<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あんたらがストレス!

浅瀬の海にいるヒラメのように

床面と一体化を図るのんたん。

a0226853_13464783.jpg



じーさんとのんたんのおしりふきに
明け暮れた、出張イベント的介護は
一旦終了。
偉そうには言えないけど、
日常でされてる方はほんとに大変だ。



あーそして、また仕事の毎日。

社長が今朝からおんなじこと3回聞いてきたんですけど!
社長の息子がコーヒー床に垂らしても
吹かないんですけど!

よしわかった。
あんたらの世話もしてやろう。
おしり出せ!!雑巾で吹いてやるぅぅ!

昼休憩のボヤキでした。
by yu-yu1117 | 2014-07-23 13:45 | スマホでちょいブロ | Comments(8)

のんたん追っかけ。

のんたーん。



のんたーん。



の……


a0226853_1261213.jpg



そこまでめんどくさそうに
振り向かんでも。( ̄▽ ̄;)
by yu-yu1117 | 2014-07-21 10:37 | スマホでちょいブロ | Comments(8)

ころんでものんたん。

連休ですが、
介護連休になってしまいました。
まあせっかくなんで、この際にのんたんと徹底的に仲良くなろう作戦にでようとしているのに、
ゆうゆうさん、見事なシカトされっぷり。

のんたーん。のんたーん。


のんたー……



a0226853_1853751.jpg

by yu-yu1117 | 2014-07-20 18:02 | スマホでちょいブロ | Comments(2)

ブッポウソウ  ~美しき渡り鳥~

日曜日の雨の中。
吉備中央町に鳥見に行きました。
岡山市から車で一時間。

ブッポウソウ。

遠く東南アジアから飛来してくる鳥で、
日本で過ごす場所は豊かな里山を好むようです。
ただし絶滅の危機にある種でレッドデータブックに記載されている鳥です。

岡山のこの吉備中央町によく飛来するので
町をあげて、巣箱を設置したり子供も大人も総出で保護活動をされています。

まあそんな、ほんとに真剣に、この鳥を大切に見守ってる場所ですから
観察はできるけれども、
50m以上は近寄っちゃだめとか、20分以上おなじ場所にいちゃだめ、
と鳥を脅かさないためのマナーがたくさんあるので

巨大望遠でもない限りはっきり撮るのは難しいんですが
観察できるセンターの駐車場に車を停めて
車中から、へなちょこ望遠レンズだけこそっと突き出して撮ってきました。



それでも子育てに励むブッポウソウ、

いましたよ。


すべてブレッブレの写真なんで、ほんとにすみません。

最初からもう、あやまっときます。

逆にこの望遠、この雨天でちゃんと撮れてたらすごいマナー違反を犯したか、
ブッポウソウがこっちに勝手に向かってきたってなもんだから
これで良しとしてください。



a0226853_1285491.jpg


a0226853_12122097.jpg


今、巣箱の中には何羽かの雛たちがいます。

食べ物を運ぶのに一番いそがしい季節。
a0226853_1214453.jpg


夫婦で協力していて、近くに見張り役のパパだかママだか、どっちかがいます。
a0226853_12151771.jpg


大収穫。でっかいとんぼを捕まえて帰ってきました。


a0226853_12182936.jpg


激しく降り出した雨の中、またまたがんばって虫取りだぁい!








その間ゆうゆうさんはモンシロチョウを撮って遊びます。
a0226853_12234789.jpg








ちなみに、ぎゃぎゃぎゃっとなんか、かわいく鳴きます。
もっと怖い声かと思ったけど、警戒の声でなかったからか、
なにかお話をしているような、楽しい声にすら聞こえました。

ちなみにブッポウソウ、「ブッポウソウ」とは鳴かない、というのは有名な話。
コノハズクが「ぶっぽ~そ~」と鳴いたのを、
昔のおっちゃんだかじいさんだかが、このきれいな鳥がそう鳴いたのね、
と勘違いして名づけられたということ。

