<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

レッドカーペットで踊り狂いたい。

今週の月曜日はSEKAI GA OWARUんじゃないかというほど忙しかった。

もうなんならゲスの極み並みに忙しかった。

↑ ただ言いたいだけやん、という気もするが、
平たく言うと。めっちゃ忙しかったのだ。

しょうがない。だって「さあ、できたよ!買ってね!」
というような感じのDMを、先週末に全国のお得意さんにむけてばらまいたのだから、

「じゃあ買うよ!」という人からの、
電話やら手紙やらFAXやらメールやらHPやら直接来社やら、
日本に渦巻く、ありとあらゆる通信手段を使って、注文が舞い込んだ。

それをだなあ。
ほぼ一人で対応。
なんつーても、ほら。社長は社長のお仕事をマイペースでやってるし、




社長の息子は  来ない。




社長の息子が  来ない。




社長息子が   来ない。







そのかわりと言ってはなんだが、
通信販売っぽいところから、息子宛に



「お届け物でぇす~」



スキー板が届いた。

真っ二つに割ってやろうかと思った。

この瞬間なら、素手と足をつかえばバキっと折ることもできそうな気がした。




月曜、火曜とまったく息子が来ないわ忙しいわで、さすがに社長の前で
あからさまに大きなため息の一つもついたさ。

そしたらぼそっと
「電話が多いなあ・・・う~ん、あいつ、風邪ひいとるしなあ」

・・・息子は風邪をひいているらしい。






ひくな!



てか、ひいても来い! 注射一本打って熱さまシート貼り付けて来い!

水曜日に、来た。




来たよ。  


「お届け物でぇす~」

来ました。
また、スキー板が。


おまえは4本足かいっ!!!!


というところで、


やっと息子本人もやってきた。

やっと来たぜ、さあ仕事しろ、と思ったら

「昨日おととい、忙しかったみたいで、すいません。
 えっと明日とあさって、点滴に行きますのでまたお休みしますが、すいません」







点滴吊り下げて来いっ!!

てか、わたしゃあんたが天敵じゃい!



というようなことは、ワタクシ、従業員の身ですから、
絶対申し上げません。

でも「あ、いいですよ、無理なさらないでください。お大事に」
というありがちな大人の対応は一切できずに


「わかりました」
と言い放つのが精いっぱいでしたね。

チッ!






さあ気分を変えましょう。


広島県の世羅町にいったときのお写真で、
気分を、さっぱり!! 変えましょう。


まっかなじゅうたんは、ケイトウです。
実はケイトウって子供のころ、
「ばばくさい花」だと思ってて、好きじゃなかったのです。

薔薇だの桜だの、チューリップだのと違って

「たかが、けいとう」と思ってあんまり期待してなかったのに、

めっちゃきれいじゃん!

昔っからあるあの、びろびろのビロード調のあれかと思ったら
ほんとうの「鶏頭」だわねこりゃ、というものでした。
キャンドルとか、槍鶏頭という方の種類のようです。


レッドカーペットをデヴィ夫人みたいなドレス着て
鶏頭を蹴散らしながら踊りまくりたいわ~。
(情緒不安定入ってます)



a0226853_18062737.jpg



ダリアさんとかもめっさ咲かせてまして。

ダリアも、なんかかわいーの。

ダリアも子供のころ
「ばばくさい花」のような気がしていて、好んではおりませんでした。

「たかがダリア」と鼻白んでおったワタクシが軽率でした。



a0226853_18064532.jpg



続いては、青いというか紫にちかい、サルビア。

赤いのんは、子供のころからよく見ますが、こんな品種が。

「たかがサルビア」と・・・以下同上。

赤・紫・白、のサルビアのじゅうたん。

ここを叶恭子みたいなドレス着て、
サルビアを蹴散らしながらランバダを・・・以下同上。


ちょっとしょっぱい感じの点滴を打ってもらった方がいいかもしれません、私。

a0226853_18140331.jpg






a0226853_18115832.jpg




百合まつりっぽいことも、ハウスのなかでやってました。



さすがに百合は、一輪でも美しい~~!


a0226853_22070527.jpg






a0226853_18122260.jpg



ああ。
そういえば、去年も会社の倉庫にスキー板が置いてありました。

6本足だったんだ。


虫かよ!!

by yu-yu1117 | 2015-10-24 22:41 | のほほんおしごと | Comments(8)

ムスメさんとのび太くん。

またゆうゆうがブログを更新した!!
やっぱり世界の終わりが近づいているのかもしれない!

