のほほんゆうゆうにっき yuyufu.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

家事もお仕事も大好きな♪しあわせブログです。うそです。


by yu-yu1117
プロフィールを見る
画像一覧

  




小鳥さんは、いいね。

      だって。
  
  翼があるんだもの。

 こんなちっぽけなわたしだって、

 翼があれば、広い大空を思いきり自由に飛べるわ。

 美しい羽を広げて。どこまでも。どこまでも。








・・・てなご意見は多々あるとは存じますが。


実際、どうよ。

彼らには、無いんだよ?手が。


・・・・手?いらないわ!そんなもの。

私は、自由に飛べる翼さえあれば。



・・・てな気持ちは十分に理解できますが。
もう一度聞こう。

たとえば眉間に。どでかいヤブ蚊が今しもとまり、

ぢゅううううっと血を吸い上げてるよ。ってときに。

「あなたは翼をとりますか?それとも手をとりますか?」



とるよね?手を。

私もとるよ。
翼があれば、そりゃあいいけど、
神様に、
「どっちかいっこだけ」って言われたら。

「んあ~・・じゃ、現状維持で。・・手で」

って言っちゃう。


ああ。翼といえば。


人生で一度だけ、「指揮者」という立場でステージに立ったことがあったなあ。
高校の文化祭。学校全クラス別合唱コンテストみたいなので。

「翼をください」だったんだよ。曲が。

私は中・高校通して、まるっきり「クラス愛」みたいなのを持ち合わせてなくて、
選ばれてえらい迷惑の上、ピアノ伴奏者に選ばれた子も私と同じ

「青春を文化祭に懸けてみよう」

とかいう気概が、皆無なタイプ。

「翼とか、まぢいらね~し」っぽいことを二人で愚痴って日々が過ぎ、本番。

私はまだよかった。練習不足だろうがなんだろうが

ある一定のクオリティさえ求めなければ、
指揮者なんて別にいてもいなくてもたいして変わりゃあしない。

けどピアノ伴奏はそうはいかず。

それなりの難易度のある楽譜だったのに
練習をサボりにサボってて、

本番、歌が始まってかなり早い段階で何小節かズレたとこを弾きだし、

そうとうシュールな現代曲になってしまった。

それで、ピアノ演奏はあきらめたらしく、おひさに手をおいてしまった。

あせったクラス全員、ピアノ演奏ぶんもカバーするべく
「その気もないのにゴスペル」調のアカペラで

とってつけたような変なノリをつけて歌い終わった。

全校生徒が見守る中で
自分がウーピー・ゴールドバーグになった瞬間だったよ。

って、ならね~よ。

ちらりとでもならね~よ。てか、なれたらうれしかったよ。


ああ。

なんか今、しみじみ思い出しちゃったよ。

結果ですか?これがまた最下位とか優勝とか笑えるものでもなし、
なんか何位とか、もうどうでもいい中途半端だったことだけは覚えています。


それはいいよ。

話しがずれたよ。

とにかく鳥って。
手というものの代わりを、
クチバシだったり足だったり羽だったりで代替して使っているけど、

鴨のような胴長短足の場合、足にしろクチバシにしろ、

器用に身体全体にケアが行き届かないらしい。

どうするかというと。


バタバタと悪あがきをするらしい。

a0226853_20555633.jpg


このかた、どっかが痒かったらしい。
延々とバタバタと悪あがきをしてらっしゃいました。
a0226853_2041372.jpg


あたたたたたっ!!
って、北斗の拳状態。
a0226853_2042574.jpg





これで私はカメラのレンズを水玉模様にしてしまいました。



こうしてみると、

くちばしや足の長い鳥は、ただ痒いっつうだけでも、

少しだけクールに見える。


「かい~~~の。」

a0226853_20434418.jpg


a0226853_20381931.jpg


翼をください、と神様にお願いしたいときは、ちゃんと種類を指定しておかなくちゃね。

へたに「羽をください」とか言っちゃうと、

「ほんじゃ、のでもいいっすかね?」

て、とんでもねぇ羽、つけられっかもよ?


