おひさブログ。

ブログを放置してしまっておりました。

流行り風邪をもらったわけではなく、
仕事が激的に忙しくなったわけでもありませんで、
冠婚葬祭もありませんし海外旅行も国内旅行もしてなくて
ホームパーティーに呼ばれまくったわけでもなければ舞踏会が続いたわけでもなく
ピコ太郎の追っかけで全国廻っていたわけではないのですが、



要するにサボっておりました。

すこやかに生きております。




そういえば、一つの真相が明らかになりました。


先日(と言っても結構前になっちゃいましたが)、社長がなぜ、
まるで気まぐれのようにホイっと私に国産まつたけを2本、おすそ分けしてくれたか、について。



数日前に、会社あてにお歳暮でちょっとしたクッキーのセットをいただきました。

「これは休憩室に持って行って皆でたべなさい」
というお達しを受け、普通に「ありがとうございます」と受け取りました。


そうしたところ
「そういえば・・・前にあげたまつたけは、食べた?」


「はい、お祭り騒ぎでいただきました」


「ありゃあ、一本数千円するんか?!知っとったか!?」

と。

要するに、国産マツタケの市井の値段基準を知らなかったのでした。
きっと一本800円とか、ひょっとしたら500円とか、そのくらいかと思っていたご様子で。

エリンギじゃあるまいし。

一言でいうと浮世離れですわな~。

おそらくあの2本合わせて5,000~6,000円は下らないと社長が知っていれば、
私の手元にはいかなかったはず。



そんな社長はまた車を買い替えました。別にいいんですけどね。


レグザスは好きじゃないとか言ってクラウンを買われましたが、
それこそ私にはその価値基準がなんのことやら・・・です。






a0226853_19250359.jpg

晴れの国おかやまに、日曜になると親の仇のように雨が降ります。



# by yu-yu1117 | 2016-12-07 19:29 | のほほんつぶやき | Comments(8)

鮮やかったらありゃしない。

そういえば、先週は紅葉を見たのであったよ。


PM2.5は飛んでいるものの、一応は晴れており、

クソ雨紅葉のリベンジを果たしたのであります。

って言っても、今回はそんなに遠出したわけではなく、

とくにスポットとなっているところでもないので、
こんなに美しいのに、すれ違う人は数組。

みんな有名どころに行ってらっさるのでしょう。
それはそれでよいのですが、

マイナースポットもわるくないでござるよ。


a0226853_15404825.jpg

ということで、いろとりどりとはよく言ったもので。

桜もよいけど、こうやってみると紅葉の美しさは
春と何ら引けを取らない。

いや、春だけが神ってるとは思ってたわけじゃないけど。

秋は のきなみ、暖色の洪水。

紅葉たちのど真ん中に入って見上げると、

あざやかさとその間から注がれる光とで
「あ~。人って、秋祭りしたくなるの無理ないな、これじゃ」

と思う。みんな本能で祭りをこしらえてきたねきっと。




a0226853_15404098.jpg





百舌があっちこっちで大きく鳴いて、自己主張をしていました。

縄張りちゃんととっとかんと、居場所なくなると困るからね。


でも最後までちっともピントが合わなかった・・・。


a0226853_15412369.jpg





a0226853_15405629.jpg






a0226853_15411733.jpg




a0226853_15410374.jpg



そんなゆうゆうさんであるが、


またひとつ歳をとってしまったことであるよ。

お祝いのメールやらあれやこれをしてくださった方、

本当にありがとうございます。


歳をとるのはちっともめでたくなくなってしまったけれども

おめでとうと言われると、理屈抜きで手放しでうれしくて

うれしいな、という感覚を確かめられる日であるよのぉ、と

感謝するのでありました。




a0226853_15464691.jpg





また一年がんばるのであります。 うっす。


# by yu-yu1117 | 2016-11-19 22:40 | Comments(6)

3つの地獄から得た、ちっちゃい教訓。

そろそろ子宮がん検診にいかねば、と思いつつ、
なかなか行ける時がなかった。

昨日、やっと仕事が定時に終われ、
金曜ならいつもの担当の先生もいらっしゃる。
今日しかないなと勢い込んで夕刻の病院の門をくぐった。

受付を済ませ、婦人科の待合室を一目見てげんなり。
ソファーの8割がたが埋まっていた。
こりゃ、最低でも1時間は待つなあ・・・。

ここは産科・不妊外来とは棟からして分かれており、
婦人科の病気や検診・更年期の相談、そういった人ばかりなので
おなかの大きな人もいないし、幼児も走り回らず、
にぎやかでもなく明るくないかわりに
なんとなく落ち着けて、静かな空間の中でテレビが小さな音でかかっている。