と思ってるあなた。
安心してください。
気のせいです。

世界は終わりません。多分。

でもSEKAI NO OWARI の方々が近づいてきたら、
とりあえず握手してもらおうと思います。


さてコスモスを撮りに行ったならば、

めんこいムスメさんたちが十数名、わらわらきゃぴきゃぴ、
楽しげに、コスモスにカメラを向けていらっさいました。

プレートみたいなのを胸につけて、
さらに、みな一様にミラーレスのカメラを首からぶらさげてらしたので、
どうやら「ミラーレスで女子っぽいおさしんを撮りましょうツアー」だった模様。


a0226853_23072517.jpg


参加者の個人・グループごとの雰囲気はさまざまながら、
ほとんどお帽子がこのニットのとんがり帽だったのに小さく動揺しました。

多分「両手があくようにカバン斜め掛けかリュック的なもの」や、
歩きやすい服装、といった指定はあったのではとは想像の範囲内だけど、
「ニットのとんがり帽」は指定されてはいないだろうになあ、しかも今日、汗ばむほどの暑さなのになあ、
紫外線もハンパねえのになあ・・・で、

なぜみなそれをかぶる!?

流行っているからよね。


帽子の流行りと言えば、先々週、ちょこっと
おされなお店・おされなおねえさんが集まる界隈に行ったのだが、
そこではなぜか、みなツバが広い女優帽・秋バージョンみたいなのをかぶってらっさいました。
色は黒がほとんどで、それこそ尖がらせたらハリーポッターみたいになりそうだったので
ハロウィンだからなのか?などと深読みしてしまいました。

違いましたね。
流行っているからよね。



どうやら、ものすごいテンポ遅れで、世の中の流行りを把握している私のようです。



SEKAI NO UGOKI についていっていません。


a0226853_15095458.jpg

コスモスを撮っていたら、

鳥さんがやってきてとまりました。


絵的に、

とてもセンスのない人の生け花作品みたいになっています。

気にしないでください。
私は気にしません。


a0226853_15172754.jpg

スズメです。

ちがいます。

ノビタキの男の子ではないでしょうか。
ノビタキの男子。 もうお名前はのび太くんで決まりです。


a0226853_15204548.jpg
ずいぶんと見晴らしのよいところでご機嫌そうです。

あ。まるで回転ずしのように、そこにいるだけなのに食べ物が流れてきました。


じーっと凝視しているのび太くん。



a0226853_15252631.jpg
好みの食材ではなかったようです。
ネタが大きすぎるのかも。命拾いの蜂さん。




コスモスをたくさん撮って、ほかのお花もたくさん撮りました。

それはまた後日。

え?また更新するのかゆうゆう。えらいぞ!


a0226853_15291337.jpg


by yu-yu1117 | 2015-10-18 15:36 | のほほんおしゃしん | Comments(12)

世羅まで行ってきのこ買う。

さくさくとブログを更新しているゆうゆうです。

「ゆうゆうがブログを更新しまくっている!世界の終わりが近いのではないか!」

と思っている方。  走馬灯のようなものが見えたら教えてください。



いや、こんなものを買ったので自慢したくて。

a0226853_23081177.jpg

あ、もちろん国産ン~~♪。 

一本??えっと、8000円だったかな、
6本、この一皿で4万8000円??、

だって、食にはお金かけても、いいものはいいもの、だものね。


秋だし、ね。

きのこに5万かけるくらい、

あ・た・しは、フツー。


・・・・ああ、


殴らないで殴らないで!
ごめんなさいごめんなさい!
金持ちぶってみせたかったんです。
正解は、






一皿1000円ですぅぅ。

まつきのこっつーらしいんです。
なんかテレビとかで紹介されたらしいんですが、私は観てない。

マツタケみたいな歯ごたえ風味、香りがあるらしいって。

ダンナが職場の女の子から、
広島県の世羅に行ったらあるとか聞いて、
コスモスとか見にいくついでに買ってみたんです。

(そのお花たちは後日紹介)



a0226853_23082155.jpg
 


買ったら「食べ方」ってのがあって、
フライパンや鉄板の上にホイルに塩をぱらぱら散らして、それで軽くあぶると絶品っていうんで、
根が素直なゆうゆうさん、

仰せの通りにやってみる。

a0226853_23083240.jpg

完全にマツタケそのものの歯ごたえ。

でも香りというか匂いはなかったなあ。

でもワタクシ、一口たべて「旨~~~!!」っと叫んだので、
美味しいことは絶対おいしい。


「マツタケもどきで、はしゃいでいる本物知らずの下卑た野郎だ」
と思っている、そこのあなた。
そんなあなたに「永谷園のマツタケ風味のお吸い物」の中に、これかマツタケ入れて
「さあ、これは、まつきのこかマツタケか?」
と聞いて答えられる自信はおありだろうか。
かなり難問になるかと。


