<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お壊れになりました。


夜中に

「とつーん」

「とつーん」

と。


私の眠りを妨げる音がして、
おそるおそる目を開ける。

それは、部屋の中から聞こえており

私のすぐ、頭上から、振り降りてくるように、
その音が。

「とつーん」

と・・・。


きゃああああ!!


って。まあエアコンのフラップがこわれて・・・。

「スイング」に設定してたけど
ノリが悪くなってたのかスイングしてくれず、

上に上がり切らないで力尽きて
「とつーん!」
という音と共に
落っこちた音だったのだけど。

もうあちこちにガタがきてるエアコンだったので、

今日、買い替え決行。

お店の人によると、
エアコンの寿命って10年だってさ。

しらんかった。

この「とつーんエアコン」も、
調べたら93年製だって。19年ものでした。

数年前まで木製のエアコンなんてのも使ってたし。


ただ車なんかも、年数より走行距離が寿命の決め手なわけだから、

北国の山間部の家と、毎日35度超えの街に住んでる家とじゃ、
やっぱ違うよね。



ま、そんな話はどうでもいいんですが

自然が作り出すエアコンが一番です。

って滝を見に行ったら

これが激暑。

a0226853_19232535.jpg


むううううん!!っていう暑さでした。
暑さに「蒸し」が加わったため、
焼売の気持ちが少しだけ理解できました。


しかも前日豪雨も降ったとのことで、
濁流。

涼やかさ、かけらもなしです。


ただ緑が蒸された匂いっていうのは
どっか懐かしくて、
なんだか子供の頃のちょっと冒険がてら入っていった
神社の裏手なんかを想記させます。



a0226853_192372.jpg


あと一ヶ月半くらいですかね。
長いな~、夏。

無事にみなさん、がんばりましょう。(´△`)
a0226853_19233660.jpg

by yu-yu1117 | 2012-07-29 22:25 | のほほんつぶやき | Comments(10)

うさいん・ぼるとんぼ。



五輪、間近!!!!
a0226853_19273250.jpg


        練習熱心ですね。でも、

        フライングしちゃ、だめよ。



a0226853_19271417.jpg

by yu-yu1117 | 2012-07-27 19:37 | のほほんおしゃしん | Comments(2)

カメには カメなりの 「のび」がある。



       ん!!!
a0226853_19172668.jpg

 


      うんんんん~~~!!

a0226853_19181843.jpg


   はううううう~~~~ん!!!
a0226853_1919456.jpg


なんか、カメがうらやましいと思ったひととき。
by yu-yu1117 | 2012-07-27 19:26 | のほほんおしゃしん | Comments(6)

洗濯ババア、ツバメかーちゃんに問う。


情けない話だけど、
いまだに私は家族4人分の洗濯をしている。

家族っつったって、今住んでる現住所にはもう夫婦二人だけしかないのに・・・。



まず、長男。

冬に洗濯物が乾かないとかなんとかいうので、

洗濯屋けんちゃんのように(って知らないけど)
洗濯物を取りに行って洗濯してまた届けるというサービスをちょっとだけしたところ、
癖になってしまった。

やれ梅雨だ、やれ忙しいだで、
洗濯屋けんちゃんになる私。

恒例化してしまって、当たり前のように
一週間分くらい溜めちゃって持ってきたりもする。

風呂に入るが好きじゃない20代の男の、
一週間前に履いた靴下の、どれだけ芳しいことか!!

普段は「無添加さらさ」を使っているけど、そんなもん瞬殺。

「仕事着洗い」の洗剤使って、ワイドハイターを、じゃっぽり投入。

仕上げはかわいいくせしていい仕事する小熊のファーファやら、
節操のないワイルドな香りのダウニーで
とりあえずごまかす。

西洋人が体臭を誤魔化すのにきつい香水をつけるというけど、
ま、そんな感じで。


で。

次男。
こいつも独身寮というものがありながら、
毎日のように帰ってくるってどうなんだ。

今朝も。

なんだか洗濯機の中が異常に盛り上がっている気がしたけど
とりあえず洗濯してみたら
濃紺の、剣道着の上下が奥底から出てきた。

私の、広告で「ローラ」が着ていた洋服のはるやまで買った白いブラウスが

江戸初期から伝承されている藍染の手ぬぐいみたいな
風情を醸し出す一品に変貌していた・・・。

次男は、剣道の稽古も仕事の一環であるというような
ふざけた職業に就いているので(違?)

