<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あああ暑いのぉ。

暑い。


暑いのぉ。  蒸すのぉ。

8月はまだこれからだというのに。



昨日の朝は、前日に買って冷蔵庫で冷え冷えにしておいた

ジャスミンティーのペットボトルを「わしっ」とつかんで
仕事場に持っていきました。

朝掃除を終えて、さあ冷えっ冷えぇ~~!のジャスミンティー。
と、これこれ
・・・・・。
これよね、キュウリの薄切りとワカメにぴったり。


こぉ~~れぇ~~はぁ~~~。

「リケンの青じそドレッシング」じゃないかぁい~~!!

一人ノリツッコミしてたらまた汗が出た。

くっさい水道水を飲んで過ごした一日でした。


暑すぎでお写真どころじゃないだす。



チョイ前撮った気がするおさしん。(広島の湧永庭園だなこりゃ)
a0226853_23315934.jpg

手入れされた木が、ぜんぶアイスキャンディーに見えるのは

わたしだけでしょうか。

濃いめの抹茶味だな。たぶん。



子供のころ、王将っていう名前の3色のアイスが好きだったなあ。

つーか安くてなんとなく定番ってだけで
親が買ってきてた気もするし。


はーげんだっつを初めて自力で買ったのは、わりと最近ですけど何か。



by yu-yu1117 | 2015-07-25 23:39 | のほほんつぶやき | Comments(10)

本とカフェオレ

ゆうべ深夜遅くまで、前回の直木賞作品のサラバ!を完読してしまいまいした。
どうして次の日が休みって時に読まないんだ、と自分に言いたいんですが、
ちょっと読み始めちゃうととまらないのが本のコワイところです。

その中で、「チャトラネコ」という猫がでてきて
「ん?どんな猫だっけ?」と
思いましたが、ストーリーの方が気になってその時は調べませんでした。

が、今日、さっきスマホで調べたら
なーんだ。「茶トラ猫」、ああ、こんな平凡な猫。
と腑に落ち、そこまではよかったものの、

そのあとYOUTUBEで、
茶トラ猫のかわいいのが、わんさかわんさかあるようで、
ちょっとタップ一発、
茶トラ子猫の悶えるくらいにかわいい動画があふれんばかりに!!
あああああ。


かわいい。


あああああ。


かわいい。


解体!・・・・ちがう!


飼いたい!


なんの責任ももてないけど、飼いたい!
先のことはわからんし、
子猫のときはかわいくて、大人になって不細工になったら
どーするかわからんけど、
とりあえずちょっとだけ自分のものにしてみたい!
(ていうか、この時点では先のことなんか何も考えていない)

はなっから飼えない環境にあって良かったと自分に安堵します。
リアルに、じゃあこの子飼ってね、と目の前に突き出されたら引くと思います。

っていうか!!
その時間、無駄だから!!

スマホはいけません。自分を律するのってホンマ大変です。

最近新聞のパチンコ屋の折り込みチラシに、
「のめり込み過ぎに注意しましょう」
って書いてあるんですが、
そんな注意書きで抑止できるならとっくに律してます、と思います。


突然ですが又吉さん芥川賞おめでとうございます。
「文学界」で出たときそれを買って、とくに誰にもそのことを触れずにいたら
息子が新幹線の構内で「旅のお供」としてハードカバーを買って持って帰ってきてました。
で、またそれを読んでしまいました。
そして今回「文芸春秋」で全文公開、のやつを私は買うでしょう。
選考委員の書評が必ず載るのですが、
選考委員の山田詠美の書評がいつも楽しみで買ってしまってる手前、
今回も買うでしょう。
ってことで多分我が家、「火花」の活字版をコンプリートです。
火花、多過ぎ。火気厳禁だっつーの。

最近テレビで、30代~40代の芸人さんや、
同じくその年代の小説家の方がとても上手に
読書の楽しさと、おもしろい本を紹介されるので
すごいいいなあ、と思います。
紹介してる、そういう人たちを観ているだけでなにか豊かになれます。