私は今日一日座り仕事が多かったので肩や腰が若干つらかった。
やわらかいソファにすわりたかったが、そこはいっぱいで、
硬いベンチシートに腰を下ろした。

身体はがちがちだが、人との距離が近い中でストレッチはおろか
伸びをすることもためらわれる。
じっと座って呼ばれるのを待つ。
と言っても、医師2人に対して20人以上待っている。
長くかかるな。

短編集を一冊もってきていてよかった。
お気に入りの作家なのでこれを読めば退屈しないだろう。

短編の一つを読み終えたが、まだ呼ばれる気配はない。
私は理解力がアレなもんで、かなり遅読のほうだと思う。
それで次の短編も読むことにした。

それも読み終えた。
あーおもしろかった。
おもしろかったけど、肩・腰はがちがちなのに、目もヤバいほど疲れた。
そういえば今日は仕事で目も酷使したのだった。
目の前のテレビに表示された時刻を見ると
1時間半は経っていた。


「病院に来たせいで病気になる」
みたいな、陳腐な言葉を思い出す。

やわらかソファは、呼ばれて立ち上がった人のあとに
すぐ誰かが座るので、こんなところで椅子取り競争に負けるのも癪なので、
最初からレースに参加しないことにした。

ああ。
地獄だ~~~。

と思って、次の短編小説のタイトルをみると

~~ 地獄 ~~
とあった。

地獄のこの環境で、地獄というタイトルの小説を読むのか。
まさに地獄の中の地獄だな。
と思いながら読み進めたら、
数ページ読んで楽しくなった。

落ちてきた、おせんべいの缶の角が頭にあたったことが致命傷で、
死んで地獄に行った主人公が、その地獄コンテンツをこなしていくという
ストーリー。
鼻毛が出ている鬼で盛り上がったり、その鬼と揉めたり、
担当の鬼と、友人の担当の鬼の奥さんが不倫していたりと、
物語はまったく予想がつかない方向へ進んでいく。
おもしろい。

肩・腰・目はがたがただったが、右脳は刺激と快楽に満ちていた。
このとき2時間以上待たされていることには気が付いていたが、
あと数人で呼ばれるであろう安堵感もあった。
隣の人に変な目で見られないよう、がちがちの肩を震わせながら静かに笑った。
物語の最後は、生き返ったりするのかしら。
どうなんだろうどうなんだろう。


「ゆうゆうさん~」

看護師に呼ばれた。
呼ばれてしまった。
なぜ。なぜ今。今呼ぶな。

あと3ページで終わるんだよ。
なぜあと3分待ってくれないんだよ。

ラスト3ページ前で、
ちょん、と切られる、地獄。

物語の中の主人公はいろんな地獄の試練を受けていたが、
私のこの「尻切れトンボ地獄」も立派な地獄コンテンツではないか。

看護師さんにあと3ページなんです、とも言えず、
すごすごと検診を受けたのだった。
診察および検診時間、5分。

こんなもんである。
幸い
「うわ!筋腫がでっかくなっちゃってる!」とか
「子宮めっちゃ腫れてますよ!」というような衝撃的なことはなく、
結果は一週間後に郵送されるだけだ。


残り3ページであるが、
会計の待ち時間の間に読み上げた。
結局主人公は生き返るわけではなかったが、
いいオチがついていてこれはこれでよかった。

それでもラスト前で、いったん盛り上がった気持ちを素に戻してしまって
しかもその素に戻った時間は下半身をおっぴろげたりして
この世のものとは思えぬ違和感あるものを突っ込まれたりする
検診を受けていたわけであるから
一度下がったテンションでラストを迎えるのは大損をした気分にしかならなかった。

こういう待ち時間のあるときは、
やっぱりエッセイなんぞを携えたほうが無難だな、と思ったのであった。

おうちに帰ったらとりあえずストレッチをしよう、と思った。





















# by yu-yu1117 | 2016-11-19 15:14 | のほほんつぶやき | Comments(2)

うっかりがとまらない。

本日、とてもショッキングなことがおきたので、
ここに書き留めておこうと思う。

本日スーパーで食品などの買い物をした。
いつものことである。
いつものスーパーである。
ここの2階にも駐車場があるのでそこに車を停めていた。

買い物をすませ、レジ袋をもって。
2階の駐車場に戻るべく、エスカレーターに乗った。


ら。

あ? なんか、ない。

バッグがない~~!
財布もスマホもいろんな鍵も入ったバッグがない~~!!


バッと振り返って下を見ると、
入り口に突っ込んだショッピングカートにべろんと所在なさげにぶら下がっている、
私のバッグがある~~!!

