<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

誰がその名前つけたか、ゆーてみろ!



神戸にて。

「センダイムシクイ」だと思われます。
ちがったらごめん。
a0226853_1516563.jpg




a0226853_15162537.jpg



この手の小鳥のみなさん、
だいたい大なり小なり、虫を食って生きてるはずなんですが。
なぜこいつだけわざわざムシクイって言われるんだ。


漢字で書くと「虫喰」
なのでこの子は「仙台虫喰」という名前です。

すごくよく似た仲間で「メボゾムシクイ」→「目細虫喰」
という名前の子もいます。

こんなにかわいいのに。 名前が目細虫喰。



「太郎さん太郎さん。 この小鳥にまだ名前がないでぇ」

「んじゃあ次郎さん。 目が細ぅて、虫喰ってるから、目細虫喰ってことで」

「んだんだ」 



みたいな感じで名前がつけられたにちがいありません。(妄想)


ちまたの小鳥なんかには
わざわざ考えに考えたネーミングつけなかったんですかね。
「めじろ」ほどに特徴もないし、みたいな。

別に考えに考えたキラキラネームをつけなさいとは言わんが。
昔、ちょっとあたまのぬるい人が我が子に悪魔くんって気合入れて名前つけようとして
門前払いくらってましたよね。
あれもいかんけど。
目細虫喰も、オシャレじゃないわさ。

そこいくと、お犬様なんかは
名前がみんなちょ~おされ。
そのまま売り買いの対象にもなるから下手な名前つけられないですよ。

イングリッシュ・コッカー・スパニエル・・・
ね。大学のカフェで紅茶ばっかり飲んでる客員教授の名前みたいじゃん。

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク・・・
ね。ハリーポッターの映画に一人くらいいそうな名前じゃん。

けっして見た目で、ミニチュアダックスフントを「耳垂短足」なんて名前をつけていないし
パグだって「ブルドッグモドキ」なんてつけてないし。

そもそも「モドキ」つけた時点でイカサマな臭いがしますからね。
虫類にいっぱいいますけど、モドキ類。
ちゃんと固有の種類だっちゅうのに。


目細虫喰みたいな名前の、でもかわいい犬がいたら教えてください。


a0226853_15431057.jpg

まあ魚の名前もたいがいなやつはたくさんいるけどね。
その場合顔や形状もわりと変ってのが多いから、それは許す。
by yu-yu1117 | 2013-06-22 15:57 | のほほんつぶやき | Comments(12)

みつめちゃいやん。

見ないでええええ。

そんなに見つめないでええええ。

どんなに見つめても、私はいもむしを捕まえてきて、
それを口でぎゅぎゅっとかみしめてつぶして、

そんな「つぶれいもむし」をあなたに口うつしで与える勇気はないのぉぉ。(懇願)

a0226853_18365072.jpg

by yu-yu1117 | 2013-06-17 18:39 | のほほんおしゃしん | Comments(10)

色彩を持つゆうゆうと、私の巡礼の年

6月も中旬にくるというのに、
今さら5月話しなんですが、

カラー診断、というのを、プロの方にしていただきました。



テレビやなんやらでそういうのをやってるのは
見たことあったけど、機会に恵まれなかったというより、
怪しいんじゃない?みたいなのも多くて、
手を出せなかったのですが。
たまたま友人Aがそういう方と知り合いになり、やってもらって良かったということで、
友人Bとワタクシが、「ぜひ紹介してくださいまし!」と、
飛びついた次第です。

そもそも「怪しいんじゃない?」とかいうのは
クーポンマガジンとかに載ってるやつの中で
「カラー診断します」ってあっても、
その後ろに、あと、オーラの色もみますよ。あとタロットもしますよ。
とかそういうのが続くと。

もうだめで。

知識とか努力で勝ち得る資格が追いつかないところを
「神秘」に、まるなげする感じが
「てめー死ぬほど勉強してから人にアドバイスとかして金もらえ」って思っちゃって。


いや、まるっきりプロとしての才覚なしに飯食ってる占い師を
かなり仕事先で見ているから、仕事病なのかもしれませんけど。



女性ってある程度、歳重ねると、
「情」が先走るおばさん化と「理屈」が先行するおっさん化とに分かれるような気がするけど、
明らかに私はオジ化してる方だと自分でも思います。

