<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

リアクション蟹

先週の日曜日は恒例の鳥取日帰りドライブ。
親孝行デーといたしまして、父のいる老人ホームと、もうすぐ8回目の命日の母の墓参りに行ってきました。

それだけじゃなんだか義務感チックなんで、ちゃんと自分たちのおみやげ、
蟹を買って帰りましたよ。

シーズン的に今が安い時季で、
若い松葉ガニですがこの日は鳥取地元民御用達のスーパーで、一パイ880円。
楽しげに泳いでる活きのいいやつ御三人衆、とっつかまえて連れて帰りました。

キッチンで、二重にしたビニール袋突き破って逃げようとしているやつを
あっつあつの熱湯蒸し風呂につっこもうとしたところ、


「聞いてないよっ!!」

ってすっごい力いれて必死の抵抗。

人間でいうなら大の字、っていうんですが
蟹でいうと、米・・・プラス2、の字ですかね。

a0226853_22444155.jpg


(面白がったダンナphoto)




この蟹さん、ダチョウ倶楽部所属?

あの方たちがおっしゃるには

「押すなよ!押すなよ!絶対に押すなよ!!」

って押すな3回目で押してあげるのが礼儀だそうです。

んなわけでみぞおちを一気に押して差し上げ、さらに蓋でとどめをさしてさしあげました。


    ふふふ。

by yu-yu1117 | 2014-02-27 23:01 | のほほんまんぷく | Comments(8)

白い世界のジョビ子


銀盤の真央ちゃんは素敵でしたね。


銀世界の唯中にひとり、すっくと立つ女性は、

強くて美しく、気高い。






私が見つけた素敵な女性は、

ジョウビタキ女子。






a0226853_2233075.jpg
















a0226853_22343491.jpg



















a0226853_22464431.jpg

by yu-yu1117 | 2014-02-25 22:47 | 野鳥さん | Comments(6)

カシラダカ だったからかしら。

写真の出来が悪いのでアップできないなと思ってたけど、
↑タイトルを思いついたら、なんかこれが書きたいがために、
アップしてしまいます。

クソ迷惑でしょうが、おつきあいください。

めずらしく雪が降った岡山。

ちょいっと様子をうかがいに川やら山やらに、スタッドレス履いて走ってきました。


私が履いたのではないですよ。
車が履いたのです。


あ。


知ってる?  ま。

ね。


そしたら、やっぱ雪のせい?山にいそうな鳥さんたちも、
ちょっと河原なんかに降りてきてましたよ。

そんなわけで、ホオジロ関係の3種のみなさんにお会いできました。

今年の冬は例年より渡り鳥が少ないらしく。

例年よりって。



どの口がゆうてますのん。



4年前はツグミとヒヨドリの区別もつかんかったくせに私ってば。



そんなことは置いといて。


a0226853_23382237.jpg


これがホオジロさん。

あんまし熱入れて撮ってません。
いけませんね。

でも、いつでも撮れるしさあ。地べただしさあ。と。
気を抜きました。すみません。

そのあと、ちょちょっと進むと。

a0226853_23385778.jpg


こちらは、さきほどのホオジロのお仲間ですが、
ホオジロよりだんぜん出会いにくい、カシラダカ、という鳥さんです。

見ての通り、カシラが立って高いから、


     カシラダカ。

ほおら、九九の7の段を覚えるより簡単に覚えられましたね。

私は時々、7の段を躓きます。ここだけの話です。

ちょっとワックスつけた、イキってるホオジロに見えなくもないんですけど。

カシラダカだからカシラ立っただけだったからだからかしら。



ね。

これがただ言いたかっただけなんです。

すみませんね。お付き合いくださってるみなさん。


さあ。


ここからです。





真打ち登場。

なんだよ真打ちって。
a0226853_23394077.jpg


はい。

この方はミヤマホオジロさんなんですけどね。
去年は出会えなかったんです。

一昨年の冬は偶然見かけられました。

で。

その一昨年に、これみて、

「美輪さんだ」

と思ったんです。

美輪さんって、そうあの。


a0226853_23395953.jpg

      (参考資料 ネットから)
美輪さん。





・・・・・・・。




      ね?