やっぱね。見た目っすよ。
見た目がいいと、人でも鳥でも、なんでも得する。

ちぇ。(なに)






翼がかっくいい。
カラスとバトルしても負けないオーラ出てるし。
a0226853_12242533.jpg


もうすぐ雛が巣立ち、8月を過ぎるころには里山から山へ移って

容易にはみられなくなります。

もう一度晴れた日に観にいきたいです。


a0226853_12251812.jpg



ブレブレ写真のお付き合い、ありがとうでした。
by yu-yu1117 | 2014-07-12 12:39 | 野鳥さん | Comments(8)

舞鶴自然文化園に行ったのだ♪

舞鶴日帰り旅行の続きです。

舞鶴と言えば、舞鶴漁港・・・。
日本海のお魚はしょっちゅう食べる機会はあるけど、
中国地方とちがって、ちょっと北にあがれば
またちがった名物があるかしら、と思い・・・。

やたら「とれとれセンター」の看板が目につきすぎるくらいあったので
そこでランチをすることに。

で、そのセンターの「海鮮れすとらん」で
けっこう並んで席に着いたものの、
「お造り定食ふたぁつ」
「ああ、もうすんだんですよ」
「じゃあ海鮮丼ふたぁつ」
「ああ、今日はそれないんですよ」
「じゃあ・・・イカお造り定食・・・」
以下同文で、アラ炊き定食も
「今日はやってない日なんですよ」
じゃあ何があるかっちゅうと、エビフライだとか、とんかつだとか・・・


すっごい深呼吸してから
「消去法で」どこの海で、いつ採れたかわからない、うにネギトロ丼に。






私はぁ。(泣)



あぐあぐ・・・(嗚咽)

舞鶴に縁もゆかりもないんですけどぇええええええ(机をたたく)

ああああああああ、うえ~~~~ん。

ただおいしいご飯が食べたいとぉぉぉぉぉぉ。(号泣)

とれとれセンタ~~でっえええeee &'(")!’$&%#)!”’&$なぁ#(☆■うにぃ□〇ねぎがぁああ◎









え。

時事ネタいきなり出すな、ですか、ですよね。

ついつい、これ一回どっかで出したかったんですよ。

すみませんね。



この席についてる間に3組くらいお客さんが入れ替わって
おんなじ問答をして、
みなさん半ギレで丼を注文なさっておられました。


う~ん、クチコミサイトってあんまり使いたくなかったけど
使わないとだめですね。

岡山なんて田舎なもんでそもそもクチコミ総数が数件しかないとこも多く、
小さなカフェや美容院なんて、身内や常連が☆5つを連発しているらしくて
アテにしてなかったんですけど。



さて。



気を取り直すことにいたしましょう。

そこの地元の海の幸を堪能、という願いが崩れ去った今、
残されたのは


「舞鶴自然文化園」

ここですよ、ここここ。

ここのあじさいを観たかったんです。


ここの「あじさいの海」コーナーが。


ここは

a0226853_182249.jpg


よかったぞっ (安心)。


つけくわえてもいいぞ。

とってもよかったぞっ!


一度にこんなに大量の紫陽花を観たのは、
生まれて初めてだと言い切れるくらい、
今までにない、ほんとうに紫陽花の海でした。












a0226853_18232857.jpg


まるで、昼間のほたるのよう。

白い紫陽花、今年自分の中のブームです。












♪♪きんさん  ぎんさん


     あじさい  あじさい  ♪♪
a0226853_1825117.jpg










a0226853_18255796.jpg





食べ物のうらみ、特に観光地では
尾を引くらしく、
帰りの車の中でも、ぶぅぶぅ言ってたダンナですが、

のりものたちと紫陽花はとっても充実したのでOKです。

課題もできたので、今度は学習して行くのだ!!













a0226853_18262364.jpg

by yu-yu1117 | 2014-07-09 18:38 | のほほんおでかけ | Comments(8)

