のほほんゆうゆうにっき yuyufu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

家事もお仕事も大好きな♪しあわせブログです。うそです。


by yu-yu1117
プロフィールを見る
画像一覧

またご無沙汰しております。


揺れましたなあ。 今回は島根の方です。
大きな被害はなくて何よりでした。



それでもご心配いただいて、ご連絡くださった方、
本当にありがとうございます。
気にかけていただいて、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

ゆうべは飛び起きて、
続けざまの余震にもいちいち反応してしまい若干寝不足でございますが、
元気で過ごしております。

一番震度の激しかったところは
昨年のGWでやんややんやと楽しんだ島根の山間部付近そのものだったので
ニュースは少し胸の痛む思いでした。
もしこれが昨年のことだったら確実に旅館キャンセルしてました。

そのことを思うと、今年はあの老舗旅館、ちゃんとお客さん来るのかなあと
自身の心情をまるごと棚に上げて心配してしまいます。



そんな岡山県民はほんとに危機管理がおそろしいほどなくて
今日も話をしてみると「気がつかなかったわ~」と寝てた輩も結構おり、
イキモノとしてやばいんちゃうかと思ったりします。

ですが「やばいで」と言ったら、すぐさま「あんたが神経質やん」と言い返されたりして
そーかそーかとも思ったりします。

ようわかりません。




さてゆうゆうさんは梅の時季はそれなりに
a0226853_22132282.jpg



桜の季節もそれなりに



a0226853_22275629.jpg
a0226853_22025072.jpg


滞りなく生活をしております。


仕事も相変わらずしております。

どんな風に仕事をしているかというと、

きょうもひとりで昼の休憩時間、おっさんに挟まれながら、はなまるうどんをすすりました。

天ぷら無料券を300円で購入しているので、おそろしくお得感です。

本当は近くにかつ丼屋さんがあって行ってみたいのですが
「女子の一人」というのがなかなかいなくてアウェイ感だと口コミに書いてあるため、ためらっています。
今はそのお店に一人で行く勇気をためているところです。
ただその勇気はわりと低めのレベルで超えられると思うのですが、
そのかつ丼屋さんのボリュームはハンパないという口コミがあるために、
「ご飯を残す勇気」もちゃんと携えておかなければならないということです。
私にとってはそっちのほうがハードルが高そうです。
白いご飯を残すことに抵抗を感じる「お百姓さんありがとう世代」です。
じゃあカツを残せば? などという愚問は、
ですからまるっきり答える気にすらなりません。


というふうに仕事中に昼ご飯のことばっかり考えているゆうゆうさんでした。




仕事せえや。







# by yu-yu1117 | 2018-04-09 23:18 | のほほんつぶやき | Comments(9)

東京みやげ。


社長の、東京出張土産がヤバい。


a0226853_22382731.jpg



ヤバい。

笑うてまう。
a0226853_23132443.jpg

久々ヒットの社長のお土産でした。

# by yu-yu1117 | 2018-02-08 23:15 | のほほんつぶやき | Comments(3)

インフル出費。


インフルエンザでございまして。

前回罹ったのは何年前だったかも覚えていないくらいなので

かなり久々であります。


高熱が3晩続き、ピークは40度。 
当初は「会社3~4日は休むのだから、部屋の中の小物整理でもしよう」などと計画したのに
起き上がるだけでもひーひー。
2階の寝室から階下のトイレに行って上がってくるだけでちょっとしたマラソン走ったくらいに体力を使います。
ただただ寝て暮らすだけの人になっております。(それが本来の療養だ)

ただ、私はなんたってすてきな奥さん。
「夕飯どうしましょう」外出する元気もなければ家にあるもので何か作る気にもなれない。

そんなところへダンナからの連絡が入り、「なんか買ってくるわ~、あと食べたいものはある?」

すっかり食欲などなかったので思いついたのが

「うあ~、プリンかな~」
「ぷ、プリン!?」
「ん~、生クリームとか余計なものが乗ってないやつで」
「そんなのあるんか!?」
「乗ってないやつのほうが多いから」
「わかった!!」