こうして、ホオジロ・カシラダカ・ミヤマホオジロ・・・と

順番に見ていくと。


普通のホオジロって、一般人っぽいですね。

スズメみたいに、どこでも見られますし。

春も秋も、けっこういます。

案外、原宿でパンケーキ食べるために並んでいそうな

一般ぶりです。







a0226853_23405640.jpg

あ。これは一般人でなく、ちんぱんじー。(和歌山アドベンチャーワールド撮影)









a0226853_23412366.jpg


ちんぱんじーでなく、一般人。

ブログ3連続絶賛撮影中、会社の休憩室シリーズ。
って。
シリーズになったのか!?
    
     ただし髪型はコシノジュンコという非凡なスタイル。
   
    ( なぜコシノジュンコヘアになったかという悲話は、
         5つくらい前のブログで切々と語られています。)



a0226853_2342123.jpg


美輪さん。








a0226853_23452439.jpg

 ある意味、美輪さん。








a0226853_23464885.jpg


カシラダカ。

っていうか、もうナニガナンダカ。





a0226853_23562726.jpg



一般ダ。


もおええわ。

ど~もありがとうございましたぁ~。
by yu-yu1117 | 2014-02-22 00:06 | 野鳥さん | Comments(10)

残りものにはカロリーがある。

a0226853_13382623.jpg

会社の、
やる気の無いバレンタインデーの成れの果て。

ゆうゆうさんのお弁当入れとともに。
by yu-yu1117 | 2014-02-20 13:36 | スマホでちょいブロ | Comments(4)

2月14日は、やはりあの黒いスイーツ。


a0226853_2316332.jpg



a0226853_23161672.jpg










子供のころから、
京都の親戚がきたときのお土産といったら、
八ッ橋。

とっておきのおやつ。


a0226853_23163041.jpg






焼いてたのが生になったり、

らくだ色だったのが黒くなったり、

いろいろあっても、

やっぱり、ごちそうな、おやつです。



さて。

ここ数年でうちの会社のバレンタインデーが

軒並み簡素化の一途をたどっています。


私と社長以外は独身者なので、

さかのぼれば5年前はちゃんとイベントでした。

一番若いゆみちゃんは手作りを持ってきたし、

まあちゃんもデパート仕様のリボンかかったのを持ってきてた。



ところが今年はゆみちゃんはいわゆるきのこの山的な袋菓子で間に合わせ、

まあちゃんは「雪が心配すぎて忘れた」とのこと。

そういう私も前日のスーパーマーケットで「お!!明日は!」とそこで把握したもんだから、

スーパーの中で物色したもの。



みんな、何やってんだか。

私はともかくとして、

独身女子、どうも私生活が華やいでいない様子がうかがえて

いいのかしらと老婆心っつーんですか。


男女ともに浮き足立ってる人間が一人もいないというのは

落ち着いていて良い、と同時にちょっとさびしい気もする今日この頃でした。


そんなわけで、

2月14日、ランチの後のティータイムは、

京都に行ってきたお客さんからのお土産八ッ橋が、

一番キャッチーなスイーツでございましたの。
by yu-yu1117 | 2014-02-15 23:38 | のほほんまんぷく | Comments(6)

