こうのとりの郷公園に行ったのだ。

さいきんめっちゃ眠とうございます。
夜、寝る前に皆さまにコメントを書こうとして、あっちの世界に行ってしまうことがあります。
意識と無意識の間に、一体どなたが私に降臨してきたのかわかりませんが、

なんの関係もなく、コメントに

「簡略化」これが。

と書いていました。
送信しなくてよかったです。
寝る前に人様にコメント書くなんて私には10年早いと思う次第です。

って10年たったらたったで、また・・・・(´・ω・`)



気を取り直して、 もう10日以上も前のことですが、
先週の日曜日に隣県である「兵庫県立こうのとりの郷公園」にいってきました。
隣県だからと油断してたら3時間以上かかりました。

なんなんだ。この縦に長い県は。

広島なんかも、やけに横に長いんで通過するのにめっちゃ時間がかかり
「横に長!!」と文句を言いますが、
兵庫は「縦に長!!」と文句を言いたくなります。
ちなみに島根は「斜めに長!!」と文句を言ったことがあります。


四角い岡山県を見習え。


まあつまり、こうのとりの郷公園はほぼ日本海に近いということです。
この近所には、城崎温泉という、
しっぽりと大人の雰囲気を醸し出す温泉地があり
3連休なのでついでにここの有名な料理旅館にお泊りしました。って、
うそですうそです ひがえりです。
行きたかったけど仕事が入ったりしてさ。
入りそうだったんでもう、予約もしてないし、なんなら検索もしてない。
なので、もし泊まったとしても
よくわからんヤバイ旅館にとまる可能性大なのですけど。


a0226853_22265945.jpg

どうだ。

この子がこうのとりさんです。

赤ちゃんを、めっちゃ張り切って運んでくる鳥です。

「ねえママ、赤ちゃんはどこからやってくるの?」
「こうのとりさんが運んでくるのよ」
・・・の、こうのとりさんです。

でも 顔が怖くないですか??

こんな目の周りの赤いのんが、赤ちゃん運んで来たら、どないします?



「ほおら・・・
赤ちゃん運んできたよぉぉぉ・・・」

a0226853_22265077.jpg


・・・だからこわいって。


つむじをみたら「666」って書いてあるような赤ちゃん連れてきそう。

夜中に「ケケケケッ!」と笑いながら壁をよじ登りそうな赤ちゃん連れてきそう。

ちょっと赤ちゃん、返品したいんですけど。


いやだなあと思って、もともと、なぜこうのとりは赤ちゃんを連れてくるっていうようになったか
というのを調べたら、
なんか、ドイツの民話に基づいているらしい。

なので、こうのとりも、この種類でなく、

シュバシコウ(朱嘴鸛)



a0226853_18474126.jpg
(グーグルさんありがとう)


という日本には基本棲息していない鳥でした。
目の周りが赤くないんで、それだけでもあんまりこわくないじゃないですか。



少し安心したところで、

こうのとりの郷公園の、敷地内の鳥さんは以上終わり。
敷地内に飼っているこうのとりは、
飛べないようにしているのです。

ただここでは、こうのとりの野生復帰をもまた目的としています。
健全な生態系を取り戻そうと地域生物群集を復活再生させようとしているのです。

頭の下がる話ではないか。

そんで、ここで幼鳥・成鳥を毎年リリースしているわけですが
公園付近の居心地がいいのか、帰巣本能か、

この公園の界隈で野鳥として、こうのとりがいるのです。

それを探しました。



a0226853_22274129.jpg

簡単におりました。

普通の民家の屋根に。

風見鶏かいな、といういで立ちです。

こうのとりの成鳥は普通、鳴かないそうです。
「クラッタリング」というのですが、嘴をたたいて、その音で会話するようです。

このときも屋根の上でふたりでクラッタリングしてました。

かたかたかたかた!・・・と
結構大きな音でカスタネットみたいです。
なんか楽しそうでした。



それにしても。


独り立ちできる程度に育てて、せっかく野に放ったというのに、
居心地の良さやら、餌がもらえるとかから、


近所から離れることなく

都合のいい時だけ戻ってくる。

それってうちの息子たちと一緒やん。



あ。飛んだ。

a0226853_22273326.jpg



でも里山にこういう光景があるのは、いいですね。

昔はもっと日本の里山には、こうのとりとか、キジとか鶴とか、なんならトキとかいたわけですよ。
風情がありますなあ。






a0226853_22271313.jpg



実際、家の近所にコイツおったらびっくりするけどな。

顔こわいし!!