ときどき洗濯物になんじゃこりゃみたいなものが入っていてびっくり箱みたいな状況。

毎日のように「腹が減ったわ~」

と言って帰ってきて食卓で口を開けるので、
夕食、とかいうものを出してやったりする。

で、朝になるので朝食、とかいうものも出してやったりする。

「出ていけ!」
と言いたいそのタイミングのちょっと前に
アサヒスーパードライ24缶入りを二箱肩に担いで
帰ってきて、(だてに身体鍛えてないってか)
「いつもお世話になってます~~」なんて言うもんで

ついついありがたがる私・・。

発泡酒だったらもうちょっと強く出るけど、ビール2箱はうれしいよな。
ついつい剣道着も洗ってしまってブラウスを藍染にしてしまうわな。

だけどなあ。

だけど。思い描いていた「子育て卒業」
とまるっきり違うんですけど。

遠い目をして、空を見上げる・・・。

つっても家の窓から外を見たって
電線がぴろ~~んと伸びているだけ。

そこにツバメが。


あ。

うちの正面の家のツバメの子、4羽が
なんと無事みなさん。成長して巣からとんだのよ!!!!
a0226853_1935545.jpg



電線にとまっていると、どれが親でどれが子だかわからないけど
飛べばすぐわかる。
まだ飛び方がへろへろへろっとして、電線につかまるのもおぼつかない。

まだほんとにこのご近所しか飛べなくって、
へんなとこにとまったら
つるっとすべったりして、

だからうちの周辺の電線で「おもしろツバメ劇場」が繰り広げられている。

a0226853_1935968.jpg



ずっと巣にエサを運び続けていたツバメとーちゃん、かーちゃん、
本当にご苦労様。

子供たち、みんなちゃんと育ったね。

でもどうなんだ。
飛べたからってまだ危なっかしいんですけど。

もしかしてツバメかーちゃん、
まだ子供のエサなんかも捕ってやったりとかしてる??

いつになったら完全に子育て卒業?

季節がきたら、みんなで南に移動するんだもんね。
あまやかしちゃいけないし。
でもまだ見守らなきゃいけないし。


a0226853_19354622.jpg



ツバメかーちゃん、どう思うよ。
ストレスたまってたらさ、
スーパードライで一緒に飲み明かさねーか??
a0226853_19334465.jpg

by yu-yu1117 | 2012-07-25 20:19 | のほほんつぶやき | Comments(4)

つる萌え♪





連休はみなさん、楽しく過ごされましたでしょうか。

連休と言えば、老人ホーム。(なんでや)

とりあえず連休というとどちらかの実家に行くんですが、(日帰り)
鳥取に行ったら36度超えてました。
せっかく行くのだし寄り道しようとか言ってたのに、
暑すぎてもうどっこにも寄れなくて根性なしの一日になってしまいました。





写真もないので、

自分ちを撮ってアップ。

つるに萌えてる今日この頃です。


つるはつるでも、
鶴ではなくって、蔓。



きゅうりやゴーヤを植えてみたら

なんかもうすごい勢い。

きゅうりがユニクロならゴーヤはしまむら。
もういつ行っても駐車場いっぱいよ、のような右肩あがりで伸びています。


a0226853_1856046.jpg

しがみついて、ぐじゅぐじゅなさまに

萌え。

a0226853_18562321.jpg


しがみつかなきゃ生きていけないのという
必死で か弱い姿に
萌え。





私はこんな感じのケータイストラップを持ってる人を
数人知っている。  
a0226853_18564278.jpg




さて。


イチゴも植えてます。
プランターに一株程度ですが、
早々とできてます。

いちごの花も萌え♪
a0226853_1857726.jpg



で、できたイチゴ。

見た目はイビツだけれど・・・

味は、甘・・・・いや。

a0226853_18574239.jpg



すっぱ!!


見た目悪くて味は酸っぱい。

人間でいえばブスで性格も悪いって???

いやあ。それがマニアにはたまらんのよ~~♪ (ポジティブ)

a0226853_1858525.jpg

現在の玄関の花。

あ。私のお仕事は「花の種類を選んだ」と、
「花がらが風で飛んだらたまに拾う」。だけ。

うちのだんな、ゼッタイ、天職を間違えたとおもうなあ・・・。


 
by yu-yu1117 | 2012-07-17 19:21 | のほほんおしゃしん | Comments(12)

高いところはお好きですか?