見てるだけならかわいいやつ。

近くの川で鴨がぷかぷか遊んでいるのを車越しにみていたら。




a0226853_1174565.jpg






・・・誰。


a0226853_1114599.jpg




a0226853_1175934.jpg




すっげえ泳ぎ、上手。

あるいたり走ったりするより、速いかも。


カワウソとか淡い期待を抱いたけど、

ぜんぜんちがって、ヌートリアだった。



       ぬーとりあ。




思いっきり外国からの方。

害獣で、とにかく増えて困っている動物です。

何しろ、ずっと川に住み着いている大事な水生植物なんかを食っちゃって。

岡山名物にもなっているとかで、特に岡山は多いらしい。





先日、井之頭公園で池の大掃除をしたら外来種のバスとかブルーギルとか、

外来種がわんさか出てきたそうで。

まあ、そんな外人さんも自力で無理やり押し寄せてきたわけでなく、
日本人が連れてきて勝手に捨てたり逃がしたりしてるわけだから

外来からお越しの生物のみなさんも、さぞかし迷惑っちゃあ迷惑な話ですが。

ヌートリアだって、最初は人間が「毛皮がほしい」とか言って
勝手に日本で増やした末裔のみなさんですから。


やたら連れてきたり売ったりするの、ホント、どーかと思います。


「かわいい~」とか言って、今日本にそれ放しちゃうと大変な生物を
飼ってる皆さんもいらっさいますが、

動物っちゅうのは逃げるもの。
逃げたら繁殖するもの。
可能性は多分にある、と、なんでそれがわからんのかね。

売らんでほしいわ~。店頭に並べないでほしいわ~。



安易に買っちゃって
「このカイマンワニの太郎ちゃん、私の家族~♪」

って、家族くらい愛する勢いなら、お前がエクアドルに移住しろ。

できないなら動物園の飼育係になって堂々と動物園で飼え。

それすらできないのなら、動物園の一年間パスポート買って通い詰めろ。



あ~ら、これで円満解決。



欲しいものは全部自分の手に入れたいって傲慢は好きじゃないです。



もっと言っちゃうとペット愛好家のみなさんに怒られそうですが

日本の四季や温暖多湿には飼育に不向きと一般に言われて
普通の人は飼うのをためらうような

北極にいそうな犬とか、めっちゃアフリカンな犬とか、

日本では希少な犬をわざわざとり寄せてまで飼うのもね。



私は嫌い。そーいうの。




でもね。

外国かららららん♪と、渡ってきてまた自力でるるるん♪と勝手に帰っていく

渡り鳥はウエルカムです。

なんぼでもきてチョーダイ。


渡ってきたツグミさん。

a0226853_1159122.jpg



a0226853_11585469.jpg



a0226853_115842100.jpg



・・・ギャル曽根か。



小さいころ、めっちゃでっかい「あわ玉」っていう飴があったなあ。

大人でもあの飴を、喉に詰まらせたら命の危険があるくらい飴。
ザラメまぶしてあるやつ。

命がけで舐めた思い出がある。


あれを思い出した。今でもあるかなあ。
by yu-yu1117 | 2014-02-12 17:29 | のほほんおしゃしん | Comments(12)

積雪カーニバル

降りましたこと。

雪。


岡山でも20年ぶりだそうです。

といっても8センチ。

けど、そっからの岡山人の「カーニバル感」がハンパなかったです。


朝からわらわらと家ン中から人が出てくる出てくる。

こんな「ご近所雨後の竹の子状態」は金環日食以来です。

もちろん今回は手に持ってるのは「日食眼鏡」ではなくスコップだったりプラスチックのそりだったり。


岡山ケンミン、「血中イベント濃度」が他より高いんじゃなかろか。

喜び庭かけ回る、のは、犬でなく、ヒト。しかも大人も。

室内犬なんか無理やり庭に連れ出されて「きゃん」とか嫌がってんのに

雪だまりにほり込むという瞬間動物虐待イベントもみんな容認。


そして今回ヒーローともなったのが、このへんで一番若いお父さんが

幼児二人は入れるくらいのかまくら作っちゃったことですかね。



雪国生まれの私としては、積雪最低でも30センチはないと
かまくら、というイメージが湧いてこないんだけど

8センチで作るなんざ「無いものは集めれば実現できる」ってことで、


ほぼ「無」だったものから「けっこうな作品」を作っちゃうという

どこぞのゴーストライターさんのような心意気 (違)。


うちの子たちが小学生の時、
冬の実家の鳥取に連れて行ったら大はしゃぎで雪だるまをつくりだし
兄に
「このへんの子供で、小学生にもなって雪だるま作る子なんていないのに・・」

と鼻で哂われたことがありましたが、


いやいや、このへんでは中学生でも高校生でも、大人でも、つくるつくる。

一戸に一個、もしくは大小複数。沖縄のシーサー並みに。


うちなんか。

そんなことするやついないから。



・・・と思ったら

どうせすぐ溶ける家の周りを雪かきし始めた息子。

単純に、ボクちゃんも雪で遊びたいよー、という

少年のような心象風景であったのだろうと思います。

さすがにプリティな雪だるまを作るのは恥ずかしかったのか

一か所にやたら積み上げることに興じてらっさいました。




結果、

みんなの家はかまくらや雪だるまのようなほほえましい作品があるのに、


うちだけ玄関に巨大な蟻塚が出現。



ただしこの蟻塚、日陰に作ったこともあり意外と長持ちし、
ほとんどの雪だるまが崩壊した今も存在し、子供たちの雪配給所と化しています。

これを少しずつ削り取っては、おままごとや地味な雪合戦に使用されている模様。


「アリクイ」に食い散らかされたような、ちょっとへたばった蟻塚が

なんだか祭りの後、の物悲しさを感じるのでした。




てなことで今回は写真はござんせん。
by yu-yu1117 | 2014-02-11 09:31 | のほほんつぶやき | Comments(8)