ワタクシ「エリンギの大量食い」が苦手なのですが、
これならOK、そんなに風味が主張してこないし。
何しろ安いので大量に食べられる。
あ、今回は最初なので「上ものだよ!」という1000円のものを買いましたが
ビニール袋に小さいのがわさ~っと入って500円、というのもありました。
こんなんなら炒めものや鍋にばさっと入れられそう。

さいしょは、マツタケもどきのバッタもんかと思って
中国にいる6頭身のキティちゃんとかドラえもんのようなやつかと思っていましたが
苦労に苦労を重ねたものと判り、バッタもん扱いしたことを、ここに謝罪申し上げます。


まあね。「原種だけが本物」とか言ってたら、
いまどきのブドウの新しい品種も、トマトのあまいやつも
飼いやすい室内犬も、すべて否定することになるもんね。

物は試しに、みなさまどうぞ。

by yu-yu1117 | 2015-10-14 23:40 | のほほんまんぷく | Comments(2)

たまには鳥さん。

降りてはいけないところに降り立ってしまったお方。(左側)

そのことにめっちゃ腹立ってるお方。(右側)


a0226853_15204226.jpg


ストリートファイト勃発!?

かと思いきや

  瞬 殺。



a0226853_15205401.jpg



そのあとも執拗に追いかけて、めちゃめちゃ怒ってました。

そんなに怒らんでもええやん。



秋になって鳥さんが撮りやすくなりました。

夏はホントに鳥さんを見に行く気力がなかったなあ。




a0226853_15272289.jpg
チラ見えのエナガさん。




夏の終わりから秋にかけて、今年はコサメビタキさんをよく見かけました。

a0226853_15231834.jpg


コサメさんは平和主義か。



a0226853_15234591.jpg


寒くてお出かけが嫌になる前の短い期間、

鳥さんに出会いに行かねば行かねば。


by yu-yu1117 | 2015-10-13 19:13 | 野鳥さん | Comments(6)

使いこなせません

会社やお出かけ先とか、リビングでふと思いついたときに
ブログを更新しようと思うのだけど、

スマホからしようと思うと
タップするたびに最初の待ち受け画面に戻ってしまいます。

一時期、ちゃんと書いて「投稿」ってときにそうれがしょっちゅう起こって
すべてが水の泡になるので
ふてくされてスマホからは書こうともしなくなりました。

他の人のブログを読むことはスムーズにいくので
人のばっか読み逃げして、ときにコメントなんかもしちゃったりして

自分のブログ更新だけ拒否ってくるスマホの気持ちがわからない。
ちゃんとせんとiPhonに買い替えるぞ!と脅してみたりするけど
実際大金をかけてそこまで乗り換える必要性もないんで
そのまんまです。
替えたら替えたで、また使いこなすまでに
・・・って今のも使いこなしてはいないけど・・・
かなりイライラ・むかむか・不眠・歯ぎしり・夜尿を繰り返す日々となるであろうから
わざわざ不健康の元凶を買うのもどうかと思います。

そういえば昔に比べると
「私はアナログ人間だから」
という人が減ったように思います。

そりゃ今、本当にデジタル系を取り入れようとしなかったら
仕事では使えないやつになるし、友人では連絡の取りにくいやつになるし、
度合いによっては「変わり者」のレッテルを貼られることになりがちです。


ブログの更新をしようと、就寝前にパソコンに向かうわけですが、
電源つけてなぜか「ようこそ」の画面で寝落ちすることがよくあるのが難点です。
ようこそ、が、おやすみ、に見えてるのか私。

パソコン側からしてみれば、電源だけつけて放置だなんて
ピンポンダッシュに遭ったくらいの不快感でしょう。

朝起きると「ようこそ」のままさんざん放置されて
パソコン自らも憔悴しきって瞳を閉じ、
電源ボタンだけが寒々しく青い点滅を繰り返している、ということがしょっちゅうです。