    (写真  すべて神戸花鳥園)
# by yu-yu1117 | 2011-11-01 21:07 | のほほんつぶやき | Comments(10)

週末の食事 三連打。


まっとうな女子として
おされやしょっぴんぐを一向にこなしているふしのない私ではあるが、

女子会に誘っていただける幸せ。

イベント事の企画は、ついつい人任せにしてしまうため
反省しきりの私。でもそんな自分を呼んでくれてありがとう。

いつも声をかけてくれるSさん、特にありがとう。
a0226853_21433733.jpg


あれやこれや、楽しいおしゃべりとおいしい料理をありがとう。
a0226853_21474992.jpg



と。
これが金曜日の夜。

土曜の朝は、いつものように、ぱぱっと朝食。

おや。

a0226853_21525932.jpg


おめでとうございます!かわいい双子さんですよ。
最近、こういうサプライズがずいぶん減ったような気がしません?

先週の日曜、とあるド田舎の道の駅で買った、ストレスフリーの卵は双子でした。

茶柱の3倍ぶんほどうれしい!!


さて。土曜は休みといっても、とにかく早く体調を万全にしたいために

またもやリハビリに。

朝早く出ても、人気の病院なので、終わったらお昼過ぎ。

お腹がどうにもすいたので、
ここはうどん屋さんでも入るかな・・・と思ったけど、
ちょっと別のことを思いついて、

向かった先はモスバーガー。

モスに来たのは数年ぶりか?っちゅうくらいひさしぶりでしたが、
お持ち帰り用にしてもらって。


a0226853_2205431.jpg


ひゃほ~~い!!

オニオンリング、こんなうまそうだったっけ!?

それにてりやきチキンだったって、ガブっといっちゃったよ~。
a0226853_22151329.jpg



VIVA!ジャンクフード!

まあね、いつもいつも、ただもそもそと食べていてはいけない食事だとは思うけど、

こんなに自分的にファンキーに盛り上がって戸外で食べちゃうなら、

私のお腹の中で、ご機嫌な消化をしてくれる気がする。

最近子供と離れた生活が増えるにつれて、
ダンナと二人、妙に健康万歳みたいな地味な食事にかたむきかけていて、

このままではただ順当に品行方正に老成していきそうな気がしてたんだよね。



で。ここは。

バードウォッチングの聖地。

この場所で、この冬、絶対に撮りたい鳥がいる。


冬鳥なので、とにかくこの時期を待ちに待っていた。
まだ、渡って来てないみたいだったけど、来たら、絶対撮る。
なかなかいないらしいけど、
なかなか撮らせてくれないらしいけど。
でも撮る!

撮ったら載せるね!(と、今自分へプレッシャーをかけている)

a0226853_22225740.jpg


この日は、ちょっとここの鴨の着陸態勢、へた!!とか、優雅な川鵜の水平飛行や、
そしてここは小さな飛行場もあるため、
飛行機の着陸を眺めながらのランチでした。

a0226853_2231113.jpg


ずっといたかったし、小鳥の鳴き声もしたけど、
それよりも蜂がずいぶんと多くて、藪の中に踏み入れる勇気がなくて
退散。

蜂が減るころ、また来るぜ!

偏食しないよう、今度はマクドのセット持って。(違?)
# by yu-yu1117 | 2011-10-30 22:52 | のほほんまんぷく | Comments(4)

雑感あれこれ。


ひさびさに、
自分の名前がテレビに流れました。

容疑者の名前としてじゃないからねっ。

夕方7時前のNHKの岡山の天気予報のバックに
一般応募の写真を流していて、そのことは知らなかったんだけど、

私がカメラを好きなのを知ってくれている友人が、
「応募してみれば?」
と教えてくれたのです。
先週、その気になってコスモスと蝶の写真を送ったところ、

さっそく流されました。

競争率、低っ!!(笑)

でも、画面いっぱいに、天下のNHKが数秒放映してくれたので、これはこれでうれしかったっす。

3日くらい続けて流れることもあるようなので、岡山県内の方、
おひまならみてよね。

話し変わって、ひさしぶりに冬服が欲しくなって「ライトオン」に行ったんだけど、
とっくの昔に、ポイントカードの期限が過ぎていました。

ああ。服、ほんと最近買ってないからな。
秋服買ってないしな。
ゆにくろにも行ってないしな。

夏のTシャツ買ったっけ。。。。。


前回、服を買ったのはいつか思い出せない、

女子としてあるまじき大惨事。



おりよく寒くなってきたので、ヒートテックでも買って「お洋服を買った自分」を満喫しなければ・・・。


でもまあだいたい、服に興味が注がれてないときというのは
本につぎ込まれてるときが多いので、
お財布の減りも変わらないし、
オツムの中身が豊かになっていると考えておきます。