あ、前置きが長くなりましたが
友人Aが紹介してくれた方はきちんと色彩検定も1級持ってらっしゃるし、
大きな場所・舞台での場数も踏んでいらっしゃる方で、身を預けて正解でした。
最初はデザインの専門学校の授業的な理論も聞かせていただきましたが
逆にそういうのが私にはうれしいっちゅうか、
なんとなくアサッテの方に視線を向けてあなたはこういうタイプとかぼんやり言われるより、
おっさんゆうゆうには説得力がありました。


個人の似合う似合わないのカラーを大別して四季に分けるんだけど

私は日本人にはけっこう珍しい、秋のカラーが似合う人でした。

しかも、夏色の暖色系の赤をかざしてみて
「この色がここまで似合わない人を初めてみた!!」
と驚かれたりして
やはり私は

人として異色
だったのかと。

ちなみに友人Bのベストカラーは
a0226853_22411018.jpg


で、同行した友人Aとともに、
「だよね」
という結論に。というのは、こういう色を実際彼女はよく着ていたし
そういうイメージだったし、彼女も好きそうだったし。


ところが。



私のベストカラーはこちら。

a0226853_22425299.jpg


タンスの中に入っていません、こんな色!
みたいなのが多いし、好きな色と思ってなかった色も多くて
けっこう戸惑っています。

友人AもBも、
「え~?そんな色、イメージに全然ないわあ」
と。
だよね。着てないもん。こういう色。



一見、青ならいいじゃん、白ならいいじゃん、
と思われそうですが、
真っ白は全然だめだったり、青ももっと明るい青はだめだったりと
(実際にかざすと顔色が悪くなる)
奥がどっぷりと深いです。

タンスの引き出しあけて
「いいのかワシは」
と思うようになってしまいました。

ただこういうきっかけをもらってしまうと
すぐハマるのが私のめんどくさいところで、
色彩の本とか買って、ちょっと楽しく読んでます。
自分に何が似合うかもいいけど、

こんなに誰もが日常に「色」について語るくせに、
人工のものでも自然のものでも知識があまりにもないよなあと
思ったり。
ほら。どんなものでも一応大事なことって義務教育で習うじゃん。
なぜ「色」をちゃんと論理的に習うことができなかったのかなと思います。
五教科でなく美術でも、そんな論理的なことに時間なんか費やさなかったし。

今も写真だって、
「コントラストがさ」とか
「ハイライトがきいてるよね」「青みがききすぎて」なんて好き勝手に思ってるけど
なぜ、どうして、ってちゃんと基礎知識も無しに、
ほんとに勝手に思ってるだけなことは、
ここ最近、こんなんでいいんかな、とは感じていたので
自分の気持ちの向く方面に、
ちゃんと向き合う時間を作ろう、と思った次第です。


最近なぜか新しいことにぶつかることが多くて、

今日は事の成り行きで、「ヨガ」をやってきました。
また「世界は広いぜ。筋肉は痛いぜ」と思った次第です。




神戸市森林植物園でハートを打ち抜かれた瞬間。

a0226853_23175664.jpg

ペットショップで「目があった」という理由で
犬を衝動買いする人の気持ちが、
ほんのちょっとわかった気もする。
by yu-yu1117 | 2013-06-15 23:32 | のほほんつぶやき | Comments(8)

そりゃあ暑いってもんで。

朝、着たときに

「うん??」

と思わないわけではなかったんだけどね。

ゆるゆると近づく台風の影響で、
今日も蒸し暑かったですね~。
汗かいたわ~。

社長のケチぶりが、まあアレなもんで、
まだエアコンはつけてないんですよ。

暑かった暑かった。


帰宅して、下着もガ~~~って、脱いで

ああ。
もしやの






ヒートッテックって

書いてあるっす。


衣替えっちゅうのはざっくりとしたつもりなんですが、

まあ私の性格がアレだもんで。

ざっくり感がハンパなかったと。

最近は下着も機能性何とかで、
そのことは、寒がり暑がりの私にはヒジョー!!にありがたいんですが、

こう、なんちゅうか、ど根性ガエルみたいに、シャツのど真ん中に
「冬!」とか書いてもらえたらと。
着てるのが私だけだとジムの着脱で恥ずかしいですが、
天下のユニ〇〇でそうしていただけるとうれしいです。