すごかったのは、のりものその5

昨年、
「秋の安芸の宮島」行ってきた~っつってただ単にオヤジギャグで
わははわははと一人で騒ぎましたが、

今回は
「あめのあまの橋立」

こりゃね。
やっぱ晴れの方がいいに決まってますって。

でもまあそれを言ってちゃ始まらないんで
それと今の季節に寄ってみたいところがあったので
いい機会なんで、ひとっ走り、行ってみました。

もちろんお泊りなんぞいたしませんで、日帰りで。
5時起きで。ええ。

付近の駐車場に車(のりものその1)を停めて


松林はレンタサイクル(のりものその2)を借りてちゃりちゃりと駆け巡り、

上へはロープウェイ(のりものその3)でごーごーと上がり、

a0226853_16335825.jpg


とりあえずお約束。

帰りはリフトも(のりものその4)あるというのでそちらに乗り

a0226853_1649656.jpg

(この時点ではのんきなゆうゆうさん)


駐車場に戻るには
これ(のりものその5)に乗って帰る、という往復券だったもので。

a0226853_16382823.jpg





a0226853_16565578.jpg

この若い兄ちゃん、ただともかくばびゅ~~んと運転するのが好きでたまらんっちゅう感じで

絶対16歳を待たずして、中学んときから我慢できずに原付乗り回しよったで、みたいなタイプ。

ついでに校舎の窓ガラス割って回ったかもしれんタイプ。
(思い込みで人を判断するのは、たいがいにしましょう)



飛ばす飛ばす。





a0226853_16423459.jpg


TMレボリューションもひれ伏す風力。



いい思い出になったわい。





この写真みながら旦那がぜえぜえ言うくらい笑いよった。


このあと舞鶴まで足をのばします。あ、のりものその1でね。
by yu-yu1117 | 2014-07-06 13:30 | のほほんおでかけ | Comments(8)

ダンス・パーティ

えへっ。
実は・・・ソシアル・ダンスが趣味のアタクシ。

日曜は自宅の30畳ほどのホールに、ダンス仲間を呼んで、ダンスパーティー♪


・・・・・・という、
今思いついたままの底の浅い嘘で、人生まるごとお茶を濁しているゆうゆうですこんにちわ。


ダンス?

ダンス~は、うまくおどれない。

( ↑ちゃんと節をつけて歌ってしまったひとはそれなりの年齢です)


小学校2年生のときに関よし子ちゃん(実名)といっしょに鳥取市民会館にくるみ割り人形を観に行ったとき、

「よし。私は将来バレリーナになろう」
と、あれほど固い決意をしたのに、
なんで今、なってないんでしょう。
なんで今、開脚を90度以上にしただけで
「むうううう」と声が出てしまうんでしょう。
不思議でなりません。

その当時、あの田舎にバレエ教室があったかどうかも定かではありませんが。


そう言えば
大人になって社交ダンスの集いも、友人に2回ほどむりやり連れていかれたことがありましたが

「場違いの残酷さ」を、超デカ盛りで、なんやったらつゆだくで実感しただけでした。







ではどうして、今日のタイトルはダンスパーティなんや?ときかれたら。


a0226853_15194952.jpg



a0226853_15273195.jpg



ダンスパーティーという名前の紫陽花。

薔薇や向日葵とちがって、
さわやかな青空の下が似合うとは言えない紫陽花なのに
どんどんと品種改良をされて
それぞれ表情豊かに個性をぶつけあって咲き誇っていて。

その中でもこのダンスパーティは気に入ってしまったので、
御贔屓に複数激写。

a0226853_15283324.jpg


長い髪の女の子に

ふわっと花かんむりにしてのせてあげたい。


きっとその子は魔法がかかったように

軽やかに踊りだすでしょうね。



a0226853_1537583.jpg

by yu-yu1117 | 2014-07-05 15:49 | Comments(2)