タブレット、とか買っちゃうとこれまたお金が出ていくだけで
また使いこなすまでにイライラ・むかつき・過食・深酒・暴力を繰り返す日々となるのだろうなあ。

子供のころは大人になってこの手の苦労をするだなんて、夢にも思わなかった。


ぜんぜん話は変わりますが、
三連休になったので、初日は優花さんと久しぶりに会うことに。
晴天とはいかなかったけど、降りそうにはなかったので
うちから車で30分ほどの「半田山植物園」に行きました。

ヤマガラさんは冬支度でせわしなく動きっぱなし。

a0226853_07154725.jpg





黄色い彼岸花はまだ咲いていてくれました。

この植物園は赤いのん、白いのん、黄色いのん、を取り揃えて咲かせてくれるのでありがたい。
すでに赤や白は枯れておりましたが。

a0226853_07155331.jpg



a0226853_07155973.jpg



その後のランチは鎌倉パスタへ。

そうそう、優花さんの娘さんが先日、知らない人はいない一流企業就職への内定が決まり、

お祝いモードで、ウニやイクラの舞い踊りにエビの宙返り。


ああ。頑張った人は報われるのだなあ。

a0226853_07233555.jpg


コンデジで撮ったけど、なんか色が変。
パスタはこんなに黄ばんでなかったし、
そんなにお店も暗くはなかったのに。

そう、コンデジこそなんとなく撮っていて、
いつまでたっても使い慣れないアイテムの一つです。

コンデジで卓越した技量を身につけたいとまではいかないけど、
あと、スマホのあらゆる機能を使いこなしたいとは思わないけど、

やっぱりもうちょっと勉強しなきゃいかんようです。

大人になって、こんなに勉強することがあるだなんて。

今からこんなこと頑張って、なんか報われることがあるのでしょうか。



ぐすん。



a0226853_07161914.jpg

by yu-yu1117 | 2015-10-12 07:39 | のほほんつぶやき | Comments(10)

SW、おっかなびっくり泊まる ~ ホテルイシバシ ~

今のご時世、下調べのできないことなんてないんじゃないか。
どこに行くにも、何をするにも、
初めて行くところ・初めてすることに対して
自分がどういう状況になるのかを想像することができる。
ググっちゃえばいいんだもんね。

だから、「サプライズ」なんて言葉がもてはやされるのかも。

いまどきなんでも予定調和。安泰安泰。

だけど。
「あちゃあ!」ってのと隣り合わせなことも時には必要じゃね?

さあ。宇和島駅からほど近い、ホテルイシバシに泊まります。
クチコミ無いぞ。
レポート的なブログも見つけてない。(真面目に調べてない)
ホームページはあるけど電話で問い合わせたら、
いきなりHPとまったく違うことを言われた。いつ更新したやつ載せてんのか。



そして、実際に宇和島駅周辺に赴いて高いところから見下ろすと、

今夜泊まるホテルをハッケンしてしまった!! (写真中央)
a0226853_19303605.jpg



キテるわ~~~。


ぶっちぎりキテるわ~~~。

HP画像と全然違うなんてことは想像の範囲内だったけど、
自分の目で見ると、沁みてくるわ~~~。



さて。いよいよ向かいます。




どうも、かんばんわ。

a0226853_11483485.jpg

ななめ~~~!!  支配人!ななめですよ~~!
えらい定着ぶりだけど、何年、いや何十年、この状態で放ってますのん!?


この建物に泊まるんだ~。どきどきわくわく。


フロントでは、普通のちゃんとしたパートの人(勝手にパートと決めつけるな)が

ちゃんとした対応をしてくださった。


だけど看板にあるような本や食品は売ってる気配はない。

お部屋(シングル)に入ると、


a0226853_11485283.jpg
こんな感じで

ありゃりゃ。フツー。

カーペットは前衛芸術のごとしシミが広がっておって
年月を感じずにはいられないのだけど、

「笑点」がきちんと写るテレビもあるし、

着なかったけど、ありがちな浴衣もある。

なんなら東☆インとかアパなんとかより、
シングルなのにこの広さ!と言えるかも。

なにより一番ありがたかったのは、清潔だったことで。
もう、これにつきますわ。
臭かったり埃っぽかったりお風呂やトイレの掃除ができてなかったら辛いもんね~。


トイレはウォシュレットもある。

もちろんリンスインシャンプーだけど髪も洗える。
ボディシャンプーもあるので体も洗える。
化粧水や乳液は当然無い。でもあったらびっくりくらいの気持ちでいたから、
ないのがむしろ安心感。

普段ジムに持参するセットをそのまま一式持ってきたので
私の気持ちは太っ腹。

ドライヤーもないけど、それだって持ってきた。

要は「わからなければそれなりの準備をする」ということだ。
ホテルなんだから何でもそろってる、なんてイキってお客様気分で行くから
サービスが悪い、などと思うわけで。
まあお客さんなのだけど。