日曜日に初めて、神戸市立森林植物園に行ってきました。

まだ写真の整理がまるっきりできてないんですが、

この日。21000歩、歩きました。
沢まで下りたり、展望台あがったりの負荷つきですから
ちょっとした三浦雄一郎ごっこですよ。

って一緒にしちゃあいけませんね。ええ。

足元にも及びませんが。

わかっちゃいるけどこの筋肉痛。
月曜日、夫婦そろってアシモくんの歩き方になっておりました。



a0226853_1952195.jpg


ハナアカシア

の花のつぼみが

a0226853_196013.jpg


アポロチョコに見えてしょうがなかった腹へりまくりのワタクシ。
ギブミー・チョコレート。



「そのまま動かないで」
と言われて帽子をゆっくり取られたら。

a0226853_1972179.jpg


私のぬるぃ~いあたまに
お客様はいらっさっておりまして。
お茶も出さずにすんまそん。

衣替えができない こんな私ですが
写真の整理はできるでしょうか。
するでしょう。するかしら。
できたらアップします。


あああああ。←ヒートテックの後遺症で頭が煮えてます。
by yu-yu1117 | 2013-06-11 19:22 | のほほんつぶやき | Comments(8)

つゆぼけなわたくし。

6月になるかならないかってときから
「父の日、何贈ろう」
とダンナが考え出すようになりました。

前回入院中に上着を贈ったらちょっと小さかったらしいし、
グルメな人なんだけど、年末に胃を切ったから食事制限もあって
下手なものを贈って体調を壊したらたいへん。

いろいろ悩んでいるときに天下の高島屋さまの広告に
お中元用ではあるけれどカタログギフトってのがあって
岡山名産のグルメを選べるカタログが。
「これは?これいいじゃん!」

渡りに船。

ダンナ曰く、
「これ買って、送っておいて!早くしないと父の日に間に合わないし!仕事帰り行ける?」
「おお。ガッテンだ!」
と私。

金曜日に行って。
粛々と手配を済ませ。
赤い包装紙にしてもらって。
配達日も指定して。


夕飯用の買い物は、高島屋のお惣菜は高かったので(そのくらいは承知しとります)
一品だけ買って
あとはいつもの近所のスーパーでお野菜を買っていると。

そのスーパーで明るいBGMに合わせてこんなナレーションが。

「今月第三日曜日は父の日!もう贈り物はお決まりですか?」

「・・・・・」

スマホでカレンダー確認。

「ぬえええええ」

わしら夫婦そろって、てっきり6月9日が父の日だと思ってた。

じーさん、明日カタログが届くっす。
それで注文して、父の日にグルメをしてくれ。

私の側の父にはまだ送ってなくてよかった。
ホームに「父の日です~」って明日届いたら

「まったくここは、父が父なら娘も娘」
と思われるところだったっす。



鳥さんの写真がとれませんので、(脱力)
あちこちの花をアップ。
a0226853_14454690.jpg



とーちゃん、こんなに空気がいいのに、

携帯灰皿を腕からぶらさげてるってどうよ。


a0226853_14465813.jpg



a0226853_14462166.jpg


a0226853_14461496.jpg



蓮の花の美しい季節になりました。
この夏はいつもより「虫よけスプレー」多めに買っております。
刺されたら治りがおそくなってくるお年頃 ♪ うふ。
a0226853_14454543.jpg

by yu-yu1117 | 2013-06-08 14:54 | のほほんつぶやき | Comments(10)

ゆるいわしらの あま~いてらぴす

「男ともだち」ってこの際言っておきましょう。

その彼ってば、私もびっくりの、すっごくタフ!