どこぞの刑事ドラマみたいに、ばばば~っとエスカレーターを駆け上り、
浅田真央のように華麗に踵を返し、半回転すると隣の下りエスカレーターに乗り替え、

トレンチコートきた織田裕二みたいにエスカレーターをだだだだっと駆け下り、
ようやく自分のバッグをしっかりつかむと、
山村紅葉のようにほっこりした笑顔を取り戻した。

なぜかBGMに、
「シュプレヒコールの~波」
と中島みゆきの「世情」が頭の中で流れていた。


いかん。

これは加齢のなせる技なのか。


事実、大人になってから財布を落としたりどっかに置いたまま帰ってしまったことなどない。

なので、しょっちゅう財布を落としたり忘れて帰ったりする人を
それ、集中力足りてなくない??と上から目線で思ってきた節がある。


本当に自分にはがっかりした。


あんまりがっかりしたので、
夕方、ジムのお風呂でそのことを同世代の知り合いに滔滔と語ると、

あるある~~私も~~!という言葉に、
安心感を覚えて、また山村紅葉のようにほっこりとしたのであった。

って。
これはまるで「とある、おばあさんの日常」ではないか。


厳に戒めなければならぬ。

高齢者の運転ミスなんてのが毎日ニュースで出ているが、
「他人事じゃないな」
と思う時点でもうヤバイ感じである。



忘れる、というと、

本当に忘れるのである。
18歳で、山陰生まれの私が山陽に居住地を変え、

もういい加減、山陰と山陽の気温・気象・その他あらゆる歴然とした差を
この肌で体感してきたはずなのに、


紅葉をみたいね~♪

などと、先週の晴れ渡った日曜の朝、
山陰の大山に呑気に向かったら、
真冬の吹雪だった。

周り、みんなフードつきダウンジャケット。

わたくし、呑気なパーカー。



なぜ。
雪道の困難・服装の失敗・車の立ち往生を

何年も何年も、何度も何度も繰り返しながら、

気象をきちんと予習しないで、気軽に山陰へ行くのだ私。






クソ雨。↓


a0226853_23302038.jpg




a0226853_23302793.jpg



クソ雨とクソ風のなかで、

小鳥さんが木の実をつつくなんざ可愛い光景は一つもなく。



なんか寂し気な、ノスリさん。

(トンビだとスルーしようと思ったら、くるっと向きを変えたらおなかが白くてびっくり。

 ここでもやっぱりうっかり見過ごすワタクシ)
a0226853_23303327.jpg




自分の中にどんどんと忍び寄り増殖する「うっかり」と

どう付き合っていくかが課題である。

それを課題にしたことすら、明日にはうっかり忘れそうである。



# by yu-yu1117 | 2016-11-12 23:46 | のほほんつぶやき | Comments(8)

秋のお空。

秋の日はつるべ落とし。

帰宅を急ぐ車の中で、真正面に視界に入ってきたのは、
暮れた空の、低い位置にあった月。

ああ。お月様。

って、

「あんた!めっちゃ赤茶けとるやないかぁい!」


とツッコまずにはおれませんでした。


a0226853_15025305.jpg




月にアンタ呼ばわりするのもどうかと思いますが、
中秋の名月も終わったし、
最近とりたててすっごい月食とかないし、
「ここんとこ、自分に話題性がない」
と気づいてイロモノになったのかもしれません。

満月があって朔月があるように、色も蒼くなったり赤くなったり
表情を七変化させるさまは、
毎日お洋服をとっかえひっかえしている女子のようで、
もしかして月って
「見て見て!私を見て!」なタイプの性格?

うわあ厄介。
(月の悪口を言ってはいけません)


イイ大人になってからは本気でお月様にお願い事をしたことはないですが
この赤い三日月だったら、
「お金が貯まりますように!」とお願いした翌日に、確実にスられるような気がします。
まあ、月が青いだの、まるいだのってだけで、
ここぞと願い事をバンバンする方々にもどうよ、とは思いますがね。


とかタラタラ言ってる目の前で流れ星が流れたら、
すごいくだらない願いごとをしそうな私です。

くだらないのに長文でしゃべって、
しかも噛んで自暴自棄に陥りそうな自分が見えるようです。



秋の夜はそんな感じ。


そしておひるは

a0226853_15030235.jpg

a0226853_15030954.jpg

よい感じで澄んでおります。

そろそろ紅葉シーズンでもありますし。

洗濯ものを干して喜んでいる場合ではない。

お出かけせねばね。


a0226853_15031694.jpg



a0226853_15033180.jpg






# by yu-yu1117 | 2016-11-05 16:21 | のほほんおしゃしん | Comments(8)