さて。
この夏初めてのアマサギを観ました。

梅雨明けと同時に。

水をはった田んぼに。


a0226853_19455182.jpg





この、ミルクをたっぷり入れたアイスカフェオレみたいな色彩が、

夏を感じさせてくれます。

茶トラもいいけどアイスカフェオレもね。

なんかのCMみたいだけど。


by yu-yu1117 | 2015-07-21 19:50 | のほほんつぶやき | Comments(8)

初めてふった。

ご近所付き合いからは一歩ひいている。

っていっても、事件とかあったときに
テレビのインタビューを受けて
「近所との接点はいっさいなく」と報道されるのはいやなので
(っていうか事件そのものがいやだけど)

おはようだのこんにちわだの暑いねーだの寒いねーだのもう高校生なの~だの
きれいに咲かせましたね~だの言って、
そういうあたりで「変人じゃないよ、私」はアピールしている。

5年ほど前まで住んでいたところは近所にママ友たちがわんさかいたし
子供会やら役員やらでさんざん奉公してきて、
まみれたくない人間関係にも足を突っ込まざるを得なかった。

きっぱりあっさり、居住地が変わったことから、そこんとこは本当に楽になった。
当時の人にも会いたい人ならば、連絡を取って会えるわけだし、
でも会いたくない人は全然会わなくてすむのは、
乱暴な言い方をすれば「断捨離」大成功だ。

さて。
先日、夕方帰宅して車から降りると近所の奥さんがやってきた。
「またBBQ、週末にそこの公園でするのでよかったら顔出してください~」
私「あ~、どうも~」

ひと夏に2~3回、すぐそばの公園で盛大にBBQをやっている。
なにしろ子育て世代ばかりなので、イベントとしては子供たちは楽しかろう。
声をかけてくれたこの人の一声で、いつも日にちが決定するという、
界隈のボス的な家族っぽい。よくわからないが。
家も一番豪邸だし半年に一回くらい新車になるし、自営業の羽振りもよいのだろう。

といっても、そのボス的な人が、
実は・・・!!

と言いたいけど、なにしろ付き合いが浅いので
実は・・・!のネタがない。(笑)

実は・・・!しっかりしてて
周りをまとめるのが上手い人ってだけのような気はする。


「メールでお知らせしようと思ったんだけど、
以前教えてもらったメルアド、届かなかったの、なんでかなあ」
私「あら、アドレスまちがえたかなあ~」

「スマホですか?」
私「スマホです~」

「あ、じゃ、ふるふるしましょ」
私「ふる・・・ふる・・・」

「ラインのふるふる」
私「ふる・・・ふる・・・」

断っておくが、「LINE」は、知っておる。
知っておるし、やっておる。

けど家族・友人・職場の人とちょろちょろやってる程度なので
連絡事項以外に何一つ機能させていない。
のに、ふるふるって言われても。

戸惑う暇なく、彼女はおしりのポケットから自分のスマホを出したので
私も、のそのそとバッグからスマホをだす。

「LINEを起動させて~」
「・・・起動させて~」

「ふるふるを出して~」
「え・・・どこ?どれ?」

もうこのあたりで、
「こいつ使いこなしてねえなあ、
だから年寄りはめんどーなんだよ。けっ!」

思われている・・ような気がして、あせる。

ふるふる、とあるのを見つけてタップすると、画面に「振れ」ということが
書いてある画面に。
っていうか、すぐそばで彼女はもうスマホを振って待っていた。

ふ・・・。振るのか。

昔ラジオやテレビは、平手で叩いていたぞ。

学生のときは、先輩から譲り受けた白黒のこわれかけの小型テレビを
両手でぐわっ!!とわしづかみにして
それこそふるふるどころか、ゆっさゆっさ揺らして何度も直したぞ。
それで堀ちえみ主演の「スチュワーデス物語」を観ることができたぞ。