ちなみにドアは開け閉めに「ごつん!!」とかなりの金属音が響いて、
隣りの人が出て行ったわ、帰ってきたわ、がテレビをつけててもわかりましたが、
なあに、私は旅行の時はダンナと同室のこともあるので
いびき回避に耳栓は必ず持参するのだよ。
熟睡できました。



まあそれはともかく。

さすがにここの夕食はご遠慮して、徒歩5分の和食屋さんを予約したので、
そちらに向かう。

鍵をあずける際にふとレストランに用意されている夕飯を見ると、
かぼちゃの炊いたん、とか、冷めてしなっとした天婦羅、
とか、2時間前にスライスしたのかしらのキャベツのサラダ、みたいなのがぽちぽちと並んでいて、

ああ、夕食は断ってよかったことよ、と思いました。



a0226853_11490669.jpg
連休ということで、

本当は一品物を頼みたかったのですが、
予約の時点で、コースにしてほしいということで。

a0226853_11492162.jpg
a0226853_11494683.jpg
お刺身の鯛。「愛鯛」という愛媛のブランドの鯛だそうです。

ほんとにおいしかった♪
a0226853_11500600.jpg

旬の郷土料理を堪能できるとのお店でしたが、
う~ん、コース料理だったのでもうちょいでしたか。
でもまあ、あのホテルで見たかぼちゃの炊いたんの何十倍か満足できるものでした。



さてさて。
これはお判りでしょうか。
コースにはないけど、メニューにみつけて、どうしてもダンナに食べてもらいたくて
頼みました。


a0226853_11504580.jpg


亀の手。

愛媛では、せい、というらしい。
茶色い部分たやわらかくて、ぷりっと向いてすするように食べます。

ダンナは一度も食べたことがないそうで。

磯の岩場にど根性雑草のごとく生えてるのはよく見てたらしんですが
食用できるとは思ってなかったのこと。

私も鳥取の海周辺育ちて、こいつはしょっちゅう見ていたけど、
そうそう食べる気はなかったものです。
家族で釣りに行って、釣りにそこまで興味のない母が
たいくつでたいくつでしょうがないときに、この亀の手を岩場からむりむりむりむりっと引きはがし
その晩のお吸い物に入っていたりしたもので。

だから私もほんとに数十年ぶりに食べる亀の手。

あれれ。
・・・・・・。


めっさ、おいしくなかった。

つーか、味がなかった。


なぜじゃ。

亀の手の味を例えると、生きている海老か蟹の一部分を無理やりもぎ取って、
熱湯に5秒つけた後、そのまますすった味、
そんな感じです。

かなり磯風味でしおが効いて、味がすんごく濃い。
のに。

あまり新鮮でなかったのか、
そういう食用としてどっかで養殖しちゃったのか、
まったくわからないけどおいしくなかったです。

「こんなはずじゃあ」を繰り返す私に、

「じゃ、こんど採りに行こう」
と乗り気になってるダンナです。

う~ん、でもなんか採って食べるほどでもないんだよなあ。





という、ちょっと納得できない亀の手をたいらげて、ホテルへ戻ると、
地元の近所の常連さんらしき人がレストランで7~8人くらいで「できあがって」ました。

ありがちな地方ホテル・地方旅館の光景です。
今に始まったことじゃないなあ、と思うと、
そういや、過去にヘンテコなところにもいっぱい泊まったなあとしみじみ思い返せます。

フロントにきちゃない等身大のヌードポスターが貼ってあったのは
鳥取の関金温泉の、とある旅館でした。
ああ、なつかしい。

そんなのに比べりゃ天国天国。


耳栓をしてホテルで熟睡。

朝はそのホテルでの朝食。



a0226853_11505643.jpg


予想外にふつう過ぎて、なんのコメントも浮かばない!!
しかも、ご飯がおいしい(笑)。

さて、ここで支払った金額はふたりで1万300円。
素泊まりだったら一人4500円ほどだから二人で1万円でおつりがきます。
シングル2部屋で。これツインの一部屋だったらもっと安かったでしょう。

考えてみたら夕飯代とあまり変わらなかった。

お財布に優しく、適度にツッこめて、けっきょく満足してホテルを出ました。
 

なんやん。
なんなんやん。(笑)



by yu-yu1117 | 2015-10-01 19:24 | のほほんおでかけ | Comments(8)