自宅から車をとばせば、

30分もすれば、瀬戸大橋を渡り香川県に入れることくらい、
本当は知っていた。

そこから、さらに1時間走らせれば、
愛媛にも、徳島にも、高知にも足を踏み入れられることも、

つまり四国、すべての県に、一時間半で入れることは
うすうすながら知っていた。

知っていながらその発想を封じ込めていたのは。

そう。料金よ。

瀬戸大橋ができた当初から、ただ渡って帰るだけで一万円以上、
というのがずうっと擦り込まれていて、

そこから高速を使ったままなら、さらなる高速代の上乗せ。
四国のどっか観光をしようと思ったら、道代だけで2万円くらいかかる・・ということに。

近くて遠いとはこのことよ。

けど最近の土日は橋を渡るの、高速代も格段に安くなって。

小市民、うれし涙。


徳島に足を踏み入れました。
車で一時間半なんて、もうなんかご近所だったのねと驚くばかりです。
まともに徳島県、行ったことなかったように思います。

と言っても今回も、タウンに行くのではなく、山ン中。


大歩危駅でトイレを借りたら、
ちょうど電車が。

a0226853_1039259.jpg


ぷりてぃ~~♪

束の間でも鉄子になろうと思った途端に行ってしまいました。
a0226853_10433954.jpg

にわか鉄子にすらなれず。

そう、今回は大歩危・小歩危、この渓流を見てみたくて。
四国の川の美しさは、四万十川で惚れて以来忘れていません。



平家一族の哀話を秘める、かずら橋。

シラクチカズラというかずらで作られているそうで、昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設だったとのこと。


a0226853_10484878.jpg



このかずら橋、そうとう、怖い。

らしい・・・・。

a0226853_10495036.jpg


話しがはずれますが、
私は、細長~い塔(具体的にいうと香川県にあるゴールドタワー)に昇ったとき、
ぽっきり折れて倒れてしまう感覚に襲われて、
勝手に高所恐怖症のケがあるのかと思ってました。

だからスカイツリーなんかも、観てはみたいけど、上りたいとはちっとも思えなくて。

余談ですが京都タワーは、土台がデパートでできてるのでちっともこわくなかったんだけど・・・。

a0226853_10552636.jpg



でも、今回、
私は一般的に言われる高所恐怖症ってのではないのだと思いました。

a0226853_10563567.jpg

              (ダンナ photo )
走れと言われれば走れるし、ジャンプだってできそうです。


この橋を渡るのに500円も払うんで、楽しまなきゃ損です。
(それは修繕費に使われるそうです)

怖くて前に進めなくなってる人に
「こいつの感性はどこか崩壊しているのでは」
という目で見られながら

大股でぱたぱた走れる私はどうも高所恐怖症ではないな、と。
意外とこういうタイプが、バンジージャンプをするのか??

しないけどっ!!!

だてに毎週のように辺鄙な山奥や渓谷に行ってないってことでしょうか。
ジムでガツガツ走ってるからでしょうか。
それとも持って生まれた田舎モンの血でしょうか。

a0226853_1165092.jpg


ダンナもフツーに写真撮りまくって遊んでました。


a0226853_111231.jpg

          (ダンナ photo)
ちなみにこの日、私は因縁のつるつるコンバース
         (意味の分からないかたは読み飛ばしてください)

いい加減捨てろよ。5年以上は履いてるぞ。(でもまだ、きれいだしな・・・)

a0226853_1115152.jpg


そのとき写した写真。 四国の川は、今日も裏切りません。
美しい。



写真下、アユ釣りしている人が、ほんとに小さく見える。↓
a0226853_11162650.jpg

ワイルドだろ~ってな釣り風景。

a0226853_11174429.jpg


楽しかったよ~~!
by yu-yu1117 | 2012-07-14 11:41 | のほほんおしゃしん | Comments(15)

目玉焼き入りサンドウィッチ♪


はい!みなさんごきげんよう。

「サルでもできるクッキング」のお時間です。

食欲のなくなるシーズンがやってきましたね。
私はありますけど。




今日はね、目玉焼きを入れた、サンドウィッチを作ってみましょうね。

手軽で簡単!!

もうほとんど、観てるだけでできちゃう、そんなレシピですよ。






では、材料です。


瀬戸内海をひとコマ。
a0226853_182799.jpg





そんだけです。


あ、部位はどのへんでもいいですよ、
でも夕方は西がいいかな?

朝は東がいいでしょね。起きれたらね。

あたしは無理です。



でね、ぼ~~っとしていたら、勝手に目玉焼きが、いい感じで落ちてくるんですよ。

この隠し味に漁船なんかを一握り加えると、

またピリッと味がしまってきますよね。




一度、このふわふわの雲の中に入って、いなくなるんですけれどね。

もう、これでそのまんまや~~んと、思いきや、

あら不思議。

a0226853_183649.jpg



目玉焼き、復活~~!
さ、ここでふわふわ雲と、稜線でうま~~く目玉焼きを挟みましょうね。


a0226853_1833858.jpg


あ、こんな感じですかね。
はさめましたね。

ぐっと押すと、つぶれちゃいますからね、
気を付けて。



目玉のやき方ですか??

灼く感じはお好みで。

今日はちょびっとトロ味を残しました。


海に溶けだしちゃいましたね。

これもまた好きな方にはたまらないでしょうから・・・。

あ、ど~ぞど~ぞススッちゃっていいですよ。
もう海ごと黄身、ススってください。




え?
・・・・食べにくい??