え。そういうふるふるじゃないのか。
そうか。友達追加か。

そして私のLINE上で、彼女は「友達」になった。



当日。雨。

LINEが入ってきた。雨だから残念ですが、今日はBBQ、中止。
~とのこと。
そしたらびっくり。
それに対する、すっごい勢いで大勢の返信が。
それは「さあや」だったり「ひなママ」だったり「あゆゆ」だったり、

「だれか知らんけど若い!!」

みたいな人たちから。

そもそも。
私LINEって、本名で登録してるし。
大勢の人たちとやりとりするなんてハナっから考えてなかったから、

さあや、ひなママ、あゆゆ、☆☆☆子。




だっせー。

私、だっせー。


で、彼女らは
「ざんね~ん」だの、スタンプだのスタンプだのスタンプだのを
よこしてきて、いちいち私のスマホが反応して、
ひほーんひほーんと鳴り続けるため、


スタンプだの   を私も恐る恐る、おくりました。

「りょうかい」っていうのを目立たないように。
既読無視にならないように。
スタンプがほかの人とかぶらないように。
変なふざけたやつじゃないやつ。動くスタンプとかじゃないやつ。
こっそり紛れ込ませるように。


そのあと、「そんなわけで来週にしようと思います」
という提案が入り、
またまた、ひほーんひほーんまつりが始まったのであった・・・・。

そうか~。
これが、いわゆるさまざまな騒動を巻き起こす、LINEなのね。
今まで私がやってたのは、LINEだけど、「あの」LINEじゃなかったみたい。

今のママ友たちはこれで
「今日は外遊びをしましょう」とか
「うちのゆなが、しーちゃんのうちに泊まりたいっていうからお願いね」
とか
「うちの子また、まあくんにいじめられたって言ってた、どうよ」
とか
「たっくんママが若い男と歩いてたのをみた!!」
とか
「ゆきママ、グループから外さない?」
とか。
これに対して既読無視か。スタンプで濁すか。
同意するか、ほかの人の意見を待つか。
多勢につくか。反逆するか。






ぎゃあああ。   うわあああ。


この時代にママしてなくてよかった~~!!

勢いづいて失言一発したら、3日間は不眠だあああ。
周りがみんな入ってるグループに、私一人入ってないとかわかったら
ひきこもりになるかも。
あっちにもこっちにもいい顔しようと思うと、それだけで
すべての神経をすり減ってくたくたになるかも。


結論。
来年の夏までにはこっそりと本名から、苗字を外しておこうと思います。






子育ては、大変です。

ママたちも大変だと思います。

先日見かけた、
断崖絶壁のダムで取り残された子ツバメたち。


スパルタ飛行訓練中か??


a0226853_16103372.jpg
あ。

かーちゃんが、下からみょ~~~んと、とんで来た。
(とーちゃんかもしれん)

餌をあげてまた飛んで行ってしまった。


a0226853_16100808.jpg
 
子供ら、どうするんだろ、と心配しながらここを後にしたけど、

帰りにみたら、もういなかった。

無事に飛んだんだろうな。


何処のママもご苦労さん。


by yu-yu1117 | 2015-07-18 16:30 | のほほんつぶやき | Comments(4)

鳥撮り自撮り 梅雨妄想。


最近、梅雨でございますし、
そうでなくても蒸し暑かったり用事が重なったりで

週末に鳥さんを撮れておりません。

困ったなあ。でもブログアップしとかないとなあ。

ブログのコンセプト、180度変えたら気軽に書けるかしら。

とりはとりでも、鳥でなくて自撮りとか。

自撮りだったら別に山ん中でやぶ蚊に刺されながら撮らなくてもいいし。
自分が死なない限り、被写体はいつもすぐそばに。
便利便利。

てなことで

ゆうゆうさんのブログはこれから来る日も来る日も
自撮りでいこうかと思います。



私世代の年齢で、自撮りだらけブログっちゅうたら

本業モデルとかのカリスマ美魔女ブログ、とか
美魔女って言われたいだけの自分大好きおばはんとか
ただひたすら勘違いのイタい人とか

が多いようにも思いますが、
ここはもちろんカリスマ美魔女を目指しましょう。


「お・は・よ★☆  今?  ごめんねすっぴんでパシャリ!!
これからおうちでハーブティ飲んで♪ 
お化粧したら お友達と人気のパンケーキ食べに行くんだにょん♪♪
でもぉぉぉ~、いやだ~また太っちゃう!(>_<)  」