ライフログに新しく入れましたが、お笑いコンビのピース又吉の文章は好きだなあ。
彼も相当の読書家らしいけど、感性も言葉選びも絶妙です。

彼の外見は、私の大大大好きだった作家、故・中島らもを想起させて、
彼が売れ始めたときから悲しさとうれしさがないまぜになりつつ見ていたんだけど、
いい文章を書くので、ますます、せつない気持ちになります。

でさ。

北杜夫さん、亡くなっちゃったね。

星新一、畑正憲、北杜夫。

「洋間」と、家族が呼んでいた応接間に、父の本棚があり、
権威ある箱入り・箔押しの本がこれみよがしに並んでいたのだけど、
そのすみっこのすみっこに並んでいた、この3名の文庫本。

小・中学生のとき、そこにあった本を端から全部読みあさったことを思い出します。
西日のあたる、セピア色につつまれた部屋の応接椅子に寝そべって、

人数が多すぎていつまでも試合に出れないからバトミントン部やめちゃえ、
と思う中1の夏休みとか。

どくとるマンボウといっしょに航海していたなあと。

あれから再読していないので、どんなことが書かれていたか
もうあんまり覚えていない。
でも軽妙なユーモアが、10代前半の自分にもスッと入ってきたんだろうなあ。

星新一さんも亡くなって、北さんも亡くなって・・・

ムツゴロウさんだけは、まだまだイケルね。(笑)


神戸花鳥園。

テーマは末端。


~~~ひとたまりもない末端~~~

a0226853_1956846.jpg


~~~とけそうな末端~~~

a0226853_19565251.jpg



~~~セクシーな末端~~~
 
a0226853_19575035.jpg



~~~トトロがこんなところに、おったん!~~~

a0226853_2053819.jpg



オチをつけんと終われんのか自分!
# by yu-yu1117 | 2011-10-27 20:10 | のほほんつぶやき | Comments(16)

a0226853_23441976.jpg


写真の空間に、何か入れようと思ったら
この言葉を思いついたのでいれてみた。

この日はがっつり「不苦労」を取り込もうと思ったけど

広い視野でみれば、まだまだ私は苦労知らずの、
のほほんとした生活をしているので

不苦労は独り占めしないことに。

なんならこれに住所と名前書き入れて
年賀状にしちゃえるよね。

もし元日にこの絵が届いたら「この手抜き野郎が」
って、やさしくののしってね。


この半身のふくろう、(みみずくなんですけどね)

「この構図の意図がわからん」
とダンナに言われましたけど。

だって全身にするとさ。


a0226853_23523430.jpg

免許更新用の証明写真じゃん。

いるよね、こういうおっちゃん。

いねぇか。
# by yu-yu1117 | 2011-10-26 23:58 | のほほんおしゃしん | Comments(6)

その中心にあるもの。


蓮の花芯にあるのは
芥川龍之介の蜘蛛の糸にでてくるような、
阿鼻叫喚の地獄に悶える手だろうか。


a0226853_19481132.jpg



それとも

千手観音のありがたい手だろうか。

a0226853_2001133.jpg


太陽のようにも似て。
a0226853_2013055.jpg


凛として。
a0226853_2021585.jpg




a0226853_203494.jpg


うかぶ。ただよう。

ただそこにいる。

そして輝く。

a0226853_2054078.jpg



       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

季節外れの蓮でごめんちゃい。

先週「神戸花鳥園」へ行ってきました。

まるっきり無計画にその日の朝、
ダンナに「神戸にこんなところがあるらしい」と言うと、
車にそそくさと乗り、ナビで検索。

あ~あったあった。

で、出発進行。

おしえてくれたちろるさんありがとう。

満喫なんてもんじゃない。

大興奮しました。(若干マニア)



花鳥園というだけあって、もちろん鳥もたくさんいましたよ。

それはまた後日。
# by yu-yu1117 | 2011-10-20 20:16 | のほほんおしゃしん | Comments(12)