ほぼ毎日、一時間のウォーキングと筋トレ。
ね。タフでしょ。

76歳にしては。


「イケてる後期高齢者」を名乗る彼。
ジムでよく会うじいちゃんだ。

このじいちゃんとツルんでるのが
「リトル嵐」
とひそかに私が呼んでいる
5~6人のじいちゃんたち。
みんな歳とともにいい具合に角がとれ、
そのぶんコケティッシュさにはエッヂが利いてきてる
目を離せないユニットだ。

このじいちゃんに、一緒に盛り上がろうぜとばかりに
誘われて一年くらい前から始めているのが
土曜日の昼下がりにある「セルフケア」というレッスンで
ただたんに、ストレッチして、自分で自分をマッサージするという、
とてもとてもゆるくてのほほんとした一時間のプログラム。

メンバーもリトル嵐含むじいちゃんとか、ウィークデーはパソコンとにらめっこの
私らみたいなおばちゃんとかおっちゃん。

リンパの流れとかはずいぶん詳しくなった。

で、今週も・・・と思って、
いつものゆるいメンバーがいつものぬるい志で、てろてろと集まったところ、
「本日はいつもの○○先生の都合により、
代行でワタクシ○○が務めさせていただきます。ピラティスをさせていただきます」

「へ」

ということで急きょピラティス。
「やだ~」と辞退して出ていく女性たち。
残ったのは「好奇心」だけはあります、みたいなメンバー。

生まれて初めて、ゆうゆうピラティス。

ただそのピラティスの先生も、こっちのメンバーをみて明らかに引いている。

なんじゃこのゆるそうなメンバーは?みたいな。
みんな、深夜にダイバーに起こされた魚みたいな表情してるし。
顔ぶれをみて、急きょ今日やるつもりだったメニューを考え直してるふしあり。

リトル嵐たちはもう「ピラティス」すら言えてなくて
「てぃらぴすっちゅうのはなにするんじゃ?」

と、ほとんどココアパウダーかけて食べるスイーツになっちゃってるし。

始まってからもみんなぎくしゃくもいいところ。

先生もついつい、いつもの調子で
「足はポイントからフレックス~!!」
って言ったってリトル嵐にそんな横文字通用しねぇし。


さらに
「ぐうっと伸ばして!」
とか言った瞬間
「うがっ!」

と左右から叫び声が。足がつった人続出。

V字ばらんすなんてもぉ、あちこちでVから「く」の字になってどったんと倒れる人、
達磨のように転がり、「ああああ!」と叫んでどっかで朽ち果ててしまう人など

なんというか、野戦病院のごとき惨状が繰り広げられた一時間でした。
あああ 私のナイチンゲールはどこ!?

でもまあ、ゆうゆう的にはけっこうおもしろくて、
また機会があればやってみたいと思ったのでした。
来週も代行らしいので、もう一度挑戦しようと思います。
リトル嵐たちは「2度とやらん」といいながらも
ずいぶん楽しそうだったので、案外またてろてろと集まるかもしれません。

どちらにしろもっと歳とって平日の昼間に自由がきくようになったら
「あのエアロビのおばさん、今度はヨガやってるよ」
くらいにひと通りはあれこれやってみたいと思っているので
まあそのときまで楽しみにしててもいいんですが。






先々週の話ですが、
篠山紀信の「写真力」という写真展が、
なぜか岡山のずいぶんと田舎の美術館で開かれていて
行ってきました。

で、そのついでというか


蒸し暑くなったこの頃、
そういうときは「ホラー」と「穴」のコラボで涼しくなるのがいいでしょうと、

「満奇洞」と「鐘乳穴(かなちあな)」に行ってみました。

「満奇洞」と言う名前は与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と言ったことから
つけられたらしいですが、
なかなかの奇に満ちた洞でした。

八つ墓村のロケ地にもなったところで、
稲垣ごろちゃんとか藤原竜也君とか(結婚おめでとー)豊川悦司さんやらのサインが
お土産屋さんとかにありました。

a0226853_1925298.jpg


思ったんですが、
三途の川とか、ここ最近だったら誰かライトアップしてくれてんじゃん?
って思うんですけど。
LEDとかでさ。省エネだし(笑)。
ときどき色変えて。スカイツリーみたいに。

a0226853_195093.jpg


a0226853_1955294.jpg


最近、石見銀山といい、
穴づいてる私。

やっぱ、人間、地上がいいっす~~!!
a0226853_1943956.jpg

by yu-yu1117 | 2013-06-03 19:06 | のほほんおでかけ | Comments(10)