という文章とともにすっぴん自撮り。


いやあ簡単だ。
こういう文章をかけば絶対
「すっぴんもかわいいい~~♪」
という社交辞令コメントがわんさかくるはず。

ま、でも「また太っちゃう~~」と書いていて
マジでデブの自撮りはさすがに
気が引ける・・・・。



しかしです。
実は今、わりかしがんばって筋トレしてます。
これがまた美魔女になりたいとか悠長な話ではなくて
一日デスクに張り付いてたら、
より張り付きやすいように背骨とかぐにゃりと曲がって
火鉢であぶられたイカ大王様みたいに猫背になってしまっており、
ジムでウォーキング中心だったのを、
筋トレメインの日も作っておるのだよ。
すごいすごいゆうゆうさん。

ただ、一人でそう決めて一人で励むのは
すぐに心が折れそうなのですが


はっと気づいて
「一人ライザップごっこ」と命名したら、
これがけっこう楽しいこと。

なんでもそうですが「ごっこ」とつけて
ちゃんと遊びに成立させるとテンションは上がるのです。

この「ごっこ」にはもちろん、有能な精鋭スタッフが常時私を見守り、
ときとして愛の鞭をいれてくれます。
私の担当スタッフとして悩んだ末「『妄想』澤穂希」を採用しました。

スタッフ候補に松岡修造やアニマル浜口も起用してみましたが、ひとりで笑けてきて、
笑いながら腹筋するやつという不審者となってしまうので却下。
シュワちゃんみたいな世界的なのは、通訳を必要とするので面倒で却下。

そんなわけで今、私の一人ライザップには厳しくて時に論理的な澤がついています。
時々、宮間が加わったりして、四つの糸目が私を励まします。

ただし、所詮スタッフは妄想。
私が持っている以上の知識とアドバイスは妄想澤も妄想宮間もしてくれません。
そして家に帰り、ほっこりと私自身にビール一杯が入ってしまうと、
妄想スタッフたちは煙のごとくどこかに消え去り、
糖質も炭水化物もなすがままに私の胃袋へ。



まったく結果にコミットしていません。




うーん。
でも。よし。
身体がダメなら顔!!
少々腹がぷよぷよしてても、顔が美しければよし!



a0226853_07474918.jpg



で、ドラッグストアでこんなん買ったりしてさ。

年齢を重ねるごとに、

「くだらないものは買わない」
ってのをちゃんと実践できるようになってきてるところに、

ときどき魔がさすのは生来からの悪い癖。


これを貼った状態で自撮りってのはどうよ。
さっそく風呂上がりの顔に張ったところ
私の眉毛の位置に、かなりリアルなふなっしーの目があり、私の目とともに、
確実な四ツ目に。
そしてまっかっかのふなっしーの口は私の鼻の頭に位置し、
デザインとして非常におかしいうえ、
黄疸のような不健康なきいろい肌もちっともキュートでなく。

なによりフェイスパックなので、
当然、全面的にぬらぬらねとねとしており、

どっからどうみても、ほんとに気持ちの悪い妖怪以外の何ものでもありませんでした。

少々キモイくらいなら写真アップしちゃうところでしたが、
ほんとのほんとにきしょいのでやめておきます。

このパックはたとえ綾瀬はるかがやってもきしょいと思います。
残念なっしー。
バージョンとして、くまもんでもバリィさんでも怖いと思うなっしー。
こんな製品作るのってどうかと思うなっしー。




カリスマ美女のブログにほど遠いようです。
また錯綜しようと思います。









この花は 私です。

a0226853_23000828.jpg

湧永庭園(広島県)


ちょっと言ってみたかっただけです。

by yu-yu1117 | 2015-07-12 07:45 | 妄想日記 | Comments(9)