そうしてダンナが買い物を済ませて帰宅しました。
ケンタッキーと、プリン、その他もろもろを携えて。

夕飯のメインのケンタッキーですが、
全身で「今夜はこの鶏さんを欲しません」と拒否っているのがわかります。
ひと口だけもらってあとはコールスローだけいただきました。

プリンはというと
「プリンは必ず上か下かに黒い甘いのんがあったから、しかたないからそんなの買ってきた!」
ああ。いいですよ。生クリームとカラメルは本質的に違いますんで。
もっと言えば何も乗ってないちょっと高級なやつがあるのもしってるんだけど
スイーツ売り場の説明から始めるのも面倒だったので、これで想定内です。

私が本格的に病人ぽくなってることに気づき、
翌日は鍋にして、食べられるものだけを食べるようにしましょうと。
あまり食べられないからね、と念を押して、具材を買ってきてもらいました。

しゃぶしゃぶ用金華豚、タラ、車エビ。




正月か。( ̄▽ ̄)


「美味しいもんなら食べられるだろう」
いや、美味しいもんは体調がいいときに味わいたいよ。
今はあっさり出汁にとろとろ白菜がごちそうなのだよ。

そしてこの日も「抹茶味があった!」とプリンの追加や、ひとりランチ用のレトルトおかゆ・レトルト雑炊など
そしてみかん・いちごもワンランク高いよね、というものなど、
毎夜毎夜、ごんぎつねのように食料を運んでくれます。
うちのごんぎつねは食べるものにはケチらないタイプです。
冷蔵庫には日常よりちょっとだけ高級食材が日々増えていきます。
けど食べられないものはしょうがない。

そうか、こういうのも込みで病気にはお金がかかるのね~。


病み上がりは冷蔵庫の整理から始めましょうかね・・・。







# by yu-yu1117 | 2018-01-27 17:49 | のほほんつぶやき | Comments(2)

今回18年間働いたこの会社で初めて、年末年始10日間という連続した休日を得たのだった。


10日連休が決まったのは、その一週間前である。
もっと早く言ってよ。
まあ早く言ってくれたら一週間くらいの旅行に行くかと言ったら
ちょっとそこは疑問だが、心の準備くらいはしたいものじゃないか。

いずれにしても、
決まってからは心がざわついた。

どうやって過ごそうかとかより、とりあえずテンションアゲアゲな感じで休みに突入した。



それもそのはず。
12月30日から休みに入り、
その日は粛々と掃除などして過ごすものの、
31日の大みそかと、1月1・2日は今回
隣県の兵庫と大阪で過ごすことになっていたのだ。
自分なりのイベントがあったので、そちらに心が注がれていた。

鳥さんを撮るためのような旅行だったが大収穫は無いまま大阪から戻り、
翌日の1月の3日から8日まで見事に予定は無い。

ずうっと前から、
大型の休みがあったら部屋の大模様替えをするのだとか、読んでない本が棚に何冊もあるので
それ読破するとか、気になっていることを勉強するとか
いろいろあったんだけど、
いざ時間ができると気持ちが散漫になり、決意がどこかに飛んでいきそうになる。

いかんいかん。

「いざ時間ができると、やらないんだよね~」
という多忙を語る人の「言い訳語録」みたいなのは聞き飽きた。
あたしはやる、ちゃんとやる、やりたかったことをやるんだ、


と思うけど、なんかねー、あさ10時くらいになると、

春先の幼稚園年少さんみたいなほやほやした顔で、だんなが
「今日はどこに鳥さん見に行く?」
といってくる。

で、そういう日が数日続いた。
1月5日金曜日、だんなはこの日が初仕事だったのでご出勤。

この日初めて、なんだかやりたいことができた気がする。
と言っても溜まった主婦業を片付けるところからなので、
かねてからのやりたいこと、とは主旨が外れているのだけど。


そしてもうお休みの7日目、8日目、9日目になると
曜日感覚もおぼろげになってくる。だんなはほやほやと遊びに誘ってくる。

「休み明けに社会人として機能するかしら?」
と冗談を飛ばしていたのは一昨年までの話で、
「休み明けには本来の自分に戻ることであろう」
と思えるくらいに、
自分の日常は 仕事あっての日常なのだと確信できてしまった。
なんじゃこりゃ、である。



