なのはわかるけど、
ストラップがフレームインしてるのに気付かないのは
おそらく花に集中しすぎ。
写真としては注意散漫。
a0226853_15423550.jpg

つまりは、写真というより花が好きなのでしょうね。

それでもデジカメを持たせてから、
よい子で一人で遊んでくれるので私も楽です(笑)。

ときどき
巻き込まれるけどね。
a0226853_1549658.jpg

by yu-yu1117 | 2012-06-01 16:00 | のほほんおしゃしん | Comments(2)