# by yu-yu1117 | 2016-10-19 19:14 | 野鳥さん | Comments(0)

傷が癒えたら秋が来た。



   傷は癒えました。


ってこれだけ書くと、失恋の心の傷が癒えたみたいですが、

背中の日帰り手術のやつです。
ドラマチックな傷でなくてすみません。
えげつない一本線の傷跡が残っててすみません。

そもそも胸ときめく恋をしていないので、
失恋もできません。

手術直後はホントしんどかったんですが、
今はへいっちゃら。
3日前に調子に乗ってジム通いを再開し、
これ以上調子に乗らなくてもいいのに調子に乗って
ちょっと足を傷めました。

何がやりたいのか、もはや自分でもわかりません。

仕事はただただひたすらに忙しく、

・・・ってこれだけ言うと、
なんかリア充っぽいので
「忙しい忙しいって言いたいだけじゃん」ってツッコミを
自分で入れたいんですけど、
どうやら今は本気で忙しくしかも充実感なんぞなくて、
水曜日に早く帰れるようになった件は雲散霧消。

巷にあふれかえる、ヨガ女になる計略も立ち消えております。

秋晴れなのでどこか行こうと思いますが

とりあえず、ぼさぼさの髪を切りに今から美容院に行ってきます。

きのうジムで何人か集まっているところで
「明日髪を切るのだが、どれくらい切るのがいいのだろうか」
と提案を持ちかけたところ、
「絶対あなたは長いほうが似合うので、切るな」
と十割の人に言われました。つまり全員です。


それでも以前から「カット」で予約してたので、今から行きます。

わたしはどうすればいいのでしょうか。
ノープランです。





a0226853_10390148.jpg



お出かけ先で、きれいなスズメよのぉ。
と思ったら、どうやらノビタキさんでした。

ちゃんと撮ろうとしたのに、
この直後、ダンナが普通にワシワシと突き進んで
すぐに逃がしてしましました。

そして自分で逃がしておいて
頭を抱えて後悔してました。
まだ一度もデジイチで、きちんと鳥さんを撮っていないのです。

ダンナはスズメっぽかったらスズメと思い込んでしまう
非常に悪い癖がありまして、

っていうか思い込みが激しく頑固になるのは、
年取った証拠かもしれませんが。

あーいやだいやだ。(笑)














# by yu-yu1117 | 2016-10-15 10:49 | 野鳥さん | Comments(8)

背中の脂肪腫とりましたの顛末記

天気予報では、この週末は久しぶりのお出かけ日和、とのこと。

わ~いわ~いどこにお出かけしよう!!



と、1ミリも思っていないゆうゆうですこんにちわ。

このたび、おそらくは7~8年、ヘタすりゃ10年くらい、
背中で飼っていた腫瘍とおさらばしました。

左の肩甲骨の下あたりに膨らみができているのを自覚してからの
8年くらいは
その間に、肩の故障等で行った整形外科の先生なんかにも
ついでに診てもらって
「良性のものだから放っときゃよろしい」
などと言われたのでほんとに放ったらかしておりました。

薄いTシャツ1枚なんかだと、その部分が膨らんでるのがわかるんだけど
いわゆる「ハミ肉」という、ただのだらしなくなった脂肪と
さほど見分けがつかないので、誰からも指摘されませんでした。

ただ鍼灸師さん、整体師さんにはしょっちゅう指摘され、
そのたびに「整形外科の先生が放っとけばいいって言ったから放ってる」
と言い、「ああそうなんですね」で、会話が成立しておりました。


さて、このタイミングでなぜ、腫瘍を取ろうと決断したかですが、
2週間ほど前に、整骨院の院長に
「ゆうゆうさんの肩こり・腰痛、その他不調はどこでどういう因果関係が伴っているのか
わからない。
なんでもない脂肪腫だからといって、それが身体の内部をわずかにでも圧迫しているかもしれない、
無関係なトラブルと思っていることが、実は日頃の不調の発端をつくっているのかもしれない」

なんてなことをおっしゃり、
権威と理論に弱いゆうゆうさん、
そうだなと決断の5割を決めたのでした。


5割の決断をしたはいいけど具体的にどうするか、
と考えようとした矢先。

スポーツジムでよく世間話をする女性の方が最近姿を見せないなあ、
と思っていたところに、そのダンナさんに会ったので、様子を聞くと
なんと「背中の脂肪腫をとったからしばらく安静にしている」
と言うではありませんか。
それで自分の話をして、しかもそのダンナさんに私の背中を触ってもらったりして
「もっと大きくなる可能性は多分にあるらしい。取ったほうがよい」
という結論になりました。
そこで9割がたの結論が出たところで、
その話をそばで聞いていた、また別の親しく話のできる女性が良い形成外科に通っていると言い出し、
その病院こそ、うちのすぐそばの総合病院でした。

悩んだり迷ったりする暇もないくらいに、とんとんとんっと話が進んで、病院へ行き
背中を見せて2秒後に「これは取りましょう!」と言われ、その場で手術日を決め、
そして昨日、金曜日は会社を早退して手術、ということに。


日帰り入院ですむし、部分麻酔で、早ければ30分で終わる、
ということだったんですが、
宝箱は開けてみるまでわからないものです。

開けるまでの予想の印象としては、こぶりなおもちみたいなのが一個、皮膚の下に埋まっている、
そんな感じだったのですが、
私のはそこからタコのように足が四方八方に伸びており、
その足を一つずつ引きはがさねばならず、
中には少し筋肉と絡むようになっていたやつさえあり、
一時間弱、手術に時間を要しました。
部分麻酔なので当然押されたり引っ張られたりの感触だけはあり、
筋肉から引きはがすときは痛みも出て麻酔を追加してもらったりと
50分の長かったこと。
ベッドの印象も、枕の形も、たまにしんどいときだけ行く
エステ風マッサージ店のそれと何ら変わらず、同じように背中を触ってもらうのに、
やってる中身は天国と地獄の差。