うっかり変貌を遂げる。

病院運もあんましよくないんですが

美容院運も悪いです。


べつに、本当の私の美しさを引き出してくれる
美への探求心が旺盛なあまりに理想の腕に巡り合えていないわけではなく、

「あ、このヒトでいいや」と思ったらずっとお願いしているのに、
向こうから転勤やら退職やらで逃げてしまって。

というわけで、数年お世話になってた人が退職してしまい、
また美容院異邦人になった私。

CMでもしていた、スマホでネット予約ができるというやつが
手っ取り早いので

去年のクリスマス前に初めて予約したところ

カットの出来はそんなにひどくなかったけど、話題が


「ゆうゆうさんってサーフィンとか、します??」


・・・・・。

「カウントダウンっていつもどこでハジケます??ライヴ派とか?!」



ちょーめんどくせー。

そのときはあんまり切らなかったので
すぐ髪も伸びてきて

そして、昨日。

その美容師さんがお休みなのも検索済みでもう一度同じお店に予約。


担当してくれた子は前回よりさらに若い男の子で、

できれば話しかけられないように
雑誌「Hanako」の「日本の聖地、伊勢神宮」なんて記事をうっとりと読んでいたら

やっぱり

「神社とか興味あります?」

と、人の「うっとり」に、口をはさんできました。

で、こういうところでカメラ持ってぶらぶら歩いてたら、一日いても飽きないよとか言っていたら
自分もカメラが好きで、何を持ってます?キヤノンですかぁ。僕はニコンで。
いつかはライカを持ちたくて。
何撮ります?鳥!?すごい、ボクは景色ですねえ。

と、「サーフィンネタ」よりは十分に話しの波にざぶんと乗れたんだけどね。・・・最初の5分くらいは。

カットの途中ではさみ放り出して、どっかに消えたかと思ったら

自分のスマホ持ってきて、カメラからスマホに落とした画像です!小豆島に行ったときなんです!

・・・・・。

ほめにゃ、しゃーない。

前髪切ったらまたどっか飛んで行って、
今度は自分のニコンを持ち出してきて
「いつも持ち歩いているんです!見てもいいですよ!」




いやあ。

そういわれても。今日初めて会う人のカメラいじくりたおす勇気ないし。
髪がばさばさ落ちてるのに、レンズの間とかに髪の毛入ったらシャレにならんし。


ていうより。

余裕あるベテランのスタイリストでもないんだから

カットに集中してくれ。



そんで。

かつてない仕上がりになりました。

美容院入る前は「大久保佳代子」だったんですけど

帰るときは「コシノジュンコ」になっていました。

頼んでいません。 ジュンコオーダーはしていません!

私が頼んだのは

「全体的に2~3センチ」

でした。

「ちょうど肩にかかってハネますよねえ、かからないように切りますね」

「あ~はい~」

というのが、敗因とすればそうですが。

それとも、私の滑舌が悪くて


「3インチ切ってください」

に聞こえたか?

それなら正解だ。

   (参考資料1インチ=2.54センチ)

月曜日、ジュンコになって出社したら、
せっかく退院してきた社長を悪化させるかもしれないです。


気を取り直して全然違う話ですが、

以前、友人に

「家の建て替えをするとき庭をさわるので、
植えているクリスマスローズをもらってはくれないか」

と鉢に植え替えて、いただくことになりまして。
私は快諾しまして。
ええ。ダンナに世話を丸投げしますんでね。

ダンナは、けなげに生きているものをみると世話をしたくなる「パブロフの犬」現象をもっているので


a0226853_16383960.jpg


ちゃんと咲かすとこがえらいよね。

わたしもけなげに生きて、ダンナに世話をしてもらおう。

こんなジュンコでも、やさしくしてね。
by yu-yu1117 | 2014-02-01 16:56 | のほほんつぶやき | Comments(14)