本棚に溜まっていた本、の話であるが、

正月休みもとっくに終わり、先日優花さんと講演会に行く前のランチの席で
以前芥川賞受賞作となった「コンビニ人間」という作が読みやすくて面白かったよ、
と彼女が紹介してくれた。
そのときは、そうかそうか機会があったら借りるとかして読んでみるよ・・などと聞いていたが、
その日の夜、なんとなく本棚を確認すると、やはり実は自分で買っていて自分の本棚にあったのだった。
薄っぺらい本だし、その気になればいつでも読める、というのが裏目に出た形でほったらかしていたのだった。

すぐさま一ページ目を開くと、あとは世界にずぶずぶと没入していった。
読み終えたら日付はとっくに変わっていたがまったく後悔はしなかった。

時間じゃなくて、タイミング、もしくはスイッチが入ったそのときに
人は何かを成そうと行動を起こすのだなあ、
と思ったのでした。

まあ私みたいな怠け者に限って当てはまることかもしれませんが。

# by yu-yu1117 | 2018-01-17 23:31 | のほほんつぶやき | Comments(0)

こんばんみゃ。

とっくに年があけてしまいました。

みなさんお元気でしょうか。

なんかブログをサボり過ぎて、書きたい気持ちはたくさんあるのに

日々生活してて、誰かにこのバカな発想を不特定多数の人に話したい、
このくだらない出来事を世に垂れ流したい、
と思うことが、本当に多々あるにも関わらず、


このサボり癖は、一体全体どうしたことだろう、と

ちょっと考えた結果、敷居をだいぶおろしまして、

なんか写真とかも載せなくてもいいしちゃんとした起承転結もなくていいし

書きたいことだけ書きゃいいじゃんと、今日スポーツジムの40.3度の風呂につかりながら、ハタと気が付いた次第で、

早く気が付けよと思うばかりですが、

今まで気が付いてなくてですね。



そうゆうところがゆうゆうさんでして、

なので、

これからは多分鳥さんの写真とかはインスタグラムに載せちゃって、
こっちは写真とかなくって、

ただ日々(主に平日のしょうもないこととしょうもない考えたこと)中心に書こうかな、しかも、

スマホで書くかもしれないし、写真を万一載せたとしても
スマホで撮った謎写真みたいなのを載せるかもしれませんが

人のことを考えずに自分が「いいじゃん」と思うことを書くかと思います。

よろしくお願いします。

お願いしますっつっても、もう誰も読んでないかもしれないけど。

だから私は誰にむけて書いてるんだかわかんないけど、良しとします。





良しとして書いてるついでに、


夢枕獏先生の講演会に行ってきました。えっとおとといのことです。


夢枕獏って誰よ、というと、私は「陰陽師」とか、短編小説とか、エッセイとか、そういうのは昔に読んでて
ああこの人魅力的、だけど読むのエネルギーはけっこう要る人、という印象の、
作家さんです。

短編やエッセイはまあまあ気軽に読めるけど、長編は脳みそをバンバン使って
悠久の時の流れやその想念と一体化しないといけないので
気合のいる人という印象です。

ただ、ああこの人魅力的、と以前から思っていただけのことはあります。
とても魅力的な講演会でした。

主に、今回は「空海」の小説の映画化に伴うお話でしたが
空海の話は以前より興味深くて、それが高じて高野山にも行ったくらいなので
ずんずんと話に入り込みました。


誘ってくれて、ご一緒してくれた優花さん、

ありがとう。
駐車料金を400円も多めに払わせてしまってごめんなさい。100円玉がなかったの。

今度なにかしらの機会になにかしらの飲み物をなにかしらのかたちで驕るわ。
憶えていたらの話だけど。

忘れていたら猛然と蒸し返してね。


講演会に行く、という機会に恵まれてなかったというより、
そういうものにアンテナを張っていなかったのだけど、
これは良いものですね。
癖になるかもしれません。

機会があれば、というか、今度はその方面にもちゃんとアンテナを張って
行ってみたいと思いました。

ふと間違って「松居一代の講演会」とか行っちゃったらそれはそれで

際立った思い出になりそうな気がします。今でも講演会しているのかしら?

アンテナを張る方向性をちゃんとしなければ。

















# by yu-yu1117 | 2018-01-15 22:30 | のほほんつぶやき | Comments(2)