それでも50分、後悔しないで耐えられたのは
(後悔してもどうしようもないけど)
最初の鍼灸師さんの一言からのとんとん拍子の出来事。
手術をしてくださる女の先生は、
外見もしゃべり方もクワバタオハラのオハラ(眼鏡じゃないほう)のような
さばさばと茶目っ気のある先生で、頼りがいもある。
手術を終えて、結果は当初の予定よりたくさん切って
10数センチは切られたもよう。(もちろんまだ見てないけど)
部分麻酔ギリギリの大きさと深さ・形状だったそうです。

もう少し放ったらかしていたらどうなっていただろう、
と思うと、このタイミングの決断がちょっと奇跡的にすら感じます。

何回かここにも書いていますが、あんまし社交的とは言えないので
幅広くあけっぴろげにいろんな人にいろんな話を振ったりできないし、
親しい友人と言ってもしょっちゅう会ったりしょっちゅうメールしたりしていないけど

それでもやっぱり、どっかでだれかに、どんなかたちかで
助けてもらって今があるような気がして、
親しいかそうでないかは別としても、顔見知りというだけでも
「丁寧な顔見知りの関係」は心がけるべきなのだろうなあ、
と思いました。

さて。
そこまでは緊張の中で行われましたが、
家に帰り、そこから疼く疼く・・。
ボルタレンを6時間おきに飲んで、効いてるうちにちょっと寝られるって、
そんな感じ。
微熱も出たりしてしんどいのなんの。

手術したんだから当たり前っちゃあ当たり前ですけど。

ダンナは気遣ってくれて何から何までしてくれて・・・
と言いたいところだけど、
心配はしてくれるけど、行動が伴わないというか

だから1階の窓を開けっぱなしで寝ると泥棒入り放題やん、
とか
この季節ってのにエアコンかけっぱなしで寝てるよ、消しにいかなきゃ、
とか
トイレに行こうと暗めのリビングを歩くと、必ず使用済みのつまようじが一本
床に落ちててそれを踏むんだよねアタシ、
とか

なかなか安静にできないゆうゆうさんでした。

もちろん月曜日からは普通に仕事復帰の予定。

・・・・。
ぜんぜん安静にできないゆうゆうさんであることよ。





# by yu-yu1117 | 2016-09-24 15:44 | のほほんつぶやき | Comments(12)

だらだら連休

みなはん、連休をどのようにお過ごしでしょうか。

わたしはテンション低めです。
そりゃこの天気ですからね、低くもなるでしょう。

昨日は鳥取の父親のもとへ。
夏の暑さにやられて8月は肺炎になったりと心配の種もありましたが
無事快復しており、ふろ上がりの冷たい紅茶をほっこりと飲んでおりました。

歳をとると小さくなるといいます。
「年老いて小さくなった母の背中が愛しくて」
なんていうのはよく聞くフレーズですが、ほんとに見事に小さくなるのね、
と思います。ひと月とかふた月おきに見るので、
本当に「ヒトの進化の過程」の図のように、時系列で小さくなっていく過程がよくわかります。
特に顔が小顔に。
こんだけ小さくなるんだったら筋肉や脂肪だけでなく
脳も小さくなっているのだなあと、接していると思います。

話をしていると、(って、会話のラリーはまるっきり続きませんが)
うわあ、ちっちゃくなった父って、小学生のころによく雑誌に載ってた
「とらわれた宇宙人」の写真にそっくりだ、と気づき、
ずうっと自分の父親を

とらわれたうちゅうじんみたい、とらわれたうちゅうじんみたい、

と思いながら接してしまいました。
とんでもない娘です。
そのうちおしゃかさまやらあしゅらさまから罰が下るにちがいありません。

帰り際に、父親に
「部活をがんばりんさいや」
と言われました。
高校時代にあれだけ
「部活をやめて勉強に専念しろ」と繰り返し繰り返し
怒られながら続けていた部活を、
いまさらがんばれって言われても!!

ふくざつな思いでしたが、
相手は宇宙人ですからしかたありません。

「がんばるわぁ♪」
と地球人の娘は答え、老人ホームを後にしました。



わざとちょっと田舎道のルートを選んで帰っていると、


どっかから視線を感じます。




a0226853_11445802.jpg



なかなか美しい鹿でございました。

警戒して、こちらの様子をうかがっているようです。

写真には撮れませんでしたが、
かわいいバンビの姿が、後ろにありました。




晴れの国おかやまにも、今から台風やってきまーす。

# by yu-yu1117 | 2016-09-19 11:59 | のほほんおでかけ | Comments(8)

人々に寄り添うために・・・。

a0226853_12362880.jpg















a0226853_12363709.jpg














a0226853_12364395.jpg











a0226853_12365184.jpg


# by yu-yu1117 | 2016-09-05 07:00 | 妄想日記 | Comments(8)