片手でぐっとつかんで、ワイルドに食べていただきたいんですけど

食べづらい方は



瀬戸大箸をご使用ください。

a0226853_1834278.jpg

by yu-yu1117 | 2012-07-10 18:35 | のほほんおしゃしん | Comments(4)

夏の赤。

池や沼やら、そんな暑苦しい話題ばかりですみません。

a0226853_11412490.jpg


バン。

バンっていう名前。
名前の候補は、他になかったのか。
でも漢字でも
「鷭」

ってあるんで、別に最近思いつきでつけた名前ではないようです。

冬にもいる留鳥みたいなんだけど、この方、夏しか口紅を塗らないらしいんで、
冬にみても「どっかのカモ」としかたぶん私は思ってなかったでしょう。

しかも、
「どっかのカモ」も間違いで、鶴の分類らしいし。
どおりで泳ぎ方が、「すい~~」でなくて「ぎこぎこ」進んでるの。
水かきをもってないらしい。
沼にいる時間長いんだから、もっとけよ。努力で進化してみ!



もう今回はどれもピントが合ってないんで情けないんですが

a0226853_1116585.jpg


この方も睡蓮の池にいました。

ショウジョウトンボというようです。
オスだけ赤くて、メスは地味な色でした。

ショウジョウってきくと、じゃあショウジョウバエの仲間!?
とか思って、
ショウジョウバエを検索してみたらすっかり気分が悪くなりました。

さくっとウィキで調べりゃよかった。ゆーちゅーぶとか飛ばなきゃよかった。

まあ、結果は~~~顔の赤い酒飲みの妖怪「猩々」~~~が由来なだけで、
ハエとトンボは他人でした。

虫も鳥も夏になると鮮やかになりますねえ。
人間も冬より夏のほうが明るい色、着たくなるし。
いっしょですかね。(違う)

たまに明石家さんまが、「緑の服がそんなに似合うの、あなたとカマキリだけやわ~~」
とか言ってますが、
私も去年の夏にバンを見てから、真っ赤な口紅の人をみると、
「そこまでバンみたいにしなくても」
とか、
光沢のあるブルーの服を着てる人なら
「あ。カワセミが焼きそば食ってる」とか、ついつい思ってしまいます。

思ってるだけで、口にしても人には通じないんで言いませんが。


ただこれから真っ赤な服の人(なかなかいませんが)
を見つけたら
その人が上品そうでスリムなら「赤とんぼ」または「アキアカネ」、
全身激しい赤でちょいとぽっちゃりなら「ショウジョウトンボ」
と、ちゃんと分けて、
こっそりあだ名をつけてあげよう。

これも人に言っても通じませんがね。
by yu-yu1117 | 2012-07-07 11:45 | のほほんつぶやき | Comments(6)

カメのノロい カメラはヤバい

スイレンと、イトトンボを撮っていたらば。
a0226853_20444082.jpg



夜の闇がかたまりごと落ちてきて

どっぽりと溜まったような

池の底から 唐突に

気配がやってきた。

その気配は、

ゆらりと蓮を揺らしたならば。


a0226853_20222286.jpg



にゅよ~~ん。

って。

たまげた。

やめんかい!その唐突な顔出しは、こわい。

a0226853_20264292.jpg


何もなかったようにまた、

闇のさなかへと。


いや。そんな。

なんだよ。せっかく水面に顔を出したんなら
愛想の一つもしていけっての。

「るるるるぅ~~~♪
正直者のゆうゆうさん。
あなたの落としたのは、タムロンのマクロレンズですか?
それとも新発売のデジイチ、キヤノンのX6iですか?」

とか聞いてくれたら。

もちろんこう答えましょう。

「いいえ。私はどちらも落としてはいません。
万一落としたとして、池から拾ってこられたとしても
それはずぶ濡れで使い物にならず、
下取りに出してもお金にすらなりません。
ただ私はそれを買う前のカメラの☆☆ムラの商品券10万円分を落としました。」

と言いましょう。

なんてぇな妄想を繰り広げて、暗い暗い池の底をじいっとみつめ
「ぐふ。ぐふぐふ。」
と、梅雨の毒気に当てられた人のようになっていたら
カメはもちろん何も拾ってきてはくれず、
それより
お天道様に何を告げ口したのか
突然の豪雨。
ばらばらばらっと。
首に巻いてたタオルがなければ、ほんとにカメラ、
池に落としたと同じくらいずぶぬれになっていたかと思います。


雨が池をじっくり強く叩いて
過ぎていったあとに、もういちどスイレンを撮りました。

a0226853_20354793.jpg


a0226853_20351662.jpg


a0226853_203635.jpg



a0226853_23415188.jpg



ぎょ!!
そんなところにいらしたのね!
a0226853_2342389.jpg

by yu-yu1117 | 2012-07-04 23:32 | のほほんおしゃしん | Comments(8)