はっぱの裏の美人3姉妹


今ごろは美しく羽を広げて大空を羽ばたいているわね。


a0226853_19395031.jpg


こんなことばっか書いてたらおこられるわ!!
# by yu-yu1117 | 2011-08-27 18:37 | のほほんおしゃしん | Comments(4)

のんとじいと、じいのお仕事

今さらですが、お盆のアップだす。

ダンナの実家、周南市にぶ~~~ん。

いましたいました。
のんたん!!
a0226853_1944662.jpg


相変わらずちっこくてめんこいです。

のんたんの大きさを比較するとご覧のとおり。

a0226853_196755.jpg


テーブルに乗せてもなんら邪魔になりません。
なんならツマミとまちがえて食べちゃいそうです。

そしてのんたんのお食事は
a0226853_1975252.jpg


人間のお刺身しょうゆ皿に軽く一盛り。これで一食分です。

ドッグフードのみ。それも、病院で処方してもらったもののみ。
他のものは一切あたえません。

「ほかの味を知らなければ、これはこれで幸せのままなんだ」
という理論。
よく言う、新興国のストリートチルドレンに安易な「かわいそう」から
お菓子をあげては絶対いけない、という理論です。

まあ私はわんこのことはまったくわからないんですが、
80年ペットを飼い続けた義父の、あるいは50年わんこの世話をし続けた義姉の結論。
つーか、行きついたポリシー?
のんたんの前は障害のあるわんこだったし、そういうのもあるんですが、

何より義姉の戦略があるようです。

それは、のんたんをじいより長生きさせること。

ずぅっとペットを絶やさない家で、多いときはわん・にゃん合わせて同時に4匹くらい買ってた時もあり、
私が嫁いできてからも、7~8匹は見送ったでしょうか。

そのたびに

「ことん」

と力をなくす、じい。
じじくさ~~いじじいになってしまうのです。

見送るのは、相当エネルギーがいります。

なので、のんたんはじいを見送る勢いで長生きしてもらうという魂胆。

ま、じいが100歳超えとかになっちゃうと
さすがにのんたんも20歳すぎて、もう我慢比べになりそうですが。(笑)

ところが!!この日私らはスーパーの中で一番高い牛肉を買って行ったらば!
(年に2回ほどだからできる親孝行技)

その肉を口にして「んんん~~~!!!!旨い!!!!」
と言い、飲み込まずに180度からだの向きを回転し、
なんとじい、ドッグフードを一粒口にくわえ、
牛肉エキスつきのドッグフードを口から出して、のんたんに与えたのだ~。

a0226853_19233234.jpg


娘の心、親知らずなじじい。
(待て!をさせられているのんたん)

まあそんなじいですが、
相変わらずの職人です。

地デジのテレビに移行したら、地デジ用のそのテレビおあつらえのテレビ台を作っていたり、

a0226853_19322834.jpg


こんなのも作っちゃって

a0226853_1933333.jpg


バルコニーも自分で作るけど、その上の盆栽ももちろんじいの作品。


a0226853_1944412.jpg


2年前引っ越した時には、荒れ果ていて地味な大木もたくさんあった家とは思えません。
80じじい、その元気はどっからくる???
養命酒も飲んでないのに!!

a0226853_19475235.jpg

こんなのや
a0226853_19482137.jpg


こんなのもじいの手作り。

じいの別名を「ニトリいらず」とつけたい。

a0226853_19502578.jpg


のんたん、「長生きプレッシャー」にしっかり耐え抜いて
まんまと長寿犬になってくれ。
年とっても身長はテレビリモコンと同じままかなぁ・・・・。
# by yu-yu1117 | 2011-08-23 19:56 | Comments(12)

カメラを置いて耳を澄ませよ。(ときにはね)

昨夜は、友人が主宰するコーラスのコンサートに行ってきました。
今回は全面的に福島へのチャリティーを目的としていて、
チケット代は義捐金となるとのこと。
これは行かねば。

このメンバーは昨年のコンテストで福島に行き、
たくさんの感動や思い出をつくったそうで、
この震災をみて、何もしないわけにはいかない、と思ったという友人。



a0226853_1621951.jpg

パンフレットにある、「想いよ届け、『ほんとうの空』へ」
という、ほんとうの空ってなんだ??

と思った私はかなり知識不足。(>_<)


   あどけない話
         高村光太郎

  智恵子は東京に空が無いという
   ほんとの空が見たいという
    私は驚いて空を見る
   桜若葉の間に在るのは
    切っても切れない
  むかしなじみのきれいな空だ
 どんよりけむる地平のぼかしは
  うすもも色の朝のしめりだ
  智恵子は遠くを見ながら言う
   阿多多羅山の山の上に
   毎日出ている青い空が
  智恵子のほんとの空だという
  あどけない空の話である。


学校で習ったかなんかで、この詩は知ってたけど、
上っ面でしか知らなくて、
阿多多羅山が福島県にあったことも忘却の彼方。

カメラを持つようになって、
空の色のご機嫌をうかがったり
雲の流れを追って行ったり、
昔よりはするようになったなあ、と思う自分。


智恵子はいつもいつも空を見ていたんだろうなあ。


戸を開けて、庭におりて、きれいな空気を吸って、
ほんとうの空を見上げる当たり前の日が
福島にも早く戻るように。

と、心から思ってしまった日でした。
# by yu-yu1117 | 2011-08-20 16:26 | Comments(6)

黄っ!

ようこそいらっさいました♪
こちらが新しいゆうゆうにっきです。

心機一転。

けど、たぶん同じように脱力モードでお送りすると思いますので
みなさんもどうぞ、だらだら~~っとした気分でざっくり読んで
だらだら~~っとコメントを残していただけると大変うれしゅうございます。

まずは最初ですから
気合の入った黄色でお送りいたします。

a0226853_1614157.jpg


岡山県の笠岡市にある、笠岡湾干拓地のひまわりです。
HPでは、約100万本と書いてありました。
本当かどうかは知りませんが、
とりあえず圧巻です。
a0226853_16164059.jpg

「便所の100ワット」を上回る、「夏の100万本のひまわり」。

強制的に元気にさせてくれるっちゅうか、
ええよそこまで元気にさせてくれんでもって感じで
昼はとりあえず焼肉いっとけ!気分になります。


a0226853_16173961.jpg

a0226853_16191048.jpg



a0226853_16314348.jpg



帰り道、干拓地から海沿いへと回り込むと

優雅に海をみつめる、ミサゴ。
a0226853_16374113.jpg


ウミネコ。
a0226853_1645555.jpg


しばらくどや顏ですましてましたが

a0226853_16463352.jpg


ひらっと空中偵察に出かけていきました。
a0226853_16482073.jpg

夏休み、「自由」というお題で絵をかいてきなさい、
という宿題が出たら、こんなの描くといいです。

青と白の絵の具ばっかり減って困るかもしれないけど。
# by yu-yu1117 | 2011-08-16 16:57 | のほほんおしゃしん | Comments(16)

いらっさいまし~~♪

てすとてすと!
とりあえず  てすと~~!!

a0226853_10583421.jpg

# by yu-yu1117 | 2011-08-12 10:59 | のほほんつぶやき | Comments(3)